二足のワラジストPainter&Golfer まさ

2足のワラジスト(ペンキ屋&プロゴルファー)のまもがペンキ屋とゴルファーの地位向上を夢見て言いたいこと言っちゃうブログ

2007年からペンキ職人へ転身し現在はゴルフとペンキの二足のワラジスト。ゴルフではクラブMOIマッチングの「BoseIlonFactory」所属。ペンキではホンダ塗装所属。2015年からJGRAプロフェッショナル。ゴルフのイベント開催やゴルフと塗装(建物)に関する相談なども受けてます。
塗装の事なら http://paint-honda.jimdo.com
二本でゴルフしちゃうイベント http://nihonopengolf.jimdo.com
ブログでは塗装のあれこれも http://paint-honda.blog.jp

まさプロ880キロ~初詣の旅~「豊川稲荷」

急遽決定した「弾丸ツアー」です。

初日は「豊川稲荷参拝&奉納」「ご先祖様へのご挨拶2か所」「うなぎの老舗で鰻を食らう」の3つが大きなチェックポイントです。

早朝、会社を出発し一路「豊川稲荷」へ向かいます。

20180113083312_p

朝の富士はクリアで清々しい。
この日は朝から快晴で、長旅もリラックスしながら進みました。

途中トイレ休憩を何度か挟みながら3時間半ほどで豊川稲荷に到着します。

東名高速「豊川IC」から10分ほどの場所でわかりやすく行きやすいのはです。

豊川稲荷のスグ横に「参拝者専用駐車場」があります。
400台は置ける駐車場なので元旦など特別行事の時以外は停めれると思います。
ちなみに1回500円です。
近隣にコインパーキングもありますが、ほぼ同じような金額のようでした。

豊川稲荷は神社ではなくお寺だという事はだんだんと知られてきていると思います。
初詣の参拝客は100万人を超え「三大稲荷」としても知られています。
※三大稲荷=伏見稲荷・佑徳稲荷(笠間稲荷とも)・豊川稲荷

「いなりずし」発祥の地としても有名で、本殿の裏側には数百体のキツネの石像が並ぶ「霊狐塚」は今で言う「インスタ映え」スポットとしても人気があります。

そこへ続く「千本のぼり」も人気があります。

20180113103732_p

豊川稲荷の正式名称は「豊川閣妙厳寺」と言います。
遠江(とおとうみ)のお寺を開いた人の弟子が開いたお寺で、三河では豊川稲荷が信仰の拠点となっとそうです。
白い狐にまたがった稲穂を担いだ像が「豊川稲荷」ということで江戸時代にお寺全体が「豊川稲荷」として広がったとも言われています。

室町時代に開創され、今川義元・織田信長・徳川家康・大岡越前守忠相などの信仰を集めました。その後江戸時代に入り、商売繁盛・家内安全・福徳開運の神として全国に知られます。

まずは、本殿に参拝をします。
昨年のお礼、今年の商売繁盛とスタッフの無病息災を願います。

20180113103812_p

本殿の横に奥へ続く道があり「奥の院」と案内があります。
奥の院へ続く道の両側には「のぼり」が無数に建てられています。
これが「千本のぼり」で地元の人や祈願に訪れた人が寄進したものとなります。

20180113105000_p

今回は、この「のぼり」でも祈願をしていくことにします。
受付があり、そこで「のぼり」に祈願と名前を筆で記入して建てて頂きます。

20180113105208_p

滅多に筆を持たないので突然筆を持ったShigeは困惑顔(笑)

20180113105430_p

無病息災、商売繁盛を書き込み、住所と会社名を書いてOK。

この祈願を無事に終え、更に奥へ続く道はインスタ映えスポットである「霊狐塚」へ続く道です。

20180113110549_p

2018年は戌年、イヌ科のキツネは2018年には必須なポイントだと思いません?
こじ付けですが、そんな気がしないでもないのです。。。

20180113110603_p

この場所は、かなり「圧巻」です。
写真を見ていただければわかりますがこの数のキツネは言葉を失います。

20180113111022_p


20180113110947_p

本殿付近はさわやかな空気を感じていましたが、
この近辺では、少しだけ厳かな空気で少しだけ緊張感が漂います。

20180113110907_p


20180113110900_p

白狐さん達にも参拝して本殿へ戻り御朱印帳を頂き参拝は終了です。

20180113112344_p

御朱印はカッコイイ。読めないけど(笑)

ここで発祥と言われる「いなり寿司」をとも思ったのですが、
まだランチには早いので「浜松」へ向けてGO!なのです。

浜松駅までは車で50分ほどなので、次の目的地を「うなぎや」に設定し向かうことにします。



妙厳寺 豊川稲荷
愛知県豊川市豊川町1番地
TEL0533-85-2030


PING・テーラーメイド・キャロウェイと新製品発表

先週は、各メーカーの製品発表会が行われ今年のクラブが出揃ってきた感がありますよね~。ワタシ的には、「3月発売、4月発売って毎年発売されるけど、シーズンが始まる寸前に発売されても・・・」と言うのが正直な意見です。
とはいえ、クラブを毎年変えるわけでもありませんし。。。
関係するのはボールぐらいなのですが(苦笑)

でもかなり大きな問題なんです。
「今使ってるボールを再購入するか?」
「ぎりぎりまで待ってテストして新しいボールに変えるのか?」
など。。。

DSC_1037

正直、かなりの期間キャロウェイのボールを使用しています(もちろん購入して)が、新しいボールが出てもテストすることもできず困ってしまいます。
2017年発売のクロムXもやっと馴染んできて「新たに買い足そうか」と思った矢先の新製品発表。しかも発売は3月でそれまで手元に一つも無いとなると、まがりなりにもプロの端くれとしてやっている身としては本当に困ります。

20170712174035_p

お金を倍支払っても良いので3個だけ売ってほしい。。。←本音です。
※もしメーカー関係者が読んでいましたら切実によろしくお願いします。


さて、この3メーカーの新製品はやっぱり気になりますよね。
既に試打会などが開催される予定もあったりしますが。。。

何が注目なのか?

まさ的主観で見てみました。

まず、各メーカーの「推し」です。

テーラーメイド:ドライバー(ツイストフェース)
キャロウェイ:ウッド(優しさと飛距離で超えろ)
PING:アイアン(飛んで飛んで止まる)

これが「表・推し」です。

テーラーメイドは発表前からにわかに噂になっていた「M3」「M4」という新しいドライバーがイチオシで、新しいテクノロジーと言われる「ツイストフェース」を採用、おそらく「ギア効果」を狙ったもので、芯を外した時の曲がりを抑制するモノだと思います。
Dジョンソンが発売前に433ヤードをワンオンして注目を浴びました。ゼロとは言いませんが、新しいクラブだから「正確に430ヤード飛んだ」と思ってしまわないようにしなければなりません。
Dジョンソンだからできることですし、他のメーカーを使うプロもあのホールは同じくらい飛んでいたことを知っておいてください。ちなみにランは100ヤードだとも言われていますヨ^^
「ツイストフェース」「ハンマーヘッド」「Yトラック」という3つのテクノロジーで構成されるドライバーです。それなりに効果はあると思いますが。。。


キャロウェイは「EPICを優しさと飛距離で超えろ!」というキャッチフレーズで「ROGUE」を発表しました。より優しく飛距離を伸ばすことを考えたクラブとなっているようです。ワタシの周りで打ったプロの話では「ドライバーよりも3Wや5Wで驚いた」という声が聞かれました。
ドライバーやウッドが注目されていますが、密かに(?)ボールが変わっていることは注目されていません。ワタシはクロムソフトの変化に注目しています。キーワードは「グラフェン」「ロック石井」です。キャロウェイのクラブ(ドライバー)を使っている人にはかなり大きな恩恵を受けることができるかもしれません。まだ手元にないので何とも言えませんが、かなり期待できるボールだと思います。

PINGは「飛んで飛んで止まる」というフレーズで、飛び系アイアンでも使えるアイアンを推しています。噂ではアイアンでかなりの飛距離が出て高弾道なので「使える」ということです。かなり飛びにこだわったアイアンを発売するそうです。
新素材のフェースでボール初速がUPして飛距離と高さを兼ねそろえ、ピンを狙える飛び系アイアンとなったそうです。
気になるのはスペックです。
7番アイアンで28度のロフト(前後4度~3.5度刻み)となります。
ワタシの使用するアイアンのロフトと比べると、6番で210ヤード、7番で197ヤード、8番で183ヤード、9番で160ヤード、PWで145ヤードとなってしまいます(苦笑)
実践的に考えるとスコアメイクに重要なショートアイアンをどうするのか?という問題が出てきてしまいそうなのですが、飛距離を求める人には期待できるアイアンということになりそうですね。

それぞれのメーカーでドライバー、ウッド、アイアン、パター、ボールと発売しています。
メーカーごとでカラーがしっかりと出ています。
ただ、どのメーカーもまだまだ「飛距離」を追っている印象が強いですね。

ワタシ的には「クラブを替えるのはスコアが良くなると確信したら」という思いもありますので、魅力を感じにくいものです。ただアマチュアには恩恵が大きいと思います。

とはいえ、新しいものに飛びつく前に「自分にとって何が必要なのか?」「クラブを替える(チューニング)するのは何を目的にするのか?」を考えて無理なく適正な物を選べるといいと思います。

ウッド、アイアン共に全体的に「思ったより球は上がりにくい」傾向だと思いますので、しっかりと選んで購入することをおススメします。

以上、勝手な新製品レポでした。ありがとうございました。













注:全てのクラブにおいてまだ打っても触ってもいません。発表の内容などを見聞きした上で感想を述べているものです。
記事検索

にほんブログ村

ランキングに参加しています。「ポチ」っとな。にご協力していただけたら嬉しいです。

livedoor 天気
楽天市場
  • ライブドアブログ