二足のワラジストPainter&Golfer まさ

2足のワラジスト(ペンキ屋&プロゴルファー)のまもがペンキ屋とゴルファーの地位向上を夢見て言いたいこと言っちゃうブログ

2007年からペンキ職人へ転身し現在はゴルフとペンキの二足のワラジスト。ゴルフではクラブMOIマッチングの「BoseIlonFactory」所属。ペンキではホンダ塗装所属。2015年からJGRAプロフェッショナル。ゴルフのイベント開催やゴルフと塗装(建物)に関する相談なども受けてます。
塗装の事なら http://paint-honda.jimdo.com
二本でゴルフしちゃうイベント http://nihonopengolf.jimdo.com
ブログでは塗装のあれこれも http://paint-honda.blog.jp

おお~やるなぁ~

どーでもいいような事ですが。。。

とある場所をグーグルMAPでウロウロ。。。


ん①

狭い県道。。。


ん②

ん????

ん③



ん④

ギター持った馬!!!





聖地へGO⑬

前回の更新から日が過ぎてしまったのでもう話をお忘れじゃないですか?


さてさて、峠を越えて到着したのは「羅臼」の町。
漁港もあり知床の街としては大きな町です。
町に入るとすぐに港がありその近辺に目的だった「海産物屋」さんがあります。

ワタシ的には、
「お~ココだ懐かしい!」
「去年来た時には旨い昆布と鰹節買ったなぁ」

なんて感じていましたが。。。

当然のごとく辺りは真っ暗。そりゃそうです、「知床の落日」を見てから峠越えですから。
予想はしていましたが。。。
「閉店時間」を過ぎていました(苦笑)
ドライブイン的な場所でもあるので唯一「トイレ」が使えただけ(笑)

そろそろお腹も空いてきたので「夕食」もと考えていただけに残念です。
暗黒の夜霧の峠越えでのちょっとした疲労感もありますのでしばし「休憩」をします。

夕食も考えるとこのまま海沿いの国道を走り「標津」へ向かうのがいいということで又走り出します。

ですが!

とうとう「その時」がやってきます。

このシリーズで最初から伝えてきた「今回最大のアクシデント」
そのアクシデントがとうとう起こってしまうんです。。。


「標津」に向かう羅臼からの道は海沿いとなります。
左手には海がありその向こうには国後が見える道で、海辺には漁船などが停泊しています。
右手には漁師さんが住んでいるであろう家が並ぶ見通しの良い真っすぐな道。
見通しのよい道とはいえ、一行の乗る車は軽自動車で4名MAX乗車。
特にワタシが助手席に乗っているからには助手席に2名乗車しているのと同じ(笑)
車の前部に荷重が掛かっていますので、出せるスピードは制限速度の40キロ。

かなりの安全運転で標津に向け帰路を走行していました。

「夕食はどこで食べようか?」
「明日の予定はどうしようか?」
「D型倉庫の仕上げはどうしようか?」


などと、話が盛り上がりながら走っているその時でした。。。

対向車線に不自然に停まる数台の車のヘッドライトの光が見えます。
「なんであんなところで停まっているんだ?」
と思いながら徐々にその光が当たる付近に近づいていきます。

数十メートルまで近づいた時に気が付いたのは対向車のヘッドライトに照らされる「エゾシカ」

「あ~~~反対側のど真ん中にエゾシカがいる!!!」
「エゾシカが鎮座していて対向車は動けなくなってるんだ~」
と思いつつ前に目線を戻した時。。。。



















sika2


シカ~~~~~~~~~~!



目線が前に向いたその時にはもう、目の前に別のシカがいます。
感覚としては数メートル付近。
すぐさま運転のファルコンさんはフルブレーキ!!!

車は、
「キキーーー」
っとブレーキを効かせながら急激に減速します。
幸いにもスピードはあまり出ていませんでした。。。が。

全員が、
「うわ~~~~~~~!」
と思わず口にしながら踏ん張ります。


助手席のワタシが見ていた一部始終で説明すると、
シカを発見してブレーキを踏んでブレーキが効き続けた短いながらに長く感じるわずかな瞬間は、まさに上の絵のようにシカは「ン?ナニナニ?オレ、ブツカル?ンナワケナイヤン!」と言わんばかりの表情でずっと目が合ったまま。。。

不思議ですが動く気配も、避ける気配も全くなくこっちを向いたまま。

もう目前に迫るエゾシカさん。
車はブレーキが効いているもののまだ止まれなさそう。。。

ファルコンさんの「ごめ~~~~~~~~ん!」
という声が聞こえたと同時位の瞬間に

「ドンっ!」

助手席にいたワタシは「あ、ブレーキ間に合った!」と感じるくらい。
「停まれたんじゃないか?」と感じたくらいのぎりぎりではありましたがシカさんにぶつかりました。

こっちを向いて目が合っていたエゾシカさんは

エ?ウソヤン、アタッテモウタヤン

って表情をしつつ勢いで道路に「ゴロンゴロン」と2回転して「スタンっ」と受け身を取り着地して

アタッテルヤーン!

と港の方へダッシュで逃げていきます。
※正直、そのダッシュ、当たる前にすればよかったのに。。。なんて思ってました^^:

その一部始終を対向車線でぼけーっと見ながら道路を塞いでいたもう一匹のエゾシカさんも「アカン!アイツブツカッテモウタヤン!」と反対側へ逃げていきました。

そのお陰かとうせんぼされていた対向車の皆さんは無事に帰路へ。。。

決して無事ではない我々はそこへ車を停めて、破損状況とエゾシカさん状況をチェックとなりました。

まずは衝突したエゾシカさん。
元気よく飛び跳ねてスッタカタッタッター♪と走っていってしまいました。
ということで、無事なようです。

ということは問題は車の方ですね^^:
大の大人4名で軽自動車という事でスピードがあまり出ていなかったことや、ほぼ止まる寸前での衝突だったこともあり暗い中で見る限りは大きな損傷はなさそう。。。?

ボンネットが少しひしゃげて、プラスティックのグリルが「ポロン」と外れたようです。
瞬間的には「衝突で車が動かなくなる」という事が頭をよぎりました。。。

今回は4名での行動でした。

クラフトマン、ペンキ屋、プロゴルファー、というメンバーの他に今回の有事に大活躍となるのが、このシリーズにも登場してる「コッヒー」こと「Y氏」が一緒です。
「Y氏」は某自動車メーカーの開発チームのリーダーでもありますし、器用なことを生かして自身でも様々なモノを作ったりする人。。。

イの一番にボンネットを開けて、故障個所をチェックしてくれます。
幸い(幸いかどうかは・・・)なことに大きな故障個所はなさそうで自走できそうです。
一瞬でも「走行不能でレッカー。。。」という事態も考えましたが、最悪の事態は免れたようです。

22291068_1460018777420336_715587205_o

エゾシカとの衝突事故。。。。

北海道、特に北東部では深刻で、エゾシカ被害が多発。
飛び出し事故だけでなく、こうした籠城的な事故や農作物を荒らすという被害などです。

エゾシカは大きいモノで170キロくらいあり車で撥ねてフロントガラスを角が突き破り車内にいた人が怪我をするという事もあるそうです。
あちこちに「シカ注意」の看板がありますが、注意していてもなかなか防ぎきれるものではないのが現状のようです。

現に、今回は車中で話題になり注意をしながら車を走らせ、4人の目で注視していたにも関わらずこうしたアクシデントが発生したことを考えると、北海道の車の運転は関東などで想像できること以外にも危険と隣り合わせなんだと感じましたし地元では深刻な問題なんだと認識しました。

さて故障個所のチェックをした車ですが。。。
自走可能ではあるものの、ボンネットは閉まらなくなるくらいの変形があります。
ラジエーターからは微量の吹き出しが見えますので「オーバーヒート」の危険性もあります。
ボンネットは救世主の様に現れた「コッヒー」が「ングングググググッ」と見事な手さばきで直してしまいました(笑)
初めて見た「ハンド板金」で瞬く間にボンネットは「ピタッ」と閉まりました。
問題はラジエーターです。
自走できたこともありましたので興奮冷めやらぬまま再び帰路へ。。。
そこから少し走るとホームセンターを見つけたので予備としてラジエーター液を購入しました。

水温計を注視しつつ車を走らせ、ラジエーター液をつぎ足しつつ帰ることにしました。
大きな問題は、翌日の予定を考えなきゃならないということになりました。
とはいえ「腹が減っては戦はできねぇ」ということで、ラーメンで英気を養うということになりました。


場所は「北海道」「東部」「標津」
ということで(?)ラーメン山岡家に決定!

DSC_0197


実はワタシ、初山岡屋となりました。
山岡屋は茨城県つくば周辺が発祥のラーメンですが、
北海道で店舗数を伸ばし、国内では北海道が一番山岡屋の店舗が多いそうです。

DSC_0196


味噌ラーメン。
ちょっと寒くなったこの時期の味噌ラーメンは美味し!

身体も温まり、英気も養ったので再度帰路に向けて出発しました。

標津から約1時間ほどで聖地弟子屈に到着します。
幸いなことに、車の状態も安定した状態で帰宅することができました。

実は翌日は「コッヒー」滞在の最終日となります。
釧路空港から最終便で飛び立つことになっているので夜が明けたら帰宅の日となります。
「ゴルフ好き」が集結しているのにこの時点でゴルフのゴの字もしていません。

せっかく来たのにゴルフもしないで帰るのはちょっと悲しいということで翌日は「根室ゴルフクラブ」へ行き、ラウンドしてから釧路空港へ向かうということにしていました。

が、先ほどの「アクシデント」で4名乗れる車は不安があります。
帰宅後に緊急会議が行われ翌日の活動を話し合いました。
最悪の場合「ラウンドはナシ」ということもあり得ますので重要な会議となりました。

今回のメイン工事であるD型倉庫は、残ったメンバーで滞在中に終えることができそうということで「根室行き」は予定通り行う方向で調整することになりました。

色んな出来事がありすぎて疲労感満載の4名はこのまま就寝することにし、翌朝早起きして行動開始ということになりました。

実はこの大人の修学旅行の中でも楽しみの一つであるのが「根室ゴルフクラブ」でのラウンドなのです。
昨年ワタシはファルコンさんと2人で「根室ゴルフクラブ」に行きました。
※その時の根室ゴルフクラブ健忘記もしくは根室ゴルフクラブ探訪記でチェギラッチョ。

その話を聞いた残り2名は「根室ゴルフクラブ」だけは行っておきたい。と熱望。
※道東へ行って根室でゴルフしないなんてありえないとは思いますが。。。

DSC_0223


ゴルファーなら1度は訪れたい場所の一つであることは間違いない場所です。
そんな日は興奮して早起きになるものですよね。。。

「早起きは三文の徳」とは言ったもので、
かなり早朝からアクシデントを乗り越えるべく始動しました。


記事検索

にほんブログ村

ランキングに参加しています。「ポチ」っとな。にご協力していただけたら嬉しいです。

livedoor 天気
楽天市場
  • ライブドアブログ