二足のワラジストPainter&Golfer まさ

2足のワラジスト(ペンキ屋&プロゴルファー)のまさがペンキ屋とゴルファーの地位向上を夢見て言いたいこと言っちゃうブログ

紆余曲折、2007年からペンキ職人へ転身。仕事の付き合いで5年ぶりにゴルフを再開後2009年より二足のワラジストへ。2015年にはJGRAプロフェッショナルになりゴルフのイベント開催やゴルフと塗装(建物)に関する相談なども受けてます。ゴルフと沖縄と塗装が大好きなおっさんが好き勝手にブログにしちゃってます。
塗装の事なら http://paint-honda.jimdo.com
二本でゴルフしちゃうイベント http://nihonopengolf.jimdo.com
ブログでは塗装のあれこれも http://paint-honda.blog.jp

Play

GRAND PGM セゴビア

セゴビアゴルフクラブ・イン・チヨダへ

なんと!24年ぶり(?)にこのコースへ行かせていただきました。
まだ若かりし頃でしたが、その時に日本で最初に開催された「ミニツアー」の運営のお手伝いで行かせていただいてから20年以上が経過してしまいました。

今回は、二本オープンゴルフへも参加してくれている「T氏」からのお誘いでこの難コースへ行くことになりました。

奇才Dミュアヘッド設計の超難コースで有名です。
このコースは「スペイン」をテーマに作られたコースとのことです。
全てのホールには愛称がつけられています。
1番「フラメンコ」
2番「アンダルシア」
3番「ギター」
4番「クロスボウ」
5番「ゲルニカ」
6番「イベリア」
7番「マーベラ」
8番「ホアン・ミロ」
9番「ダリ」
10番「コリーダ」
11番「ピレーネ」
12番「トレアドル」
13番「ホーリィトレイド」
14番「ガスパーチョ」
15番「サウスアメリカ」
16番「グラナダ」
17番「コスタ・ブラバ」
18番「ジ・インクウィジション」
ホールのイメージにより様々なコースレイアウトとなり、
18ホール通して池がらみになるホールが多いのですが、特にOUTコースはタイトなレイアウトでティーショットがスコアを左右するホールが多くなっています。
※各ホールの説明はオフィシャルHPをどうぞ!

GRANDということで、コースだけでなく、敷地入口のゲートを通ったところからしっかりとしたコンセプトで迎えられ、敷地内のどこにいても上質なサービスを受けられるようになっています。

クラブハウスは「スペイン調」で統一され、ワタシなんかがここにいると「場違い感」を感じてしまうほどでした(笑)プラーベートでもお客様を連れていくゴルフでも間違いなく充実した時間を過ごせると思います。

20170921071337_p

入口からハウスへ向かう時から「楽しめる予感」がします。


20170921071617_p

エントランスでの雰囲気は過去にも数ヶ所しか見たことが無い贅沢な空間。

20170921071533_p

高い吹き抜けと装飾は高級感を感じます。
建築系でもあるワタシには、20年以上経過した建物であるにもかかわらずラウンドした壁にヒビ一つない仕上がりに関心するばかりでした。

20170921073206_p

土足厳禁(靴を脱いで上がる)ロッカーに行くと。。。

20170921072525_p

大きめの各ロッカー内には上品な香りの「リセッシュ」が置いてある心遣い。

20170921073158_p

レストランの高い天井と作りは「ゴージャス」そのもの。。。
不思議と新築からの時間の経過を感じません。

20170921120241_p

20170921131439_p

20170921094835_p

コース内では、スペイン調の建物の売店と筑波山のコラボもあったり。。。

20170921131423_p

20170921101111_p

20170921092948_p

ショットがイイとか悪いとか関係なく楽しめます。
一緒にPLAYしたメンバーが楽しかったというのもありますが。。。

20170921113714_p

ランチは名物の「トルコライス」を堪能してお腹いっぱいになりました。

20170921135832_p

スコアは。。。

20170921185254_p

久しぶりの6バーディーだったものの。。。
池やら、チョロやらが出て73でした。。。

20数年前に70台が出る気配もなかったのを考えると、少しは成長できたのかな。と感じることができましたし、課題も見つかり「伸びしろ」を感じることができたのは収穫でした。


軽井沢DEゴルフ

ゴルフをする人なら「軽井沢ゴルフ」と聞いたら「おぉー72(セブンツー)ですか!」と真っ先に思い浮かべる人が多いかもしれませんが、今回は「プレジデント軽井沢ゴルフ」へ行ってきました。
このブログを読んでいただいている皆さんはご記憶かもしれませんが7月のJGRA研修会の会場となったゴルフ場です。

20170910085125_p

ここで、ゴルファーの聖地の一つとも言われる「HARE銀座」主宰の月例会が行われたので参加してきました。

「HARE銀座月例会」は毎回5組ほどのゴルファーが集結します。
今回も5組だったのですが、女性率がいつもにも増して高い!
これは、軽井沢パワーなんでしょうかね。

20170910111044_p

そして、新幹線での参加者も多く、ゴルフの楽しみ方も多様なんだなーと改めて感じました。

昨年「二本オープンゴルフ」の予選も開催した軽井沢なんですが、多く言われるのが「軽井沢は遠いからなぁ~」という事です。関東圏のゴルファーの皆さんは「茨城(水戸)」「栃木(宇都宮)」「静岡(御殿場)」などへ行くことが多いような気がします。
ワタシは「長野(軽井沢)」もそんなに変わらなくて気候も良いので気に入っている場所なんですが。。。

軽井沢へは「自家用車」「バス」「電車」のアクセスが可能です。

「バス(高速バス)」
新宿・池袋・練馬発・・・2,600円
横浜・羽田・品川発・・・3,000円前後
などで所要時間は約3時間
「電車(新幹線)」
東京駅発・・・3,700円(安値)
所要時間は約1時間

とイメージするよりも安値で短時間で行けることがわかります。
今回も半数くらいの参加者が「新幹線」を利用していました。事前に予約をしたこともあり往復で6000円台の運賃で往復することができたそうです。

ちなみに、6時30分頃の新幹線に乗り、軽井沢に8時頃着。そこからクラブバスを利用して10時前のスタート、ラウンド終了後ゴルフ場の温泉に入りリラックスしてから17時30分の軽井沢行きのクラブバスへ乗り軽井沢駅へ。駅目の前にあるアウトレットでお買い物&夕食を済ませて19時過ぎの新幹線を利用して帰宅。となったそうです。

こんなゴルフの楽しみ方もいいモノです。

しかもこの日は絶好の天候で、標高1300メートルの高地でありながら気温が25度くらい快晴微風でしたから気分は最高で文句のつけようがない日となりました。

20170910124529_p

こういう日はスコアは二の次でゴルフを純粋に楽しんじゃうものですね^^

ワタシのスコアは。。。
バーディー1つの76(39-37)で34パット。。。
1メートルを4つ外しました(笑)
こうなると笑うしかないですね^^

JGRAプロ8月研修会

8月の研修会が開催されました。
場所は「芳賀カントリークラブ(栃木県)」でした。

芳賀CC

宇都宮にも近い場所で自宅からは2時間と少しは掛かってしまうので前日入りしてのラウンドとなりました。

距離は7000ヤード弱なのですが、コースレートは73点台で難易度は高めとなります。今回は南・西コースを使用となりました。このコースは極端に狭いホールはないものの、2グリーンのコースにしてはTeeショットに気を使うレイアウトでワタシの苦手とするドローボールを要求されるホールが多いコースです。

早めに起床して朝シャン(←死語だなぁ~)をして身体を温めて軽いストレッチをして身体を起こしてからコースへ入りました。
このコースはレンジが5番アイアンまでしか利用できないのでちょっと不安があるものの調子が悪いこともなくレンジでのショットを終えスタート時間となりました。

1番ホールは長くはない左ドックレックのミドルですが左角にあるガードバンカーは避けたいところで1Wを持ちましたそこそこの当たりでやや右サイドをキープ。
セカンドは3ヤード打ち上げフロントエッジまで143ヤード、ピンまで160ヤードから8番アイアンで気持ちよくショットしてピン筋へ打ったもののピン奥2ヤードに着弾して奥へ外れ。。。
難しいアプローチからパーを拾って肝を冷やします。

2番ホールは左奥端ピンで201ヤード5ヤード打ち下し。
6番アイアンでは手前のカラーまでしか届かないことはわかっていたので5番アイアンを持ちます。左からアゲンストを考えてもこすり気味だとバンカーもあり得るのでピンへ向けてショットを打ちます。これもいい感じで飛んでいくものの左奥のバンカーを潰した深い芝のグラスバンカーへ。。。
アプローチは乗せたものの3パットで恐れていた「素ダボ」(苦笑)

その後4番ホールミドルでバーディーを取り一つ取り戻します。
が、バーディーの欲しいロングでTeeショットを右へプッシュアウトし木の根っこへ。。。
そこから脱出したショットも木の後ろのベアグランドまでしか出ずでまたしても「素ダボ」ハーフで2つの素ダボはかなり久しぶりでしたが。。。
結局、アウトは5オーバー。。。とトホホな展開。。。

ターンして10番ホールは打ち上げの右ドックレックのロングホール、TeeショットはFWセンターへ打ち打ち上げ15ヤードフロントエッジまで223ヤード、ピンまで242ヤードから3Wでピン奥7メートルへ乗せてイーグルを取り2つ返して元気を取り戻します^^

[画像:6900d417-s.jpg]


んが。。。
1Wがプッシュアウトと引っ掛け(左へ真っすぐ)が交互に出る状態で寄らず入らず。。。
インは伸ばしきれずにトータル5オーバーと振るわずでした。

パターは調子が上向き。
昨年「ファルコンまつばら」さんに言われた一言を思い出したことと、初心に帰ることでバーディーパットもいい感じになってきました。

アイアンは変わらず良い状態ですので、Teeショットの精度とアプローチが課題なのかもしれません。
1Wも43.5インチにしたことでコントロールもしやすくなったので全体的には上向きだと感じています。

超久しぶりの1.5R

お盆の真っ只中に1.5ラウンドしてきました。
幸いなことにも涼しい日で最後のハーフは小雨混じりでした。

[画像:d3bfd7cc-s.jpg]

[画像:30f9d9f1-s.jpg]

場所は、初めてラウンドすることになった「ザ・ナショナルゴルフクラブ千葉」(旧千葉廣済堂)です。

同系列の埼玉は行ったことがあったのですが埼玉はドックレックホールがほとんどでティーショットがスタイミーでかなりのアップダウンがあるコースでした。

スタート前に聞いた話では「埼玉よりもプレーしやすい」とのことでした。

聞いていた通り、適度なアップダウンでした。クリーンは2グリーンでパーオンは難しく、ポジションをしっかりとイメージしながらの戦略が必要となるレイアウトです。

コースのメンテナンスはかなり良くて楽しめるコースでした。

[画像:97ce2a44-s.jpg]

天気予報はかなり悪かったのですが、1ラウンドは雨は無しでしたがさすがにおかわりハーフは雨が降ってきました。

かなりの練習になるラウンドとなりました。

[画像:12f24ee2-s.jpg]

[画像:a58a4ddd-s.jpg]


20数年ぶりのコースへ

「狂カン夏合宿」
という集まりに参加させて頂きました。
仕事の事情などあり、最終日だけの参加だったのですが、ワタシも希望者の方にスタート前のワンポイントレッスンをさせて頂きました。

[画像:34de4762-s.jpg]

    場所は「京カントリークラブ」
成田空港から近く、滑走路の延長線に位置し、この界隈では恐らく最も旅客機が低空で離着陸するコースです(※ワタシ調べ)

ご存知かとは思いますが、成田空港は超過密の離着陸で有名で、3分に1便とか2分30秒に1便とかの離着陸があるとも言われています。
なので、かなりの確率でショットの時に離着陸の轟音が重なるタイミングになります(笑)

距離はやや短めですが、トーナメントも開催されたことがあり、難易度は高いコースです。
コースは「狂カン」と言いたくなるほどのドSなコースです。ハザードがうまく配置されティーショットのでき次第でその日のスコアが10も20も変わってしまうほどです。

また、グリーンは3段は当たり前のポテトチップス形状でピン位置によりホールのイメージが変わってしまうので何度プレーしても飽きのこない難易度の高いコースとして知られています。

ワタシは研修生の頃にテストがかかる研修会でプレーしたのが20数年前、それ以来のラウンドとなりました。
イメージに残るのは「なんとか70台でまわれるかな?」というくらいでただ単に「難しいコースだ」と記憶しているコースでした。  [画像:381dd744-s.jpg]

正直なところ「あの頃は飛んでたし練習量も相当だった。今の状況では80前半なら上出来かな」というつもりでコースへ行きました。

上手な人が集まっている会なので使用ティーはもちろん一番後ろですし、コースはほぼ記憶にありません(笑)いいスコアが出るわけがない要素が揃っていますのであるいみ開き直りです(笑)

ティーショットはティーグランドに立ってみて残り距離を気にせずフェアウェイに打てるかを第一にポジションをキープして上手くホールを重ねました。しかしグリーンのアンジュレーションがキツイのでピンに対しての置きどころが難しく(わからないホールがあって)攻めきれませんでした。

途中アンダーになりイケそうな雰囲気もありましたが最終的に上がり数ホールでドタバタしてボギーが重なってしまいました。

とはいえ、個人的にはまずまずの(いや、上出来の)スコアで終われました。

特に今年に入り強く意識しているのですが、セカンド(グリーンを狙うショット)の残り距離をまず考えて攻めることにしています。
これにより、ショットの打ち方がより明確になりますので、より濃い1打を打てる気がします。ミスでもナイスショットでもショットの濃さを濃くすることで次に繋げる1打を打てると考えてます。

そして、セカンドの残り距離でグリーンを狙うショットの善し悪しがあまり左右されないMOIマッチングされたアイアンでは番手が変わってもショットのブレ幅が少ないので「より近くへ」という意識は少なくても問題なく余計な力みなどが無いからです。

文章では伝えにくいのですが…
今年に入り意識しているのは、おおよそ3段階くらいにアイアンを分割して考えています。。。

おっと、完全に脱線しました。
この話はまたの機会に。。。

記事検索

にほんブログ村

ランキングに参加しています。「ポチ」っとな。にご協力していただけたら嬉しいです。

livedoor 天気
楽天市場
  • ライブドアブログ