二足のワラジストPainter&Golfer まさ

2足のワラジスト(ペンキ屋&プロゴルファー)のまさがペンキ屋とゴルファーの地位向上を夢見て言いたいこと言っちゃうブログ

紆余曲折、2007年からペンキ職人へ転身。仕事の付き合いで5年ぶりにゴルフを再開後2009年より二足のワラジストへ。2015年にはJGRAプロフェッショナルになりゴルフのイベント開催やゴルフと塗装(建物)に関する相談なども受けてます。ゴルフと沖縄と塗装が大好きなおっさんが好き勝手にブログにしちゃってます。
塗装の事なら http://paint-honda.jimdo.com
二本でゴルフしちゃうイベント http://nihonopengolf.jimdo.com
ブログでは塗装のあれこれも http://paint-honda.blog.jp

グルメ

ラーメン3連発!

このところ、会社から1時間半ほどの現場へ詰めているので、ブログの更新もままならなくなっています^^;

炎天下の作業となるので、幾らドリンクなどを摂取していてもカラカラにもなりますし、大汗をかきますのでちょっと濃い~~~ランチを食べてしまいます。

ま、食べれるだけまだまだ元気ということになりますが。。。

現場周辺にはかなり穴場なラーメン店が点在しているようで驚いています。

ほぼ3日連続でラーメンでした(笑)

20170716125634_p
自由が丘で有名な塩ラーメン

20170718121227_p
八王子の路地で見つけたイベリコ豚塩ラーメン

20170719121635_p
偶然停めたパーキングの前にあった優しい八王子ラーメン



いや~たまらん




真名カントリークラブ「THE GRILL」

市原市にある「真名(まんな)カントリークラブ」にはビッフェスタイルのランチが楽しめるレストランがあります。※正確には真名CCゲーリープレーヤーコース内レストラン
コースでのプレーヤーはもちろんの事、プレーをしない一般の方にも人気のレストランです。
正式名は「生命の森レストランガーデンTHE GRIL」です。

海から遠くない高い位置に経つクラブハウスのレストランからは遠くに太平洋が見え景色の良い場所にありクラブハウス内は高そうな飾りつけでちょっとリッチな感覚になります。

一般の方でも90分制で1,750円でレストランで食べられるような食事が楽しめます。
雨模様でゴルファーは少ないものの一般客でにぎわってるレストランです。

20170625184743_p


この日は、名物オリジナルカレーやすき焼き食べ放題やデザートなどとても食べきれないほどの種類が並びプレーの合間で食べる食事量ではなくなるのが困ったことです(笑)

20170626075926_p

そして、真名名物と言っていいほど人気の「特製シュークリーム」はお土産にはマストです。
少し前まではランチタイムに注文しておくと帰りまでに用意してくれるシステム※現在もこのシステムだと思います。
ただかなり人気になって朝のうちにオーダーしておくのか確実な方法となっています。
※一般客でもレストランに上がったところでお土産として購入できるようです。

20170626081631_p

1個は250円。
サクサクのクッキー生地にさっぱりとしたカスタードクリームがたっぷり。
クリームが空きスペース無くびっしり詰まったシュークリームはなかなかありません^^

めちゃうまです。
真名へ行ったら是非予約してご自宅へお土産してください。家庭での立場UPで次のゴルフも行き易くなりますよ!

20170626082540_p

ゴルフの方は。。。。。
前半は傘&カッパ必須の雨模様でしたが、FWやグリーンは思いのほかぬかるみなくて水はけの良さを感じました。徐々に雨もやんでスタートから数ホールでカッパを脱ぎ通常モードでPLAYできました。

天気のせいなのかどうかはわかりませんが、グリーンの重さには苦労しました。。。
と、前回PLAYした時のブログ読み返したら「グリーンが重すぎで困った」と。。。あれ?このコースはこのパターンなのかな?グリーンがもう少し走ってくれるともっともっと面白いコースになるのですが。。。

ただ「また行きたい」と感じさせてくれるコースだということは間違いないですね。


麺恋処いそじ「代々木」

いそじ (4)

2度目の訪問となりました。
実は毎月代々木に行く用があるので「いそじ」に行こう。と思うのですがほとんどの場合行列ができていて時間的に並べないので前を通過して違う店に行ってしまうことが多いのですが、今回は時間がランチタイムを大幅に過ぎたためか、すぐに席に付けそうだったので凸入しました。

店内は入ってすぐ右側に券売機、左側に厨房とカウンターというシンプルな作り。
カウンター席も10席ほどです。
メニューは「中華そば」「味噌らーめん」「つけめん」「味噌つけめん」「冷やし中華(時期)」で「丸得」がいわゆる全部乗せということになります。
麺は中盛りは無料で、大盛りが100円プラスとなります。

いそじ (6)

今回は、「丸得つけめん(980円)中盛りを選択。(中盛りは券を店員さんに渡すときに聞かれます)
店員さんは、案内係1名、カウンターの中に3名で、作業の担当を分けて効率よくしているようです。ラーメンを作っている間も後ろを通る際には声かけをするなどしながらスムーズに作業をしているようでした。

つけ麺はやや時間が掛かると言われたものの5分ほどで目の前に「丸得つけめん」が着丼します。

いそじ (7)

味玉、チャーシュー、メンマ、ナルト、海苔が具となります。
麺は太麺です。スープは魚介と豚骨のスープですが柚子が効いていて濃いながらも後味はさっぱりしたスープとなります。飽きが来ないので食べた後すぐにまた食べたくなります(笑)

いそじ (3)

麺は太麺でもちもちでつるつる。
うどんの様なってよく言うんですが、パスタっぽい歯ごたえがなんだか不思議にはまります。
自家製麺らしく店内には製麺機もありましたが、もしかしたらちょっとパスタ風なイメージで麺を作ってるのかな~なんて勝手に想像してみました。

いそじ (8)

いや、絶対また行っちゃうな。。。




しょーこたんファンの集い

「ゴルファーのアイドル」「カリスマ店員」と呼ばれる(?)「しょーこたん」のファンの集いとも言える集まりが「HARE銀座」にて厳かに開催されお誘いを受けたワタシはのこのこと銀座までおのぼりさんしてきました。

もう何度も訪れている「ソニー通り」はやっぱり緊張感があっておのぼり感満載です(笑)ワタシはやっぱり根っからの都会から離れたところに慣れ親しんだ人間なんだと感じます。

20170616181715_p

ファンの集いだと言っているのに、主役のしょーこたんが「あさ開き」という全国鑑評会で12年連続金賞という盛岡の地酒を持ってきてくれて、絶品のつまみと超絶怒涛の談義を肴に飲んじゃおう!ってことで10名が集結してヘベレケノ花金となりました。

20170616190254_p

お酒は流石に金賞受賞の日本酒で日本酒の事に詳しくないワタシから日本酒の事に専門家の様に知っている参加者までが「なるほど~」「うまい!」と唸るほどで、ワタシなんか「これから日本酒はこれで決まりじゃね?」と感じてしまうほどでした。
飲みながらの日本酒の造り酒屋の職人さんの心意気なども知れましたし、「職人」ってやっぱすげ~。「モノづくり」ってかっこいい!と感じる瞬間ともなりました。

20170616185435_p

もちろん、HARE銀座の相変わらずのつまみとカレーの美味しさは半端ないですし、造り酒屋の職人と一緒で作り手の料理への愛情と心意気が伝わってきます。美味しいつまみと美味しいお酒、ジェントルマンなゴルファーとの語らいは何事にも代えがたい貴重な時間でした。

20170616213146_p

こういう時間が共有できるのもゴルフでの繋がりがあっての事だと改めてゴルフの良さを感じました。

〆は「ドライカレー」で!

沖縄旅行記2017⑭

P1040145

最終日にランチは「ひがし食堂」の「沖縄ぜんざい」を目指します。
古宇利島から南下して30分ほどで到着しますが、住宅街に溶け込んでいるのでちょっとわかりにくかもしれませんが、ワタシはナビのみで着けたのでレンタカーのナビで検索して行けば問題ないかと思います。

空港から向かってくる場合は、58号線を北上してきて名護市消防署付近を右折する形になります。「オリオンビール工場」「オリオンハッピーパーク」を目指してくるとわかりやすく、付近にある「東江中学校」の裏手に黄色の「ひがし食堂」があります。

「ひがし食堂」は雑誌やTVなどで「沖縄ぜんざい」というと必ず紹介されるくらい有名なお店になっていますが、地元の人が通う「地元の食堂」なんです。

20170508130541_p

各口コミサイトでも「人気店」として取り上げられていて「行列」ができるお店としても知られています。沖縄を良く知る人からの情報でも「地元の人にも愛されていて人気があるからね」と聞いていたので沖縄旅行の際には毎回「行きたいリスト」へリストアップするのですが「行列」を考えるとなかなか行けずにいましたが、今回の旅行は「ゆったり」「ご当地グルメ」がキーワードだったので意を決して行くことに決めました。

到着したのはランチタイムちょっと前の11:45頃でした、タイミングが良かったのかお店横の駐車場には車が1台しかなくすぐに車を停められました。
「駐車場が空いているってことはもしかしてタイミングがイイかも?」とワクワクします。
お店の扉をガラガラ~と空けながら店内を恐る恐る覗くと「はい!いらっしゃ~い!どうぞぉ」と声を掛けられ中に入ります。

店内には、地元のおじ~一人と地元のおばぁ~が2人の2グループのみで「好きなトコにすわってねぇ」といった感じでした。「行列」を予想していたのでちょっと拍子抜け(笑)

店内は、入口を入るとちょっと広いスペースが広がります(テイクアウトの待ちの場所かな?)座席はテーブルが4つ、座敷が4つほどでゆったり目です。

20170508130647_p

お昼時なので一番人気の「ミルクぜんざい」だけでなく「三枚肉そば」を注文しました。
他にも「カレーライス」「チャンプルー」「焼きそば」「コロッケ定食」「かつ丼」などの定番メニューもあり「地元の定食」感があります。

ちなみに。。。
「三枚肉そば」600円
「フライ定食」600円
「かつ丼」650円
「トーフチャンプルー」650円
「ミルクぜんざい」360円
とどれも激安!(量は多いデス)

どのメディアでも口コミでも「ミルクぜんざい」は絶品と言われています。
運ばれてきた「ミルクぜんざい」を見るとかなりの大きさでちょっとびっくりしますが、結果としてはペロッと食べられちゃいます。

P1040141

氷のふわふわ感とミルクの絶妙な甘さ、氷の下に隠れるお豆が食感と甘さを更に絶妙にしてくれます。この美味しさはワタシの語学力の文章では伝えきれません。食べなきゃわからないと思いますので名護へスグ行ってください。

20170508130248_p

そして、何気なく注文した「三枚肉そば」ですが、肉の厚みがあって食べ応えあります。麺は沖縄そば特有のもちもち感でさっぱり味のスープと絶妙にマッチします。このスープだと麺の味もしっかりと味わえますし、スープの出汁も感じられます。また定番の「かまぼこ」が何とも言えない!
色んな所の「沖縄そば」食べましたが、今までの中で一番スープはあっさり系で出汁の味がしっかりという感じでした。

P1040143

これなら他のメニューも食べてみたい!と強く感じます。地元の人が通うってのが良くわかりました。

店名:ひがし食堂
住所:名護市大東2-7-1
電話:0980-53-4084
営業:11時~18時頃
定休:正月その他

最終日のランチはかなりの満足感と充実感でした。
この感覚をしばらく浸りたいのは山々なのですが、時間は待ってくれませんので次の目的地を目指すことにします。

あ、そうそう。。。
代金を払うときに「壁に飾ってあった団扇っていいですね」と声を掛けたら「差し上げますよ」と2本団扇を頂きました。最後までアットホームな雰囲気で食事とともに癒されてお店をあとにできました。

もちろん、自宅でお風呂上りに使わせていただいております。


20170508231538_p

さぁ、那覇空港からのフライトまで6時間ほどとなりました。
ここからは那覇空港(レンタカー返却の為、5時間ほど)方面へ向けて進んでいくことにします。

次は、思い入れの強い場所である「読谷」へ向かいます。。。

沖縄旅行記2017⑮へつづく



記事検索

にほんブログ村

ランキングに参加しています。「ポチ」っとな。にご協力していただけたら嬉しいです。

livedoor 天気
楽天市場
  • ライブドアブログ