しょうも無いことに時間を割きました(笑)

自己紹介・・・(Wikipedia風)

武蔵野のベイマックス(19××年831-)は、日本ペンキ屋プロゴルファーレッスンプロ東京都練馬区出身。愛称はまもプ。別名「まさ」。本名は不明。JCMO所属。レッスンは東京都渋谷区幡ヶ谷の「ゴルフエイティーン」にて行っている。

 

ゴルフの神・カヅヤが開発した、ゴルフのスイングと心をケアする為に生まれたロボ。

一人称は「ワタシ」で誰に対しても丁寧な口調で話す。身長は約170センチでありながら、体重はなんと130キロオーバーとも言われる。

本家は空気が充填され体内の空気を出し入れすることで体型を変えられるが、こちらはお肉を取り込むことで体型が維持されている。

武蔵野のベイマックスは膨大なゴルフデータ経験が蓄積されており悩めるゴルファーをスキャンしたスイングや普段の行動や歩き方などもふまえてゴルフ分析することができる。OBへ打ちこむ人々を救出し、地球と喧嘩する人に対しては暖かくケアするなど、ゴルフに関して極めて多彩な機能搭載している。

動力は豚肉(とくに叉焼)。起動待ちの状態では、黒いベストのボタンを外して待機しており、ゴルフで「困った」「どうしたらいいんだ」等の声に反応し、黒いベストのボタンをとめて、その人に対して「こんにちは、私はまもプです」と挨拶をする。スキャンしたデータに基づいてスイングを調整した後、相手に「もう大丈夫」「わかった」と言葉を掛けられることでスキャンを停止する。電池が切れかかると乱暴な言葉を発することがある。

人を傷つけることを禁じられ、戦闘意欲や戦闘能力も持っていない。体の大きさに比べて足が短い為速く動くことはできない。骨格は骨密度が高い為頑丈であり、過去最大で160キロをスクワットしていたこともある。