毎回、弾丸となるなのですが、旅行に行く何日も何週間も前に
「テーマ」や「場所」を絞ってある程度の計画を練ります。
(旅行前の計画を練るのが楽しかったりしますが。。。)

とは言っても、ツアー会社の企画したツアーように
「ここに絶対に!」「○○から××へ行って」などとという計画ではなく
「行き当たりばったり」の楽しさを残しつつ、
ある程度行きたい場所ややりたいことや見たいものなどをリストアップします。
それを参考に計画を練ってから旅行へ行くことにしています。

今回旅行のテーマは「ゆったり」

GWに絡む日程だったこともあったので観光客が多いことを見越して
あえて「ゆったり」をテーマにしてみました。
行動も行程も「ゆったり」ですし「ゆったり」沖縄時間を過ごすことも考えて
計画・行動してみました。

沖縄旅行記2017①でも書いたのですが、
羽田からの機内は乗客が少なめでさっそく「ゆったり」(笑)

こんなに「ゆったり」飛行機に乗ったことないなというほど「ゆったり」しつつ
お昼前に那覇空港に到着しました。

20170506104149_p

飛行機の乗客が少なかったのにレンタカー屋さんは混雑していて
なかなか順番が回ってこなかったのはちょっと予定外だったのですが
これもまた「ゆったり」の一つかなぁ。と思ったりして。。。

レンタカーを借りて最初に向かったのは最近人気のスポットである「ウミカジテラス
那覇空港から車で15分(滑走路のスグ脇にあたる)
「瀬長島」という橋で渡れる離島にある観光スポット(商業施設)です。

「ウミカジテラス」は2015年の夏にオープンしたばかりなのですが、
ウミカジテラス=海の風という意味なだけあって、
海の風を感じることができるスポットです。
空港からかなり近いということで沖縄旅行の最後に寄ったりすることもできる為
人気のスポットとなっています。
 
現在は34店舗ほどのお店が入る場所で、
海に面した斜面に4段ほどに分かれ各店舗が同じ大きさの箱の様なスペースに入っています。

お店のラインナップは沖縄を連想させる食堂やスイーツ、
お土産屋さんやセレクトショップなどもあり食べ歩きしながら
ショッピングができる施設です。

今回行ってみたら同じ様なブースがまだ建設中だったので今後店舗が増えるのだと思います。 

到着時は空は暗く雨が降っていたこともありますし、
旅行最後に立ち寄る人が多いスポットなので旅行中日に当たる土曜日は
まだ人出も少なくて「ウミカジテラス」自体も「ゆったり」とした
雰囲気だったのはラッキーだったかもしれませんねぇ。

ちょうどランチ時だったので、まずは沖縄最初の食事をとることに。。。
施設内をウロウロとしながらお店をチェックしていたのですが、
その中でも感じ良く声を掛けてくれる店員さんのいた
YONAR’S GARDEN」というお店にが最初の食事ということに決めました。

いきなりでランチだったのですがパワーランチ「ステーキ」をチョイス。

P1030914

このお店は石垣牛ステーキが比較的安く食べられるお店です。
この日は海を見ながら食事ができるテラス席も空いていてラッキー×2といった感じでした。
ランチはステーキセットが2000円くらいでお手軽にお肉が堪能できました。
「ゆったり」景色を見ながらランチを食べて最初から沖縄を満喫し始めることができました。

P1030918

お肉を堪能したら不思議と甘いものが食べたくなるもので。。。

と、再度ウロウロしていると。。。

P1030925

アイスクリンカフェmoaモア」と書いてあるお店を発見です。
このお店。。。なんだか見た事あるような気がする看板があるのです。

アイスクリンカフェってなんだかみたことあるなぁ~。気のせいかなぁ~」
なんて思いつつ、おススメの一つだった「ジーマミー豆腐とアイスクリン」を注文。
他にも「アイスクリンシングル200円」「ダブル300円」なんて定番もありましたし、
「アイスクリン食べ放題1500円」なんてメニューもありました。

P1030919

お店の入り口にある席に座ってアイスをパクリと食べて「うんまい!」とリラックス。

後に気が付くんですが。。。
このお店の看板は名護辺りで路上で見かける「アイスクリン」売りの看板だったんです。
ワタシは路上店では「アイスクリン」を買ったことなかったんですが、
58号線の名護や本部周辺を車で走っていると目にしている看板だったんですね。

路上のみの販売だと思い込んでいたので、まさか店舗であるなんて。。。

今回の旅行は「ゆったり」の裏テーマに
「THE沖縄な感じの食べ物を食べちゃおう!」
というのも考えていたので、創業40年になる
(沖縄海洋博覧会の時らしい)ビッグアイスのアイスクリン
偶然にも食べられたのはラッキー×3になりました。

沖縄のアイスと言えば「ブルーシールアイス」が有名です。
ブルーシールアイスは1963年から一般向けに販売されていて老舗になるとは思うのですが、
現在は「わしたショップ(アンテナショップ)」
などでも購入できるため「現地に行って食べれるモノ」としては
「ビッグアイス」の方が貴重かもしれないな~。
なんて思ったりしました。

ちょっと時間は早かったのですがウミカジテラスを出発して、
「ゆったり」旅行の大きなキーポイントとも言える宿泊のホテルへ向かうことにしました。
この時点ではホテルの情報はHPでのチェックのみで、
「なんだかよさそう」「ゆったりできそう」というイメージだけなので、
実際に行くとなるとワクワクドキドキです。

事前のチェックだとホテルは、恩納村にある「プライベート」っぽいホテル。
「海が近い」「部屋数が少ない」「プールがある」「スタッフが丁寧」
などが事前情報です。

恩納村まではウミカジテラスからは60分~90分ほど、
ワタシは高速はなるべく使わず58号線を走るルートを選択するパターンが多く、
「ゆったり」がテーマの今回もやはり那覇市から浦添を通り宜野湾へ向かいます。

もうじき北谷という所でおもむろにハンドルを切り「アメリカンビレッジ」へ。。。
駐車場へ入るものの、地元の人と観光客で想像以上の混雑状態で駐車を断念(笑)
(駐車場の空きスペースも見つかりませんでした)
そのまま更に58号線を北へ向かいました。

嘉手納から大好きな読谷を通過して恩納村へ入ります。
もう少しでホテルに到着と思ったんですが、
なんだか「万座毛」へ寄りたくなり「万座毛」へ立ち寄ってみました。
よく考えたらしっかり「万座毛」を観光したことがなかったことに気が付きました(笑)

P1030928

ぐるっと一回りしつつそこから10分ほどの場所のホテルへ向かいました。

ホテルは「隠れ家的なホテル」(←勝手に隠れ家的と言ってます)
で海に近い場所に数部屋しかないホテルでリピーターが多く
落ち着いていてアットホームでお洒落なホテルです。

部屋は各部屋が大きめになっていて30㎡~40㎡ほど
(デラックスツインとかラグジュアリーツインとかってサイズなのかな)あります。
今回宿泊した部屋も大きめで、セミダブルが2つとソファーベットやテーブルがあり、
お風呂も大きくて2人で使うにはもったいないほどゆったりとしたツインルームです。

ホテルの外装はクリームと黄色の中間色の艶消しで南欧風な外観で、
内装や各施設もキレイでおしゃれなデザインで施設の度の場所も落ち着く雰囲気です。
リピーターの人の中には子供を連れてゆったり沖縄を満喫する人などを初め
「ゆったり過ごす」ことがメインな人が多いのかもしれません。

P1040127

部屋に隣接するプールもほぼプライベートな状態で更にリラックスできる施設です。
到着日はプールに入る時間もあったのですが、雨上がりでやや肌寒かったのは残念でした。。。

ホテルでは夕食は基本的に付いていないので、
レセプションロビーへ行ってスタッフに丁寧に教えていただいた
おススメのお食事処の一つへ行ってみることにしました。

「THE沖縄」を楽しむのには、地元で暮している人に聞いてみるのが一番ですよね。。。


沖縄旅行記2017③へ続く