二足のワラジストPainter&Golfer まもプ

2足のワラジスト(ペンキ屋&プロゴルファー)のまもがペンキ屋とゴルファーの地位向上を夢見て言いたいこと言っちゃうブログ

2007年からペンキ職人へ転身し現在はゴルフとペンキの二足のワラジスト。ゴルフではクラブMOIマッチングの「BoseIlonFactory」所属。ペンキではホンダ塗装所属。2015年からJGRAプロフェッショナル。ゴルフのイベント開催やゴルフと塗装(建物)に関する相談なども受けてます。現在は幡ヶ谷の「ゴルフエイティーン」にてレッスンも行ってます。
ゴルフエイティーン https://www.golf18.jp/
塗装の事なら http://paint-honda.jimdo.com
二本でゴルフしちゃうイベント http://nihonopengolf.jimdo.com
ブログでは塗装のあれこれも http://paint-honda.blog.jp

JGRA11月度研修会から読み解く技術論

DSC_5681

すっかり更新が滞ってました。

写真は今回の研修会のピンシート(ピンポジション)です。
その日のショットの結果が反映される形になってますね。

エッジまでの残り距離とピンまでの距離を記入。
帰宅してからTeeショットの距離を記入して紙は残しておきます。

研修会は毎年同じコースで開催されることもあるので
このメモが次回開催に役立つのです。

大きなポイントは、前回のプレーの際にどこにどのくらいのショットだったのか
というのがわかるので便利です。

今回のこのシートで例をあげると
3番ホールのTeeショット
391ヤードPar4のホールでやや打ち下し。
ショットは良いショットでした。
(ヤーデージブックにはどこにボールがあったかを記載)
エッジまで66ヤード、ピンまで77ヤード。
グリーンの大きさは23ヤードなのでセンターが12ヤード。

このティーショットは
391-(66+12)=313
313ヤードのショットというのが大雑把な数値ですね。
もちろん、実測ではないのは言うまでもありません。。。

何が言いたいかというと、
以前研修会で数回このコースでプレーしています。
過去良いショットを放っていれば、そのショットと比較できます。

今回はややアゲンスト(微風)
前回の開催時は夏で風は逆。
今までのこのホールのセカンドショットは最短でエッジまで125ヤード。
という事は。。。

そうです。
大げさに言えば、前回よりも60ヤード以上も飛んだことになります。

それだけ飛距離アップしたということがわかります。
もちろん、そのホールのロケーションで自分が出やすいショットの傾向などもチェックできます。

こうして自分の得意不得意を確認して改善に役立てています。

一見、意味のない無駄なことかもしれないことも
自分の技術向上のヒントになるかもしれないのです。。。


とある業務のあるある話

リフォーム業者あるある
現場の事なんです。


賃貸物件の外壁改修工事とか。
足場組んで塗装。


見積もり何度も提出し直して、金額の見直しして妥協点見つけて。。。


最後はもっと安く済ませたいから、と玄関側の鉄部を塗らない事にしたりして。。。


いよいよ施工。


足場が組まれた場所が駐車場だったりして、 車が止められなくなるから先に駐車場側を施工してそこだけ足場を解体して車を停めさせるなんて。。。


すごい簡単に言われるんです。
先にその面施工すれば足場は要らなくなるよね?って。


知ってるはずだよな、足場って届かないところを届かせるだけのものじゃない。
四角く組まれるから安定して安全に使える。


1箇所通れなくなれば、当たり前だけどその都度一旦足場から降りて登り直す。
まだまだあるけどそんな事。


そりゃできることはやります。


でもね、色々問題でますよ。


・塗らない所は養生します。
・施工の段取りが変わります。
・1部の足場が無くなると施工の移動に手間がかかります。
・足場解体の費用が掛かります。
・養生する部分が増えます。
・工事側の駐車場料金が掛かります。
・職人の危険度が増します。
・施工期間が伸びます。
その他諸々。。。


あくまでもオーナーのご機嫌取りをしたいが為の、中間業者の思いだったりするんです。


住む人、オーナーを第1に考えないとね。


こんな現場、あるあるなんです。
記事検索

にほんブログ村

ランキングに参加しています。「ポチ」っとな。にご協力していただけたら嬉しいです。

楽天市場
  • ライブドアブログ