二足のワラジストPainter&Golfer まさ

2足のワラジスト(ペンキ屋&プロゴルファー)のまさがペンキ屋とゴルファーの地位向上を夢見て言いたいこと言っちゃうブログ

紆余曲折、2007年からペンキ職人へ転身。仕事の付き合いで5年ぶりにゴルフを再開後2009年より二足のワラジストへ。2015年にはJGRAプロフェッショナルになりゴルフのイベント開催やゴルフと塗装(建物)に関する相談なども受けてます。ゴルフと沖縄と塗装が大好きなおっさんが好き勝手にブログにしちゃってます。
塗装の事なら http://paint-honda.jimdo.com
二本でゴルフしちゃうイベント http://nihonopengolf.jimdo.com
ブログでは塗装のあれこれも http://paint-honda.blog.jp

Golf

真名カントリークラブ「THE GRILL」

市原市にある「真名(まんな)カントリークラブ」にはビッフェスタイルのランチが楽しめるレストランがあります。※正確には真名CCゲーリープレーヤーコース内レストラン
コースでのプレーヤーはもちろんの事、プレーをしない一般の方にも人気のレストランです。
正式名は「生命の森レストランガーデンTHE GRIL」です。

海から遠くない高い位置に経つクラブハウスのレストランからは遠くに太平洋が見え景色の良い場所にありクラブハウス内は高そうな飾りつけでちょっとリッチな感覚になります。

一般の方でも90分制で1,750円でレストランで食べられるような食事が楽しめます。
雨模様でゴルファーは少ないものの一般客でにぎわってるレストランです。

20170625184743_p


この日は、名物オリジナルカレーやすき焼き食べ放題やデザートなどとても食べきれないほどの種類が並びプレーの合間で食べる食事量ではなくなるのが困ったことです(笑)

20170626075926_p

そして、真名名物と言っていいほど人気の「特製シュークリーム」はお土産にはマストです。
少し前まではランチタイムに注文しておくと帰りまでに用意してくれるシステム※現在もこのシステムだと思います。
ただかなり人気になって朝のうちにオーダーしておくのか確実な方法となっています。
※一般客でもレストランに上がったところでお土産として購入できるようです。

20170626081631_p

1個は250円。
サクサクのクッキー生地にさっぱりとしたカスタードクリームがたっぷり。
クリームが空きスペース無くびっしり詰まったシュークリームはなかなかありません^^

めちゃうまです。
真名へ行ったら是非予約してご自宅へお土産してください。家庭での立場UPで次のゴルフも行き易くなりますよ!

20170626082540_p

ゴルフの方は。。。。。
前半は傘&カッパ必須の雨模様でしたが、FWやグリーンは思いのほかぬかるみなくて水はけの良さを感じました。徐々に雨もやんでスタートから数ホールでカッパを脱ぎ通常モードでPLAYできました。

天気のせいなのかどうかはわかりませんが、グリーンの重さには苦労しました。。。
と、前回PLAYした時のブログ読み返したら「グリーンが重すぎで困った」と。。。あれ?このコースはこのパターンなのかな?グリーンがもう少し走ってくれるともっともっと面白いコースになるのですが。。。

ただ「また行きたい」と感じさせてくれるコースだということは間違いないですね。


生意気に調整ラウンドで

ゴルフは「レンジで良くなる事には限界がある」「やっぱり事件は現場で起きてるんだ!」「現場で直さなきゃきちっと直せない!」「自分で直さなきゃ誰が直すんだ」ってことで。。。
急遽でしたが「キャスコ花葉クラブ空港コース」へ行ってまいりました。

20170619123440_p

そして珍しく、コースへ入る前に成田方面のゴルファーがみんな知る「ナガミネ」へ寄り100球ほど球を打ってからコースへチェックイン(あれ?天気予報に反してスタート直前まで雨が降っていたのは俺のせいだったか?)

20170619070416_p

コースへは7時半頃到着しましたが、ロビーでスタートぎりぎりまで全米オープンの中継を観戦して松山英樹選手の経過をみつつスタートしました。

このコースは昨年末に行って以来でした、その時も過去のイメージとは変わっていてコースがキレイになった様な感じがしていましたがシーズンに入り更にそう感じました。
グリーンはまずまずのコンディションで、FWやラフの芝つきも良くキレイに整備されていて十分な練習となりました。

20170619092308_p

コースは「箱庭」的な感じですが、アップダウンがありますし距離は短めではありますがコースレート以上の難易度だと思います。(個人的にスコアが出にくいということかも?)

やや低めの木々でセパレートされていますのでTeeショットはタイトなスペースへ打っていくことになりますのでターゲットが狭くなります。グリーンやグリーン周りは2グリーンを1グリーンにしたこともあり横長のホールが多くパーオンが増え足を使えるアプローチが有効となるかもしれません。グリーンはアンジュレーションがありますし、ホールによってはかなり強い傾斜がありますので難易度もまずまずだと思います。
1打目をしっかりFWに打っていけたとしてもそれが即スコアに直結しないのが難しく感じる部分だと思います。

コースの詳細はココで記事にしました!

風向きなのか、時期的なものなのかわかりませんが、今回はやけに空港の離着陸が多く感じました。。。ま、滑走路が目の前ですからね。

20170619101042_p


8時過ぎにスタートで10時にはレストランでお弁当(この日は弁当付きのプレー)を食べてラウンドは12時半頃終了してゆっくりお風呂に入り帰宅できました。
コースの距離が短いのか、プレーヤーが慣れているのかわかりませんがプレー時間が短くなるのは不思議ですね^^

今回はドライバーの調整を考えていましたのでちょっと無理してティーショットを打ったホールも数ホールありましたのでOB1つを打ちましてスコアはちょっとへなちょこでしたが。。。

やっぱりコースでしっかり打つことはレンジで打つよりも数十倍得るものがありますね。。。




マクレガー&サントリーオープン

宮里藍さんの引退でギャラリーが押し掛ける「サントリーレディース」でしたねぇ。ワタシもさすがにネット中継を中心に見入ってしまいました。あれだけのスーパースターが「引退」を決意するのには、他人にはわからないほど相当悩んで出した結論だと思うので納得できちゃう部分が多いですよね。
あれだけのギャラリー、ファンがいてこれだけ注目されることを考えると「ゴルフってまだまだ捨てたもんじゃない」って改めて感じました。

と、前置きが長くなりましたが、
「サントリーレディース」を意識した上でこのタイミングという狙いなのかどうかはさておき「マクレガー&サントリーオープン」コンペが行われるということでマグレガーカントリークラブへ行ってきました。

マグレガー

藍ちゃんフィーバーのサントリーレディースには参戦できませんし見に行けませんのでこちらの「サントリーオープン」へエントリーです。
ゴルフ界の重鎮でありゴルフ界のスーパートップアマゴルファーである「マツケン枠」ということで参加させて頂きました。

サンマグ


「ゴルフ好きな愉快なかまいたち」。。。。いや。
「ゴルフ好きな愉快な仲間たち」に混ざらせていただき「ワハハ、オホホ」な楽しい1ラウンドをさせて頂きました。当然ワタシはコンペの賞典外ではありますが「マツケン特別賞」とも言える「フェアウエーニアピン」をGETさせて頂きまして、マグレガーおススメの「メンチカツ&コロッケ」をGETしまして更に「ワハハ・オホホ・ホクホク」なラウンドとなりました。

19113985_10213576400948144_1978249029703841022_n

20170611110358_p

フェアウエーの刈り込みが推測10メートルほどの円形(3ヶ所)になっていてそのフェアウエーにボールが止まるとマツケンさんから賞品GETという斬新でオモローな企画で大盛り上がりです。一番難しい場所にある「フェアウ円」にピンが刺さっているのは「より遠く」「より近く」「より難易度の高いチャレンジを」というゴルファー心を突いたアイデアです。
また、近い「フェアウ円」はレディースからも狙いやすく全てのゴルファーが楽しめました。

20170611083504_p


20170611084119_p

ワタシは賞典外なのでコンペの表彰には入らず「おかわりハーフ」をさせて頂き練習もできました。最初のラウンドを白ティ(コンペ参加者と同じTee)でおかわりハーフをフルバックティでPLAYしましたが、白ティの難しさを痛感(笑)しました(1Wの練習にと1Wを使ったら逆に難易度が上がりました)ちょっとだけスコアの話をすると、白ティから38-40=78(0バーディOB3つ)※トホホ
フルバックから37(1バーディOB1つ)という。。。ちなみにパット数がヤバい!18-17-17という状態、相変わらずのカップの縁子ちゃんです・・・。

20170611081545_p

もう何度かPLAYさせて頂いているのでコースを知っているはず。。。がてんてこ舞いするのはなぜでしょう?(笑)

20170611110735_p


更に精進いたします。。。

とはいえ、あんなに楽しそうにゴルフする沢山のプレーヤーの姿を見ていると「ゴルフ人気に陰りが」なんてどこ吹く風、まだまだゴルフの奥深さを感じますし、やれることやチャレンジすることが沢山あってチャンスが転がっているんじゃないか?と感じました。







ついでですが、滅多にUPしませんが最終ホールのショット動画を。。。


鶴舞CC東コースへ

「攻略し甲斐がありメンテナンスが行き届いている」といつも評判の高い千葉県の「鶴舞カントリー倶楽部」へ行ってきました。

image


月末に控えるJGRA研修会の練習ラウンドとしてセルフデーにプレーさせて頂きました。今回は東コースが会場です。先に言っちゃいますが「井上誠一」氏設計のコースは難易度が高いですね。鶴舞カントリー倶楽部さんは10年以上前だと運営の手伝い兼選手として参加していたミニツアーなどで何度もPLAYさせて頂いていますがその頃よりも空間が狭くなりより正確な球筋を要求されるコースとなっています。時間が経過すればするほど木も大きく成長し難易度が上がっていますね。

image


超個人的には、タイト目でドローを打つホールが多い西コース、パッティングとグリーン周りがスコアの鍵の東コースという印象で、どちらかというと東コースがプレーしやすいです(しやすい。ということでスコアが出るというのとは別です)

image


この日はトップスタートだったので6時30分前にはコースへ到着してチェックイン。圏央道鶴舞ICから数分の場所にコースはあるのでかなり便がいいのは嬉しいポイントです。

カートは電磁誘導乗用カートGPS付き、コンペではリーディングボードとしてスコアが見れるので盛り上がり度もUPです。

林間丘陵コースで2グリーンなのですが、適度なアップダウンで戦略的、グリーンも小さくなくてアンジュレーションがあるので難易度は高いです。
どの時期に来ても上からのアプローチとパッティングは難しいので注意する必要があります。

研修会までは3週間ありますが練習ラウンドはこれで完了(練習ラウンドできるだけ幸せです)としてほぼぶっつけ本番(いつもですが)で挑みたいと思います。
相変わらずバーディーパットが入らないので我慢のゴルフとなるとは思いますがそれはいつもの事なのでどこまで我慢し続けられるかがポイントとなると思ってます。

1Wの散らかり具合とパッティングが重要なので注意して勝負したいと思います。

image

葛城ゴルフ倶楽部へ

自宅を5時前に出発して途中休憩を挟みつつ、新東名高速道路をひた走り8時頃森掛川ICを降りました。ICからは10分ほどで到着するので思っているよりもストレスなくコースに到着します。
※コースへ入る角にはセブンイレブンがあるのも嬉しいポイントですね。

20170526081641_p

新東名東京方面から行く場合は「掛川PA」で立ち寄りお蕎麦や牛丼などの朝食を取ることができますのでPAへ立ち寄って朝食を済ませて飲み物を購入してゴルフ場へ行くのもアリかもしれませんね。

正直言っちゃいますが、コースでのドリンク購入はコンビニでの2本分に当たりますのでコンビニや自販機でドリンクを調達するのがイイと思います。
※ゴルフ場の方スイマセン。

20170526090615_p

言わずもがなですが、ほぼ完ぺきなゴルフ場ですからクラブハウス前に車が到着するとスーツを着た男性とキャディーさんが数名深々と頭を下げて歓迎してくれます。
ハウス前に広がる駐車場は屋根付きで広々しています。この日は朝は雨が降っていたので屋根付きというのは非常にありがたい施設です。

20170526100008_p

2年前の真夏の暑い日に機会がありPLAYしました(その時の記事はココ
前回はかなりのラフでしたし暑さにもかなりやられた感がありましたが、リベンジしたい今回は生憎の天気です(苦笑)天気予報では昼頃には雨が上がるという予想でしたが、結果的にはラウンド終了まで時折傘が必要な位で終始霧雨が降る天気でした。

20170526110632_p

この時期としてはかなり芝も強く、芽が詰まった感じでフェアウエーは綺麗で打ちやすく、ラフは脱出もままならない位の難しさとなっていました。
ホールによってはファーストカットが無い所もあり細かな部分で戦略性が高められているように感じます。ドックレックのホールの角はほとんどがフェアウエー即ラフという形になっています。

20170526114012_p

白TeeからのPLAYでしたが、女子トーナメントより後ろのTeeのホールもありグリーンもトーナメント使用グリーンでしたのでトータル6500ヤード超のセッティングでした。

正直言って、コースの記憶があいまいなホールが多く狙いどころがわからないホールがあったのと白Teeからで狙いどころが狭いのは厳しいラウンドとなった要因かと思います。
ま、1Wのコントロールがまだまだということですが。。。

キャディさんはかなり優秀です。
この日はハーフでキャディさんが交代したので2名のキャディさんにサポートしてもらったのですが、どちらのキャディーさんも仕事だけでなく会話も対応も素敵でした。
なにより、キャディの仕事が楽しそうで「一緒の組の仲間」の様な感じでサポートしてくれているのは好印象でした。

ランチはバイキング形式。
いつもこの形のようですが、プレーヤー以外も食べに来れるというバイキングはホテルのバイキングの様な食事とデザートで、特にオリジナルカレーは絶品ということです。

20170526121102_p

結果的に2度目ですが、やはり「レベルの高いゴルフ場」という結論しかでません(笑)
お天気はちょっと残念でしたが、コストは高いですがコスパが高いコースだということになります。
プレー費が高めでコスパが高いのはかなり価値のあるゴルフ場だと思います。
記事検索

にほんブログ村

ランキングに参加しています。「ポチ」っとな。にご協力していただけたら嬉しいです。

livedoor 天気
楽天市場
  • ライブドアブログ