ホテルへのチェックインの前に向かったのは「千日」です。

あまりの暑さに冷たいものを食べに向かいました。
何年か前に訪れているお店だったのでナビにセットすることもなく何となく記憶を頼りに車を走らせます。

奥武山からは一度国道58号へ出て那覇方面へ。
少しは知ると右側に市役所、左側にホテルが見えて来たら左折して旧市街へ入ります。

地域的には「久米」という地域になります。
上山中学校を過ぎたあたりが目的地周辺です。

「千日」には駐車場は無いのでこの辺りのコインパーキングへ駐車します。

国頭村の奥間から那覇に移り住んだ方が1952年に開店した食堂が始まりです。
1960年後半には現在の「アイスぜんざい」が提供されたそうです。

ぜんざいの他にも「そば」「たい焼き」「今川焼」などもあります。

町もお店も沖縄っぽいという言葉がぴったり。

一番人気は「アイスぜんざい」

DSC_0012

こんもりしたかき氷の中に柔らかく甘く煮た金時豆が隠れています。
これが「沖縄ぜんざい」ですね。

他にも気になるのは。。。

DSC_0011

「いちごミルク金時」
もちろん、中には金時豆が隠れています。

いつでも満席なこのお店。
この日は15時過ぎ頃でしたがほぼ満席。

お店に入ると
「席とってカウンターで注文してねぇ」
と声を掛けられます。

注文して支払いを済ませてから数分で
「ぜんざいのかたぁ~」
とお呼びがかかるので、カウンターに受け取りに行きます。

お水やお茶やさんぴん茶はセルフサービスです。
テーブルも椅子もプラスティックの屋外用の様なもので。。。
それがなんだかまた風情を感じます。

DSC_0013


「THE沖縄」
を感じさせてくれるお店です。
観光客も多いですが、地元のおばぁやおじぃとかタクシーの運転手さんなんかがひっきりなしに食べにくる地元のお店です。

あっという間に「ぜんざい」を食べ。
カウンターに器を返しに行くと
「にふぇ~で~びる。またや~さい」
と暖かく声を掛けてくれます。

「おいしかったで~す」
と伝えてお店を出ました。

もっと色んな所を周ろうかとも思ったのですがひとまず1泊目のホテルにチェックインすることにしました。

1泊目は千日から近い「泊」の「かりゆしアーバンリゾートナハ」です。