二足のワラジストPainter&Golfer まさ

2足のワラジスト(ペンキ屋&プロゴルファー)のまもがペンキ屋とゴルファーの地位向上を夢見て言いたいこと言っちゃうブログ

2007年からペンキ職人へ転身し現在はゴルフとペンキの二足のワラジスト。ゴルフではクラブMOIマッチングの「BoseIlonFactory」所属。ペンキではホンダ塗装所属。2015年からJGRAプロフェッショナル。ゴルフのイベント開催やゴルフと塗装(建物)に関する相談なども受けてます。
塗装の事なら http://paint-honda.jimdo.com
二本でゴルフしちゃうイベント http://nihonopengolf.jimdo.com
ブログでは塗装のあれこれも http://paint-honda.blog.jp

Golf

師匠と愉快な仲間たちと

20171106084549_p


太平洋成田へ行ってきました。
何回PLAYしてもいいスコアが出ないこのコース、20年ぶりに集結する仲間でのラウンドで今度こそはと気合を入れて行ってきました。

が。。。。

taiheiyounarita

はい。撃沈(笑)

前の日のドライバー満ブリ(←ちょっと事情がありまして。それはまた今度の記事で)
の影響か、はたまた風邪で体力を奪われた影響か(2日ほど寝込んでました)スタートホールから1Wを含めアイアンの一部が浮ついた感じでドタバタ。

2番のショートで4番アイアンでベタピンでバーディーを取ったものの連続3パットやらロングでの1ぺナ2発で撃沈(苦笑)

後半は振り慣れしてきたからか徐々にショットは安定してきました。
バックナインはあがりのOB以外はバーディーチャンスを取れないだけでいい感じになったものの1Wに不安が残ったままのラウンドとなりました。


20171106131820_p

ラウンド後は「うなりくん」の光る場所で懐かし話&裏話で盛り上がりました。

20171106231021_p

なんせ20年ぶりの集結となりましたので。。。
懐かしい話は別にまとめてアップすることにしましたので後日に。。。

裏話は棺桶まで持っていかなきゃならない話からライトな裏話まで様々(笑)

あまりの楽しさに、近いうちに又集まることにして解散となりました。

ワンウェイGCとHAYABUSA


嬉しいことにゴルフ仲間からのお誘いを受けまして、茨城県のワンウェイゴルフクラブへ行ってきました。

その名の通り、ワンウェイでプレーとなるのが基本的なスタイルでかなりお洒落なアメリカンスタイルのゴルフ場です。

結構好きな方のコースで気に入ってますが鬼才「ピートダイ」設計の意地悪なコース(笑)です。

今回はスタートがやや遅めだったこともあり、サービスエリアにて朝カレーでパワーチャージしてラウンドに挑みました。

[画像:8ab5ee0d-s.jpg]


 250ヤードはあるレンジ。
アプローチグリーン。
バンカー練習場。
パッティンググリーン。
がハウスの目の前にあるのも特徴的かもしれません。


[画像:31128d41-s.jpg]

 午後から天気予報があまり良くありませんでしたが、10時30分スタートで15時頃に終了で雨にもほぼ降られずにプレーできました。

[画像:71221524-s.jpg]

 このラウンドでは、先日のHAYABUSA56度ウエッジ(サンドウェッジ)に続き、届いたばかりのHAYABUSA52度ウエッジ(アプローチウエッジ)の初打ちでもありました。

[画像:a90e8d4f-s.jpg]

 9番ミドルホール、セカンドをアプローチウェッジの距離にしようと刻んだものの、左足上りのライからピンまで116ヤードでしたが、最高の抜けを誇るウェッジを信じて放ったHAYABUSAファーストショットはイメージした放物線でピン手前2ヤードに着弾して2バウンド目でギュッと効いたスピンで少しだけ戻りながらのカップイン!


[画像:991a1f1c-s.jpg]

なんと、ファーストショットがチップインイーグルという巡り合わせというかミラクル!!

もう少し突っ込んだ話をすれば、このショットのライや状況を考えると、経験上いままでならかなりの確率で左に引っかかり気味に飛ぶかやわ右手前にショートする状況でした。

左足上がりのライからウェッジの目一杯のフルショットで抜ける凄さと抜けすぎない凄さが同居してるのは言葉では言い表せないほどかなりの衝撃でした。

他にも知ってほしい凄さが詰まっているんですが伝えきれません(苦笑)

いやーこのクラブには参りました!
m(_ _)m

とはいえ、ショットは全般的にとっ散らかり気味(苦笑)
シャンクのOB2つもあって出入りが激しかった1日でした。

[画像:4d870ba8-s.jpg]

ゴルフあるあるの「タラレバ」だと、OBがなければ。。。だったのですが。

アプローチでかなり拾えてる感じが出てきたのでかなり助かりますしスコアはまとまってきてます。

いや〜。
HAYABUSAさまさまですネ。

2017ベスト!

でた!

o(^o^)o


[画像:60743f30-s.jpg]


はやぶさHAYABUSAハヤブサ

見る人が見れば判っちゃうなって話。

[画像:5d1f4f7d-s.jpg]

ワタシの貧弱なボキャブラリーでは形容詞が見つからないほどすんげーウェッジの「HAYABUSA」を手にし、ラウンドへ行ってきました。

この日は「HAYABUSAを少しでも打ちたいから各ホールグリーンを狙うショットはフロントエッジ狙いで行こう」と決めてラウンドしました。

深いラフは、プロトタイプを使い弟子屈と根室の洋芝でテストをしてきたのでこのウエッジの凄さを理解していましたが、関東の芝では初となりました。

野芝がメインのラフからとなりますが、クラブヘッドから伝わる抵抗感が想像以上に少なくて、たとえエッジから近いアプローチでも安心して振り抜くことができるので楽にアプローチできます。

なにより、今回一番驚いたのがバンカーでした。
プレーしたコースは比較的粒子の粗い白砂で少しでも厚目にインパクトすると見事な「ざっくり」が出る砂でした。

ロングのツーオン狙いを含めてグリーン横から5度のバンカーを打つことになったのですが、想像を絶する凄い抜け感で振り抜けます。

なにも考えないでボールの後ろにヘッドを入れてあげるとオートマチックにヘッドが抜けるような感覚でした。
まるでクラブヘッドが抜ける方向に勝手に抜けていってくれる様でした。

ノーメッキ仕上げなので使った後である現在の状態を見てもらえばHAYABUSAの性能の凄さ(削りの凄さ)がわかるかもしれません。

少なくてもワタシはこれを見て
「いや~なるほどぉ~(・o・)」
と唸ってしばしクラブを見続けてしまいました(笑)

[画像:f7eb6c46-s.jpg]

[画像:81f80dd7-s.jpg]

[画像:b84d7d54-s.jpg]

あら~。
写真じゃ判りにくいかぁ~。。。

黒染めが薄くなってる所に注視です。

これなら判るかな?

※右が今まで、左がHAYABUSA
[画像:10e08490-s.jpg]

[画像:ec49b120-s.jpg]

やっぱり判りずらいかぁ~
残念(/。\)

削ってあるところの見事さ。。。
(だけじゃないですが)

マジリスペクトっす!



GRAND PGM セゴビア

セゴビアゴルフクラブ・イン・チヨダへ

なんと!24年ぶり(?)にこのコースへ行かせていただきました。
まだ若かりし頃でしたが、その時に日本で最初に開催された「ミニツアー」の運営のお手伝いで行かせていただいてから20年以上が経過してしまいました。

今回は、二本オープンゴルフへも参加してくれている「T氏」からのお誘いでこの難コースへ行くことになりました。

奇才Dミュアヘッド設計の超難コースで有名です。
このコースは「スペイン」をテーマに作られたコースとのことです。
全てのホールには愛称がつけられています。
1番「フラメンコ」
2番「アンダルシア」
3番「ギター」
4番「クロスボウ」
5番「ゲルニカ」
6番「イベリア」
7番「マーベラ」
8番「ホアン・ミロ」
9番「ダリ」
10番「コリーダ」
11番「ピレーネ」
12番「トレアドル」
13番「ホーリィトレイド」
14番「ガスパーチョ」
15番「サウスアメリカ」
16番「グラナダ」
17番「コスタ・ブラバ」
18番「ジ・インクウィジション」
ホールのイメージにより様々なコースレイアウトとなり、
18ホール通して池がらみになるホールが多いのですが、特にOUTコースはタイトなレイアウトでティーショットがスコアを左右するホールが多くなっています。
※各ホールの説明はオフィシャルHPをどうぞ!

GRANDということで、コースだけでなく、敷地入口のゲートを通ったところからしっかりとしたコンセプトで迎えられ、敷地内のどこにいても上質なサービスを受けられるようになっています。

クラブハウスは「スペイン調」で統一され、ワタシなんかがここにいると「場違い感」を感じてしまうほどでした(笑)プラーベートでもお客様を連れていくゴルフでも間違いなく充実した時間を過ごせると思います。

20170921071337_p

入口からハウスへ向かう時から「楽しめる予感」がします。


20170921071617_p

エントランスでの雰囲気は過去にも数ヶ所しか見たことが無い贅沢な空間。

20170921071533_p

高い吹き抜けと装飾は高級感を感じます。
建築系でもあるワタシには、20年以上経過した建物であるにもかかわらずラウンドした壁にヒビ一つない仕上がりに関心するばかりでした。

20170921073206_p

土足厳禁(靴を脱いで上がる)ロッカーに行くと。。。

20170921072525_p

大きめの各ロッカー内には上品な香りの「リセッシュ」が置いてある心遣い。

20170921073158_p

レストランの高い天井と作りは「ゴージャス」そのもの。。。
不思議と新築からの時間の経過を感じません。

20170921120241_p

20170921131439_p

20170921094835_p

コース内では、スペイン調の建物の売店と筑波山のコラボもあったり。。。

20170921131423_p

20170921101111_p

20170921092948_p

ショットがイイとか悪いとか関係なく楽しめます。
一緒にPLAYしたメンバーが楽しかったというのもありますが。。。

20170921113714_p

ランチは名物の「トルコライス」を堪能してお腹いっぱいになりました。

20170921135832_p

スコアは。。。

20170921185254_p

久しぶりの6バーディーだったものの。。。
池やら、チョロやらが出て73でした。。。

20数年前に70台が出る気配もなかったのを考えると、少しは成長できたのかな。と感じることができましたし、課題も見つかり「伸びしろ」を感じることができたのは収穫でした。


記事検索

にほんブログ村

ランキングに参加しています。「ポチ」っとな。にご協力していただけたら嬉しいです。

livedoor 天気
楽天市場
  • ライブドアブログ