初日の夕食は、ホテルのスタッフさんのおススメしてくれたお店の中から決めました。

ホテルの方が配慮してくれて送迎があるお店を詳しく教えてくれました。
幾つか挙げて頂いたのですが、
ホテルの方もイチオシのお店へ行くことにしました。
ホテルから徒歩10分以内の場所にある「地元の人も通う居酒屋」に決定です。

まずは電話で予約を入れようとお店へ電話をしてみました。

電話に出たのは、事前に聞いていたオーナーの「おじぃ」のようです。
電話からでも伝わる位の気さくで人の良さを感じる対応で、
「いつでもいいさぁ~」
と言ってくれて一安心です。

なんせ、ゴールデンウィーク中の土曜日の夕食のゴールデンタイム。
「満席」も覚悟しての問い合わせでした。

予約後、口コミサイトなどで検索すると、
「民謡居酒屋」らしく毎晩沖縄民謡のライブが行われ宴が繰り広げられているとのこと。

地元感満載で良さそうな感じです。

お店がほとんど無い地域の58号線を歩いて北上することほんの数分。
少し住宅がある地域にお店が一件ありました。

道路に面して駐車スペースが数台あり、近づいていくと丁度電話に出たと思われる「おじぃ」が 「めいんそ~れ。ちゃ~きちゃね~。入りよ~さ~い」と、にこっとしてくれます。

お店に入ると、想像より広いお店です。
カウンターに座敷とテーブル席、そして「土足厳禁」と張り紙がされた小さなステージ。
お店には1組の先客が既にボトルを開けていました(笑)
このお客さんはどうやら地元の方達のようです。

ワタシは案内された真ん中のテーブル席へ着席しメニューを眺めます。
メニューには、地元の食材を使った感じの「いかにも地元のおつまみ」が並んでいます。

20170506185204_p

とりあえず、気になる数品とオリオンビール生を注文します。
スグにビールとお通しのもずくが運ばれてきます。
ジョッキは凍っていてキンキンに冷えていて美味そう!

ぐびぐびっと飲むと、すぐに料理が運ばれてきます。
 
20170506190614_p

海ぶどうが乗ったサラダ。 

20170506191827_p

お刺身の盛り合わせ。

20170506192534_p
 
定番フーちゃんぷる。

20170506201708_p
 
このお店で一番気になった
沖縄風やきそば。

20170506192152_p
 
2杯目は、泡盛をロックで。。。

「おじぃ」は食事を食べていてもお酒を飲んでいても、
各テーブルを周り気さくに話しかけてくれて
「楽しませよう」という気持ちが伝わってきます。

やっぱり「沖縄の地元のお店」なんだと納得できます。

途中小さな子を連れた親子が来ても、子供に鯉のぼりのミニチュアを上げたり、
抱っこしたりと楽しませてくれます。
テーブル一つ一つを別に相手にするという感じでなく、
お店にいる人全員が一つの「楽しみたい」というグループの様に接してくれるのは
「接客」というよりも「招いてくれる」という感じで
「THE沖縄」な感じが伝わってきました。

このお店では、毎晩「民謡ライブ」が行われているので、
時間になるとミニライブが始まります。

 20170506203719_p

ギター(?)と三線と太鼓のライブです。
よく耳にする「民謡」や「沖縄の歌」を中心に60分くらいのライブです。

センターには「おじぃ」です。
知っている、耳にしたことある曲が次々に演奏されます。
中でも一番の盛り上がりは。。。


オジー自慢のオリオンビール♪BIGINさん

オリオンビールのCMでも定番として流れる曲です。
お店にいる全員(店員さんも)でジョッキをもって「ハイ!カンパイ!!」
が最大の盛り上がりで、指笛も鳴り響き気分は最高です。

アッという間の夕食の数時間が過ぎ「THE沖縄」を楽しみました。

会計をしてホテルに戻ろうかと思っていると、
「おじぃ」が来て「乗せていくさぁ~」とお店の名前の入った車を指さします。
お言葉に甘えようかと思ったのですが、
ほんの数分歩くだけでしたし、
酔いを醒ますには快適な気温だったので丁寧にお断りして
「また来ます!」と硬く握手をしてホテルに戻りました。

初日から思いのほか充実した「THE沖縄」を満喫できて、
「ゆったり」する事ができて大満足の日が暮れていきました。

時間が沢山使える2日目はどうしたモノかと思いながら1日目は終了です。


沖縄旅行記2017④へつづく