二足のワラジストPainter&Golfer まさ

2足のワラジスト(ペンキ屋&プロゴルファー)のまもがペンキ屋とゴルファーの地位向上を夢見て言いたいこと言っちゃうブログ

2007年からペンキ職人へ転身し現在はゴルフとペンキの二足のワラジスト。ゴルフではクラブMOIマッチングの「BoseIlonFactory」所属。ペンキではホンダ塗装所属。2015年からJGRAプロフェッショナル。ゴルフのイベント開催やゴルフと塗装(建物)に関する相談なども受けてます。
塗装の事なら http://paint-honda.jimdo.com
二本でゴルフしちゃうイベント http://nihonopengolf.jimdo.com
ブログでは塗装のあれこれも http://paint-honda.blog.jp

Play

グリーンを制する者はゴルフを制する

みなさ~~~~ん。もう知ってますかぁ~?

「何が?」って?

そうです。あの!
「TRON」というボールマークのことですよ!

e7de54_b1583a2332ed4d968ea4fe9f1622214a_mv2_d_3936_2624_s_4_2
※HPはコチラ


知ってるわけないですよね。。。
まだ発売されたばかり、ホヤホヤの話ですものね。。。

ファッションの世界では「グリーンを制すものはオシャレを制す」なんて言われているそうですし、ゴルフ界では「グリーンを制すものはゴルフを制す」なんて言われてます。

ファッションはグリーン(緑)の使い方。
ゴルフはグリーン上が勝負の分かれ目。
ってことなんですが、グリーン上でお洒落に振る舞えるとゴルフって楽しくなっちゃうんじゃないかなぁ~なんて勝手に考えたりして。。。

そんな思いを知ってか知らずか、ワタシの生徒さんというか。。。ゴルフ仲間であるN氏が開発から試行錯誤して熱い想いを込めて発売したのがマーカーなんです。

どうやら、最初は自分のモノとして自腹で作って使ってみたら一緒になる人から「それいいな。欲しいな」とあまりにも評判が良いので一念発起して企画販売しちゃったというものです。
※かなり思い切ってますね^^

全てを懸けて、このマークに想いを乗せていることもあり、かなりイイものが出来上がってます。
製造段階ではワタシも少しだけアイデアやテストなどで協力させて頂きました。

20180912073209_p

テストの段階で同伴者に「それほしい」「どこで売ってるの?」と聞かれることが続きました。
そのくらい魅力的なグッズだということですよね。

20180912080824_p

製品としての完成度もさることながら、作った人の「想い」というのが人の気持ちを動かすのかもしれません。

20180712085535_p

さてさて、そのグッズですが。。。
簡単に言うと「アクリルでできたマーク」なんですが「メタクリル樹脂」という素材でできています。ググってもらったらわかりますが、メタクリル樹脂というのはアクリル(プラスチック)の中では強くてクリアな性質があります。
この樹脂を様々な形状にカットして、絶妙な厚みと重さに仕上げることで「視認性」「使用感」「おしゃれ感」などを持ったマークにできたようです。

e7de54_b21907974a8a49a8ab3b80335e6a2c36_mv2

ワタシは使用感や「○○な形が人気が出そう」なんてことを勝手気ままに言ったりしながら少しだけお手伝いをさせて頂きました。

会社やメーカーのノベルティやオリジナルグッズとしての注文も可能ですが、個人的に使ってみたい人にはHP上で購入することもできます。

あ、そうだ。松山英樹が出場することで注目されていた先週の男子トーナメントの三井住友太平洋マスターズの太平洋御殿場でも販売されて人気だったそうです。

写真で見てもらってもわかる通りですが、現段階で、角の取れた四角、ハート、クローバー、桜などの形状がありカラーも多種でオリジナリティがあります。

e7de54_b5f6570026c64ecfb8482f00994f1091_mv2

ワタシはもうかなり愛用しているのですが、グリーン上で自分のマークが見当たらないことはありません。使用しながら確認できている中では40ヤード離れていてもスグに見つけられます。
コインや通常のマークと併用して、カップまわり(2メートルくらい)とそれ以上の距離で使い分けることで誰にも迷惑が掛からずお洒落にグリーン上でマークすることができます。

e7de54_6a492cdacf7348ceb3cfe4b4f01778b5_mv2

実物を見た女性やジュニアにはほぼ100%「欲しい」と言われます。
こうしたグッズを使って「お洒落」にゴルフを楽しむのもイイですね。


ちなみに。。。。。
2018年現在のゴルフルールでは「コインかそれと同様な物。グリーン面を傷つけず他のプレーヤーのプレーを妨げないもので球の位置をしっかりマークできるものであればその他の物を使っても違反にはならない」と定義されています。

ワタシの知っている中では、どんぐりでマークしていたプロもいましたし、花びらや葉っぱを使った人もいたという笑い話のようなこともあったそうなので、ルール的にも問題ないですね。


オフィシャルHP
Jewelry Markers Desugn
http://www.jmd.golf

超師匠復帰ラウンド

随分前。。。に約束した超師匠とのラウンドの日です。

超師匠が会員でもある潮来カントリー倶楽部へ行ってきました。

以前より約束していたラウンドだったのですが超師匠の復帰ラウンドとなりました。
さすがに病み上がりの超師匠は今一つの調子だったようですが、ドライバーの飛距離はかなりイイ感じで何ホールかぶっ飛ばしていました^^

20181104105108_p

天気予報は曇り。最高気温の予報は20度ほどで早朝は曇りで都内はパラパラと雨も降っていました。
ラウンド中は晴れ間も見える好天で半袖でも大丈夫なくらいの天気でした。

プレー終了後に雨が降ってきましたが。。。

20181104122133_p

3バックだったこともありますし、日曜日だったこともあるのでゆっくりラウンドすることができました。

MOIの神様であるKURO超師匠とのラウンドということで、新たに投入する「RODDIO弟子屈スペシャル」の調整チェックやクラブの相談をしつつのラウンドでかなり充実したゴルフになりました。

先日の研修会で気が付いたポイント(研修会からずっとイメトレのみ)を修正しつつドライバーを打ってみたところ、かなり悪かった点が改善できたのは大きな収穫です。
更に、ちょっと気になっていた点の相談に乗っていただいて解決の糸口が見えたのは幸いです。

冬場から来期に向けて、クラブセッティング(何を入れて何を抜くか)の再考のアイデアも浮かんできました。さらに、来年からのルール改正が行われるのはご存知の通りで、中でも発表された時からワタシは競技に大きく影響する点として「ピンを刺したままでパットOK」という点が今後のゴルフにおいて大きな影響があると感じています。

これには「パターを2本入れる」などの大胆なセッティング変更もあり得ますし、強くヒットできる「カッパ―のピンアンサー」や「キャッシュイン」の様な時代をさかのぼるパターの必要性なども考える必要があるといった感じの意見交換をしました。※これについては、まだ憶測の域を超えませんので追々書いていこうと思ってます。

ラウンド後は潮来CC恒例になったアイスタイム!
20181104150613_p

この日はいつものソフトクリームからチョコレートサンデーへ。
空腹でサンデーは異のもたれに繋がりますがやめられません^^:
帰宅後、空腹なのに胃がむかむかしていたのは、なかったことにして忘れることにします。

KURO超師匠の復帰ゴルフができたし、パワフルなショットが炸裂していたのを見れたので一安心のラウンドだったのは何よりです。


さてさて。。。
前回のラウンドで気が付いたことって言うのが大雑把に言うと「ドローを打ちに行きすぎ」ということだったんです。
近年のクラブはスピン量が少なくなるクラブが主流なので
「無理に回転を消しに行かなくてもイイのではないか?」
という仮説を立てました。

なので、その仮説をチェックするしかないのです。

ゴルフは「ぷらんどぅーちぇっく」なのです。
※どっかで聞いた言葉だが気にしない気にしない

まず、朝のレンジにてKURO超師匠に見てもらいながらクラブのセッティングを確認しました。
超師匠から「セッティングは問題ないね」という意見が聞けました。

ということは「自分の技術」の問題。
なので、今日のテーマは「フェードを打つ!」で決まり。

「フェードを打つ」というキーワードには色々なポイントが含まれているのですが、ドローを打ちに行きすぎたことを全て払拭するくらいのショットをすることに決めました。※細かく書き始めるとなが~~~~~くなるので止めておきます。

ってことでラウンドの結果。。。

潮来2018

ほぼほぼ許せるミスになりました。
2番3番の右はフェードを打ちに行っているのにまだまだ感覚が付いてこれず右へ押し出しました。
それ以外はおおむね良好。9番はセミラフでしたし飛距離もまずまずでした。
後半は15番でこの日未使用だった3Wの感じを見てもらおうと打ってみら「フェースに当たらなかったんじゃないか?」というようなへなちょこショット(笑)
その後の17番で左がOBのところをOB区域から思い切ってフェードがそのまま。。。
18番は右が池なのを怖がって左ラフへ。。。

それ以外はまずまずな1Wショットだったと言う感じでした。
フェードを打つことでボールがフェースに乗りますし、ミスの傾向が一本化されるので計算がしやすくなりました。元々フェーダーだったのにいつの間にか力みが生じてフックを打ちに行っていたことで暴れていたのかもしれません。

後は飛距離ですね。
残距離からの逆算で約275Y平均ではありますが。。。

10月KGRAプロ研修会

10月の研修会が終了しました。

20181022093903_p

結果を先に言うと。。。
散々な結果。。。

今回は茨城県北部の「ロックヒルGC」で開催でした。
前日には3rdQTが行われる太平洋益子PGAでプレーして調整しつつ研修会を迎えました。

「振りやすさ」「扱いやすさ」のNew1Wに期待をもってのプレーとなるはずでした。
太平洋益子では、まずまずでした。

20181022130838_p

が。。。
ゴルフと言うのは、流れがあるのも事実。
ちょっと暴れ過ぎた感があるラウンドとなってしまいました。

まず。太平洋益子。

太平洋益子2018

Teeは一つ前なので距離が短いのでやや強引に1Wを使ってラウンドをしてみました。
INスタートでTeeショットの左ミスは1度だけ左セミラフに入ったのみ。
OUTもTeeショットでの大きなミスはなく、なかなか順調な感覚でラウンドを終えました。

その感じで、ロックヒル。

ロック2018

コチラもINスタート。
出だしはラフに入ったものの悪いショットではなく強いフェードが捕まりきれずと言う感じ。
412Yのミドルでセカンドは130Y(PW)とまずまず。

11番ロングはやや右ドックレックでしっかり打てば2オンが見えるホール。
左バンカーを嫌がってヒールスライスで右の岩場へ。
危うくロストでしたが、ボールが見つかり出すだけのショット。3打目はグリーン左バンカーへ入れて2メートルほどにリカバリーしましたがカップに触れず外しました。
このパットでパターの感覚が微妙に狂っていたのは後で気が付くことになりました。

その後はTeeショットで怖がって打ちながらも14番15番16番と上り2メートルの絶好のバーディーを決められず17番へ。

17番は475ヤードで右に池の絡むホール。
池までは300ヤード近くあること、小雨が降り始めたことで「池」は入らないという仮定して1Wを打ちました。芯食っているもののややフェードでギリギリの池方向へ。。。

池。。。でした。

池手前からグリーンまで200ヤード。
苦し紛れにフライヤーもふまえて4番アイアンで打った会心の当たりはグリーンオン。
が、しかし。

カップは40ヤードのグリーンの一番奥。。。
軽く3パットでした(笑)

折り返して1番でセミラフながら残り225ヤード上り20ヤードからやとバーディー。
2番ショートで奥のバンカーから2メートルを外しボギー。
3番は無理するホールでもなく左は受けていて広いのに。。。
そこへ打ちこんでOB。
打ち直しは残り95ヤードだったことを考えれば。。。

その後もいい感じでプレーしていたものの、スコアは散々。

もう少しTeeショットの対策と練習が必要ですね。

しかし、太平洋益子もロックヒルもグリーン、FW共に仕上がってました。
キレイですし、グリーンは早くてしっかり。

ロックヒルは徐々にグリーンも硬くなってきてピンポジも激しくて難しかったです。
こうした環境下でプレーできたら上手くなりますね^^


〇年ぶりに原点のゴルフ場へ

縁あってお誘い頂いたコンペへ参加させて頂きました。
場所は「オークヒルズカントリークラブ」です。

20181016103716_p

ワタシがゴルフを覚えた場所、ゴルフの原点とも言えるゴルフ場です。

東関東自動車道「大栄IC」から10分ほど。
かつては「世界シニア」や「女子ツアー」なども開催されたコースです。

大きなグリーンに小さな傾斜が入り混ざったグリーンは難攻不落で、長年所属したワタシもいまだに傾斜が読めない場所もあります。。。
何回プレーしても飽きが来ない不思議なコースです。

20181016115112_p


個人的には↓↓↓この場所が強烈な印象が残る場所。。。

20181016145031_p

ロッカーから浴室へ向かう階段なのですが。。。
全ての人が素通りするポイント、写真を撮るワタシを見て不思議な顔をしたお客様もいました。←そりゃそうだ(笑

研修生の仕事の一つに、お客様が全てチェックインするまで「この場所に立つ」という仕事がありました。2階にあるメンバーロッカーでメンバーさんの御用聞きの様な仕事です。
主にはロッカーにしまってあるクラブなどを外へ運ぶのが役割でした。
1日いても何もする事が無いこともあったりするとんでもなく時間が長く感じる役割で、良いような悪いような仕事でした。

連日の練習で寝不足になっている時には立って寝ていたりするのはイイ思い出です(笑)

さて、話を戻して。。。

今回のコンペは、ギロッポンの某施設の主催するコンペで、ワタシは初参加。
お誘い頂いた「I夫妻」特にご主人はコンペ常連らしいです。

話は前後しますが、プレーが終わりギロッポンの施設に集合して表彰式となりました。
これがまた豪華な場所に豪華な賞品。。。

20181016193551_p

あんなものやこんなものも賞品になっています。

20181016193259_p

中にはこんなお宝も。。。

20181016195639_p

わかります?
あの選手の直筆サイン入りフラッグ。。。

参加者にはどこかで見たような知った人やどっからどう見てもデルモさんなども多く、田舎丸出しのワタシはなかなかの場違い感もありました(笑)

20181017155149_p
※足短いねぇ~笑


が、ゴルフはゴルフ。
聖地弟子屈で組んでもらった1Wと3Wのチェックも兼ねてのラウンドとなります。

20181017155210_p

スコアはこんな感じ。。。
フルバックではなかったことで後半のチャンスラッシュができました。

スタートでセカンドの距離を間違えて奥からの難しいアプローチ。
その後はいい感じでプレーできていたのですが、エアレーションのグリーンで1パットで決められない3メートル以内が続きハーフ終了。


オークヒルズ2018

安定した1Wでのティーショット(FWキープはコロッとセミラフでもNOなので数字は厳しい)が打てていたので後半はかなり落ち着いたラウンドとなりました。

14番で30センチに打てたアイアンからかなり感じが良くなりチップインイーグルを含む33が出たのは良かった点だったかもしれません。

結果的にはこのまくりが新ぺリアの逆ハマりとなりましたが(笑)

楽しいラウンドとなりました。



スコアの管理をまとめてみた

いつも年末から年始にかけてスコアの管理をするのですが、連休に時間ができたので自分のゴルフを見つめ直してみようかと思い立ちました。

健忘も含めて書き残しておこうかとおMOIます。

20180830134045_p

スコアの集計は2008年から。
個人的にお付き合いのある人は知っているかもしれませんが、ワタシは一度ゴルフから離れてクラブを握らない生活をしていて2008年から仕事のお付き合いで再開しました。

それはいいとして。。。

2008年 76.50
2009年 78.71
2010年 79.33
2011年 77.90
2012年 77.45
-------------------- クラブMOIマッチング
2013年 75.64
2014年 74.81
2015年 74.77
2016年 75.08
2017年 75.04

スコアだけで言えばこんな感じになりました。
なるほど。。。クラブMOIマッチングをしてもらってからは急に良くなり右肩上がりです。
2016年で少し悪くなりますが、この年からは基本フルバックからのPLAYとなりました。
フルバックからでもスコアが変わってないというのもクラブMOIマッチングによるものだと感じています。

2017年からは現代の名器「HAYABUSA」を使わせてもらっています。
HAYABUSAを使ってからはリカバリー率は3ポイント以上も上がりましたのでまだまだ右肩上がりとなりそうでゴルフがより楽しくなりました。

FWキープ率が2016年から悪くなっているのが改善されてくるともう少しクラブMOIマッチングの効果を期待できるはず。。。





記事検索

にほんブログ村

ランキングに参加しています。「ポチ」っとな。にご協力していただけたら嬉しいです。

livedoor 天気
楽天市場
  • ライブドアブログ