二足のワラジストPainter&Golfer まさ

2足のワラジスト(ペンキ屋&プロゴルファー)のまさがペンキ屋とゴルファーの地位向上を夢見て言いたいこと言っちゃうブログ

紆余曲折、2007年からペンキ職人へ転身。仕事の付き合いで5年ぶりにゴルフを再開後2009年より二足のワラジストへ。2015年にはJGRAプロフェッショナルになりゴルフのイベント開催やゴルフと塗装(建物)に関する相談なども受けてます。ゴルフと沖縄と塗装が大好きなおっさんが好き勝手にブログにしちゃってます。
塗装の事なら http://paint-honda.jimdo.com
二本でゴルフしちゃうイベント http://nihonopengolf.jimdo.com
ブログでは塗装のあれこれも http://paint-honda.blog.jp

ドライバーの飛距離

つい先日「43.5インチのドライバー」というタイトルで記事を書きました。
その続報というか、もうちょと突っ込んだ部分を書いておこうと思います。

20170815150800_p


上のリンクの記事でも書きましたが、現在使用しているクラブは、
1W SLDR430 43.5インチ アッタスG7 7X MOI:2700
3W X-HOT  43.0インチ アッタスG7 6S MOI:2700

というスペックになっています。

この前に使用していた1Wが
1W SLDR430 44.75インチ ツアーAD GT 6S MOI:2700
でした。

共通して言えるのは、何度も言ってしつこいですが「MOI値」が一緒となっているので「振り心地」は全く一緒なのでスイング全体の感覚はほぼ同じに感じます。
見てもらえばわかる通り、以前(今シーズン初め)はMOI値が同じでシャフトのフレックスを合わせてありました(振動数には多少の違いはあると思います)

「43.5インチのドライバー」という記事を書いたので、いつも取っているデータを見直してみてTeeショットのデータをチェックしてみました。
※データは研修会その他の試合の分だけを対象としています。
※飛距離は残り距離からの算出なので打ち上げ打ち下しや風は考慮されていません。


44.75インチを使用していた時の飛距離平均は
「277.525ヤード」

今のスペックに変更してからは
「281.265ヤード」
※上記飛距離は暖かいシーズンの5ラウンドのデータです

という数値になりました。
シャフトの長さが変わったのにほとんど違いが無いのは一目瞭然ですよね。
「飛距離は変わらないなぁ」って実感していたのですが、数字を見てみるとクラブは短くなったのに飛距離が伸びてる(笑)ってのには自分でもちょっと\(◎o◎)/びっくりしました。

ただ。。。驚くことはこれだけじゃなかったんです。

ついでと言っては何ですが、Teeショットで使用した3Wのデータもチェックしてみました。
※ちなみに、2Iは「259.25ヤード」でした。

当然ながらスペックどころかグリップ、ヘッドカバーに至るまで何も変えていません。

んがっ!

1Wが44.75インチだった時には「266.250ヤード」
1Wを43.50インチにしてからは「270.175ヤード」


となりました。
あれ?3Wの飛距離も変わっちゃったな。。。
そういえば、「1Wを変えてから3Wが振りやすいんだよな」って。。。
もちろん「誤差の範囲内」と言ってしまえばそうだとは思います。
ただ、1Wの長さにしっくりいってから(43.5インチにしてから)は3W(TeeアップもFWからも)がすごく打ちやすく振りやすいのは確かなんです。クラブの相互関係というか流れが良くなったことによる好結果なのかもしれません。
数字では測れないほど3Wが打ちやすくなったのは凄く不思議ですね。

自分の感覚での話になってしまうのですが、1Wの長さだけでなく「アッタスG7」への統一で限りなく同じような感覚で安心して振っていけるのだと思います。
以前は、〇番ホールで1Wを打ち次の✖番ホールで3Wを打つ場合や1Wで打った後の3Wのセカンドショットなどでは、ちょっとした違和感というか不自然さを感じてショット(スイング)を加減してしまう感覚が生じたのですが、そういった違和感を全く感じなくなりました。

自分に合った(ワタシはどのシャフトと決めるほど繊細ではありませんが)シャフトを見つけて、そのシャフトの傾向や流れなどを合わせたセッティングはショットには大事なことなんだと思います。

「○○のシャフトが飛ぶ」「弾きがイイ」ということよりも「安心して振っていける」という部分の方が飛距離には必要な要素だと改めて感じました。


フジサンケイクラシック2017初日

毎年ラウンドさせてもらう「富士桜CC」が舞台ということもありますし、フジ系のCSでも生放送されているので注目しているトーナメントである「フジサンケイクラシック」が始まりました。

DSC_1344

毎年、改造される富士桜CCですが、今年も大幅に(プレーするとしたら)改造されたようです。
距離も長くなり難易度もかなりUPされ、グリーンスピードがまだ遅いにもかかわらず選手はかなり苦戦しているのがわかります。

気になったのでホールサマリーをチェックしてみました。

フジサンケイサマリー

平均ストロークも74点半ば。。。
4オーバーでもカットラインの線上という難関コースとなっています。

まさに今シーズン最難関のモンスターコースです。
Par71え7,566ヤードはかなりの長さです。
中には「高所(標高1000メートル)だから飛ぶからな」などという人もいますが、実際にプレーしに行ってみてわかりますがそこまで飛距離が伸びるわけではありません。
※気温の違いなどもあり300ヤードのショットで5ヤードほどの違いだと思います

そんなところからも7,566ヤードというコースはモンスターなことがわかると思います。

20130404_141107

毎年言われますが、5番のミドルホールはプロでも「5」で上がるのが普通で、1組全員がアプローチで池に入れるということも起こったりします。

注目する点が多いのもフジサンケイの楽しみだと思います。

残り3日間も楽しみですね。


記事検索

にほんブログ村

ランキングに参加しています。「ポチ」っとな。にご協力していただけたら嬉しいです。

livedoor 天気
楽天市場
  • ライブドアブログ