二足のワラジストPainter&Golfer まさ

2足のワラジスト(ペンキ屋&プロゴルファー)のまもがペンキ屋とゴルファーの地位向上を夢見て言いたいこと言っちゃうブログ

2007年からペンキ職人へ転身し現在はゴルフとペンキの二足のワラジスト。ゴルフではクラブMOIマッチングの「BoseIlonFactory」所属。ペンキではホンダ塗装所属。2015年からJGRAプロフェッショナル。ゴルフのイベント開催やゴルフと塗装(建物)に関する相談なども受けてます。
塗装の事なら http://paint-honda.jimdo.com
二本でゴルフしちゃうイベント http://nihonopengolf.jimdo.com
ブログでは塗装のあれこれも http://paint-honda.blog.jp

大昆虫展inスカイツリータウン

DSC_2624

クワガタやカブトムシがメインの昆虫展がスカイツリーで開催されています。

DSCPDC_0002_BURST20180721142747050

行ってみるとわかるのですが、昆虫展というより昆虫祭といった感じで盛り上がっています。

カブトムシを触ったり、昆虫の色々がわかったり、ヘラクレスオオカブトに触れたりできて、虫好きな子供達はおおはしゃぎです。

そんなお祭りでは、虫神様を祭った場所もありお詣りやおみくじをしたりできます。

その虫神様を祭った場所は、ホンダ塗装、ペインターシゲが手掛けた部分もあります。

DSC_2644

DSC_2618

DSC_2619

DSCPDC_0001_BURST20180721143352976_COVER

これを観るだけでもいいのですが、昨日は、カブトムシのアニキも立った同じステージでライブペイントが披露されました。

DSC_2626

子供から大人まで見守るなか、20分ほどで真っ白なキャンパスに幸せになる蝶ユリシスが描かれました!

DSC_2640

途中までは、何が描かれるかわからないワクワク感はいいものです。

DSC_2647

描かれた絵は毎週金曜日に飾られるそうです。

お時間のある方はぜひ足を運んでみてください!

7月KGRAプロ研修会

あっという間ですが研修会も上半期最終戦となりました。
8月からは下半期になります。

今回は初めての開催となる「小田原湯本カントリークラブ」です。
箱根湯本駅から10分ほどの場所にあり、箱根湯本温泉郷から数分ほど山に登ったところです。

20180719081016_p

全国各地連日の猛暑でゴルフどころではない感はありますが。。。

イメージは箱根という事で都心よりも少し快適にゴルフができるという感覚だったのですが、いやいや。。。暑さは変わりませんでした^^:
調べてみたら標高も200~300メートルでそんなに高くはありませんでしたので当たり前かもしれませんね。

早朝から30度超えは箱根も同じでした^^:

何はともあれ試合は試合です。
飲み物の用意をしつつ挑みます。
問題は暑さよりもコースが初見という事なんです。
練習ラウンドは予約の都合で行えなかったので完全に初見。

20180719073509_p

ご存知の方もいるとは思いますが、神奈川のコースは山を切り開いて作られた山岳コースが多く、アップダウンやドックレックなど戦略的です。
戦略的という事は「どこへ何ヤード打つか」という事が大事なのですが、その辺りは全く見当が付かない手探り状態でのラウンドとなります。

20180719072040_p

経験と勘で打つ場所を決めていくしかありません(笑)
小田原湯本カントリークラブは、タイトなホールが多く、セカンド地点が見えないホールもありますので余計にシビアなゴルフとなります。
頼りは距離の出ない設定になっているGPSナビだけです。
※普段の営業の時には距離もバッチリ表示されますのでご安心を。

20180720092944_p

出だしからドライバーも感じが良く、セカンドの残りは90Yで3mほどの上りにつけるのをスタートに5番までバーディーチャンスが続きますが決められず。。。
2IでFWを捉えた6番のセカンド120Yを数ヤードほど外し(ピンは手前6右7左4)ラフに潜った5ヤードほどのアプローチを寄せきれずボギーとします。
その後の3ホールも5m以内のバーディーチャンスでしたが決められず。。。
流れが掴めないまま10番でバンカーからボギーとしましたが、11番でほぼ2オンからやっとバーディーが取れて「よしっ」という感じになりました。

でもこの日一番の事件が12番で起こり流れが決まってしまった感じです。
422Yのミドルは左ドックレックで角まで270Yほど、突き抜けはOBで左コーナーは山となっているホールです。知っていると左にショートカットして行けるのですが、初見のワタシは正面へ2Iでティーショットを打ちます。ぎりぎりでラフに入りましたが問題のない状況でした。

セカンドはやや打ち下しでピンまで158Y。
ピンはほぼセンターの奥。ピン左に大きな段があり右に乗せるとかなり難しいパットが残るという状況でした。やや抑えめに打ったセカンドでしたがラフの分少しだけ引っ掛かり気味に飛びました。

打った感触はグリーン左の受け傾斜に当たるかな。。。という感じでしたが、左に走るアスファルトのカート道路に跳ねて30Y先、10M上のブッシュ(OB)に消えていきました。。。

打ち直しを乗せてパットをねじ込み何とかボギーとしたものの流れには乗れず。。。

1Wを曲げてアプローチをミスして3パットしてと崩れました^^:
う~ん。情けない。。。

今回は初見で出場した人がほとんどなこともあって、トリッキーなコースに翻弄される選手が多かったようで、ワタシは何とか入賞できました(最後のバーディーでカウントバックが助かりました)

20180719151308_p



記事検索

にほんブログ村

ランキングに参加しています。「ポチ」っとな。にご協力していただけたら嬉しいです。

livedoor 天気
楽天市場
  • ライブドアブログ