現場へ行く際には車で行く場合がほとんどです。

時には、住宅街や商店街近くを走行することもありますので、私だけでなくスタッフへは「運転に十分注意するように」としつこいくらいに言っています。


ただ、運転者がどんなに気を付けても

「危ない!」

という場面に出くわすことは多いのです。
jitensya

歩行者はもちろんの事、最近は特に自転車の運転には気を使います。


自転車の運転に関する法律が変更されてからは、
公道を走る自転車が増えましたのでなおさらです。
法律が変更された事自体に何か問題はないのですが、
自転車の運転する人に車やバイクとの共存感が少ないのか、
本当に危ない場面を目にすることも多くなったと思います。


と、そんな声を受けてか、
最近道路交通法がさらに変わり、
自転車を運転する際には知っておかないとマズイ法律も増えたようです。
jitensya1
ただ、運転免許を所持していない自転車運転者には「知らなかったじゃすまないことも多々あるようです。


せっかくなので一覧にしておきますので、自らや家族の安全確保のためにも目を通してはどうでしょうか?


●小さな違反も摘発するよう改正

●自転車に乗りながらの犬の散歩禁止

3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

●歩行者にベルを鳴らすのは禁止

2万円以下の罰金

●スマホ・携帯を操作しながら運転禁止

3ヵ月以下の懲役または5万円以下の罰金

●傘さし運転禁止

関西方面で人気のハンドル固定式も禁止。

3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

●イヤホン・ヘッドホン禁止

3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

●複数自転車並走禁止

2万円以下の罰金

●無灯火運転禁止

5万円以下の罰金

●右側通行禁止

3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

●飲酒運転禁止

5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

●一時停止無視禁止

3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

●一方通行無視禁止

3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金
●児童のヘルメット着用

などなど

jitensya2

今までは口頭注意ってことが多かったようですが、
自転車の事故が多くなったため、反則金などの法律が追加されたようです。


3年以内に2回以上摘発(違反を犯したら)されたら5700円の3時間の講習を受講することになります。

※通知から3カ月以内に受講しない場合は罰金があります


車もバイクも自転車も歩行者も同じルールを守るという前提で

世の中は動いています。ご自身やご家族の安全を考えてもルールを知っておくことは重要なことだと思いますので是非知っておいてください。