1泊目の「かりゆしアーバンリゾート・ナハ」のバイキングディナーでオリオンビール生やら沖縄の食事を堪能しつつ2日目の作戦を立てました。

2日目の宿泊は「ラグナガーデンホテル」となります。
ココを選んだのには理由があります。

「ラグナガーデンホテル」は「ぎのわん海浜公園」や「沖縄コンベンションセンター」に隣接しているリゾートホテルです。
宜野湾という場所から沖縄観光の拠点にするには絶好の場所に位置します。

ぎのわん海浜公園はビーチやマリーナや野外劇場や体育館や野球場などがありイベントなどに利用されていてプロ野球のキャンプなどにも使われます。
コンベンションセンターは「展示棟」と「劇場棟」などがあり沖縄で行われる大きなイベントやライブなどの会場になる場所です。

2日目の夕方からは「ドリカム」のライブの会場となっています。
このライブに参戦することが大きな目的の一つなのです。

ライブ開始は夕方ですがグッズ販売やホテルのチェックインなどを考慮してお昼前に到着したいと考えていたのでそれを中心にこの日のスケジュールを立てました。
※立てたと言っても行き当たりばったり感は否めません(笑)

1泊目のホテルをチェックアウトしたのが8時過ぎくらい。
そこからまず向かったのは。。。

DSC_0043

泊いゆまち」という場所。
泊漁港内にあり、その日水揚げされた新鮮な魚介類を扱う鮮魚店が入る市場です。
ちなみに。。。
「いゆ」=「魚」
「まち」=「市場」
という沖縄の方言です。

沖縄は生鮮まぐろの漁獲が3番目であり、各季節で「旬まぐろ」を食べることができるのです。
なかなか知られてませんが「近海まぐろ」「生まぐろ」が美味しいのが沖縄なんです。

4月~6月 本まぐろ・キハダまぐろ
7月~3月 メバチまぐろ
10月~4月 ビンチョウまぐろ
と1年を通して水揚げがあります。

「泊いゆまち」では「沖縄美ら海まぐろ」が堪能できますし「まぐろ解体」が見れたり「食べたり」購入できたりします。



「アーバンリゾート・ナハ」からは目と鼻の先の場所です。
ホテルをチェックアウトしてスグに到着しました。

DSC_0034

この日は日曜日ということもあってか卸業者のほとんどが休み。
もしかしたら売り切れたのかな???

DSC_0036

ただ、朝食に考えていたのは。。。
まぐろや本舗」さん。
このお店では「朝丼」として6時から激ウマの朝食が販売されているんです。

DSC_0037

朝丼の種類は二つ。
特製の醤油で漬けられた「まぐろ」を「ほうじ茶の出汁」と「塩麹わさび」で食べる「茶漬け丼」は驚愕の380円!が一つ。
もう一つは、「美ら海まぐろ」と「ソデイカ」と「生卵」を海鮮のエキスがブレンドされた海鮮醤油で食べる「海鮮卵かけご飯」は480円!

この「朝丼」を狙ってお店に行きました。

が、他にもメインメニューが豊富で。。。
目移りします。

結果頼んだのは。。。
「まぐろアボカド丼」750円。
白飯と酢飯が選択できておかわりOK。アーサー汁も付いてのこのお値段。

DSC_0039

他にも「まぐろ丼」「ねぎとろ丼」「中落ち丼」(この日売り切れ)「漬け丼」「三色丼」などとメニューは豊富ですしどれも驚愕のお値段でたまりませんね。

朝から美ら海を堪能しました^^

「さて、次の目的地に。。。」
と思ったのですが。

DSC_0041

出入口前に気になるお店を発見!!!

ショーケースに貼られた「さかな天」の文字。
沖縄と言えば「さかな天」は欠かせない。
今、まぐろ食べたばかりですが一つ購入しました。

DSC_0045

「さかな天」60円^^
次への出発前に車中で食べて沖縄の地元感を味わいました。

さて、次の場所に出発しましょう~



泊いゆまち
住所 那覇市港町1-1-18
TEL 098-868-1096
営業時間 6:00~18:00
駐車場 無料