二足のワラジストPainter&Golfer まもプ

2足のワラジスト(ペンキ屋&プロゴルファー)のまもがペンキ屋とゴルファーの地位向上を夢見て言いたいこと言っちゃうブログ

2007年からペンキ職人へ転身し現在はゴルフとペンキの二足のワラジスト。ゴルフではクラブMOIマッチングの「BoseIlonFactory」所属。ペンキではホンダ塗装所属。2015年からJGRAプロフェッショナル。ゴルフのイベント開催やゴルフと塗装(建物)に関する相談なども受けてます。
塗装の事なら http://paint-honda.jimdo.com
二本でゴルフしちゃうイベント http://nihonopengolf.jimdo.com
ブログでは塗装のあれこれも http://paint-honda.blog.jp

REVIVAL

絶賛撮影&編集中?!

とあるプロから頼まれて池袋へ。


20190607150903_p

こんな感じのレンタルオフィスへ。


20190607150855_p

とあるプロの人気YOUTUBEへ出演することになり。。。


20190607181313_p

撮影してきました。

話が盛り上がり約4時間ほど。

編集作業が入ってちょっとしたらUPされると思います。

かなり面白くマニアックな内容でありながらプロゴルファーの事がわかる内容です。

こういうのめちゃ楽しい!

もっと深い部分で話して知ってもらいたいですね。

撮影後は、スーパーゴルファーと食事へ。


20190607192612_p

おススメのメンチカツやら。。。


20190607191317_p


20190607191321_p

クジラの刺身なんか食べちゃって。


20190607202105_p

スゲー美味かったんでお店を紹介。。。
といきたかったののですが。。。

なぜか、お店の人がテーブルに来て
「うちは小さな居酒屋で。。。」
と言ってきた。

「お酒頼まなくてスイマセンね。運転なんで」
と言いながら他のテーブルには負けないくらいの食事を頼み、売上には貢献してるはず。

頼んだ「煮つけ」を楽しみにライスを残しておいたらいつまでも「煮つけ」は来なくて、聞いてみたら「煮つけは売り切れでした」と。。。

大人なのでさすがにそれくらいでは、ぺろんちょしてボギーにしたくらいの気持ち。

ならライスを食べるにも追加を頼もうということで、
おススメの3品を注文。

追加で頼んだウーロン茶を飲みながら談笑していると再びテーブルに店員さんが来て
「注文は以上で全て出てますから。。。」
「金曜でこれから入ってくるお客もいるので。。。」
「そろそろお会計を(いつまでもウーロン茶で粘るなよって感じ)」

追加を頼んでるからそれが来てないよ。
と伝えると
「それはもうダメです。注文受けれませんので会計を」
って詳細もないちぎった紙に書いた合計金額だけを持ってきた。

ちょっとイラッとしてたので細かい金額は覚えてませんが、八千ウン百円。

ぼったくりではないのですが。。。

食べながら「ここいい感じだね。池袋なら今度からココだね」なんて話していたんですが。。。

無しですね。何なら池袋自体も嫌いになる位の感じ。。。

せっかく楽しかったのに最後はがっかり。。。

2連続OBとか2連続3パットした感じになっちゃいました。

個人的には大人になってから初めてお店を出るときに「ご馳走様」って言えませんでした。

こんなことあるんだな。

エイミン会(夜の部)にドサ参

ワタシが以前、何試合か参戦させて頂いた「MMT9」という試合でご一緒させて頂いたPGAプロの通称「エイミンさん」の主催で忘年会の様な?異業種交流会のような?ただの飲み会のような?「エイミン会(仮称)」という会にどさくさに紛れて参加させて頂きました。

20181128183434_p

MMT9で同組となったご縁と出身の地元が非常に近いということもあって声を掛けて頂きました。

参加は総勢30名前後でエイミンさんの同級生を初め、ゴルフ業界の方、プロゴルファーの方など多彩でエイミンさんを慕う方の集まりでした。

時間的な問題もありますが全員とみっちりお話をする事はできませんでしたが、あっという間に楽しい時間を過ごさせていただきました。

会場は中央線・総武線「三鷹駅」南口徒歩5分ほどにある「トレタテキッチンとれたて食堂3号店」というイタリアンのお店です。
カウンター、テーブル合わせて30~35名ほどが入れるくらいのお店で、店内はオシャレな雰囲気でワインなどが楽しめる採れたて野菜にこだわったイタリアンレストランです。

20181128182840_p

最近は「三鷹」が熱いんです。
三鷹にお洒落で行ってみたくなるようなお店が増えてますので注目ですよ!

会の内容や話をした内容は極秘事項もありますので、最後はお店の美味しそうな料理の写真で食テロ決行して終わりにします。

20181128185537_p

20181128194955_p

20181128203106_p

20181128210803_p

20181128212536_p

20181128213939_p





10月KGRAプロ研修会

10月の研修会が終了しました。

20181022093903_p

結果を先に言うと。。。
散々な結果。。。

今回は茨城県北部の「ロックヒルGC」で開催でした。
前日には3rdQTが行われる太平洋益子PGAでプレーして調整しつつ研修会を迎えました。

「振りやすさ」「扱いやすさ」のNew1Wに期待をもってのプレーとなるはずでした。
太平洋益子では、まずまずでした。

20181022130838_p

が。。。
ゴルフと言うのは、流れがあるのも事実。
ちょっと暴れ過ぎた感があるラウンドとなってしまいました。

まず。太平洋益子。

太平洋益子2018

Teeは一つ前なので距離が短いのでやや強引に1Wを使ってラウンドをしてみました。
INスタートでTeeショットの左ミスは1度だけ左セミラフに入ったのみ。
OUTもTeeショットでの大きなミスはなく、なかなか順調な感覚でラウンドを終えました。

その感じで、ロックヒル。

ロック2018

コチラもINスタート。
出だしはラフに入ったものの悪いショットではなく強いフェードが捕まりきれずと言う感じ。
412Yのミドルでセカンドは130Y(PW)とまずまず。

11番ロングはやや右ドックレックでしっかり打てば2オンが見えるホール。
左バンカーを嫌がってヒールスライスで右の岩場へ。
危うくロストでしたが、ボールが見つかり出すだけのショット。3打目はグリーン左バンカーへ入れて2メートルほどにリカバリーしましたがカップに触れず外しました。
このパットでパターの感覚が微妙に狂っていたのは後で気が付くことになりました。

その後はTeeショットで怖がって打ちながらも14番15番16番と上り2メートルの絶好のバーディーを決められず17番へ。

17番は475ヤードで右に池の絡むホール。
池までは300ヤード近くあること、小雨が降り始めたことで「池」は入らないという仮定して1Wを打ちました。芯食っているもののややフェードでギリギリの池方向へ。。。

池。。。でした。

池手前からグリーンまで200ヤード。
苦し紛れにフライヤーもふまえて4番アイアンで打った会心の当たりはグリーンオン。
が、しかし。

カップは40ヤードのグリーンの一番奥。。。
軽く3パットでした(笑)

折り返して1番でセミラフながら残り225ヤード上り20ヤードからやとバーディー。
2番ショートで奥のバンカーから2メートルを外しボギー。
3番は無理するホールでもなく左は受けていて広いのに。。。
そこへ打ちこんでOB。
打ち直しは残り95ヤードだったことを考えれば。。。

その後もいい感じでプレーしていたものの、スコアは散々。

もう少しTeeショットの対策と練習が必要ですね。

しかし、太平洋益子もロックヒルもグリーン、FW共に仕上がってました。
キレイですし、グリーンは早くてしっかり。

ロックヒルは徐々にグリーンも硬くなってきてピンポジも激しくて難しかったです。
こうした環境下でプレーできたら上手くなりますね^^


9月KGRAプロ研修会

上半期2戦目。
栃木県佐野に近い場所の「唐沢ゴルフ倶楽部三好」で開催されました。

前日の夜にはかなりの雨が降ったのですが、コース内のコンディションは良好。
転圧を何度か行ったグリーンはペタッとして転がりの良い状況です。

ただ、今年の激暑で芝生(特にベント)は弱っていてホールによってはベント芝の詰まり方でアプローチのバウンドやスピンの効き方に違いがでるので難易度がUPします。
これは打ってみるまでなかなかわからないもので難しい判断となります。

20180926081531_p

本人的には調子は悪くなく、Teeショットがキーポイントとなるだろうな。と。。。
なので、Teeショットは細心の注意を払って打っていくことを第一に考えてプレーしました。

結果は。。。
プライベート含めて今シーズンワースト樹立(´;ω;`)



唐沢三好20180926


スタートから徹底的にFWキープを意識してきっちりとバーディーチャンスにつけながらホールを重ねて行ったのですが、3パットと短いセカンドでのボギーで2オーバー。

調子は悪くないのでチャンスが来そうな雰囲気でした。
ショートホールでクラブ選択ミスでバンカーセーブできませんでしたが待望のバーディが来て「ヨシっ」と思ったのですが。。。

取れそうなロングで取りこぼし。。。
フェアウエー120ヤードから奥のラフへ外してダボ。
エッジ10ヤードから乗せて3パットでダボ。
18番ではTeeショットが右バンカーへキャリーしたのに跳ねてOBでトリプルという最悪のパターン。

15番までは何が悪いわけではなく。。。
いや、18ホール通しても調子が悪かったわけでもなくショットが酷かったわけでもない。
なのに、このスコアは。。。

正直言ってどこをどう反省していいのかわかりません(苦笑)

ただ、一晩明けて、背中、右肩、背筋に筋肉痛がある。
ここに何か反省のヒントが隠れているのかもしれません。

切り替えて次戦へ。

です。

しかし、毎度、同じ蝶首亭門下のこの二人には適いません。。。

20180927151814_p

8月KGRAプロ研修会

上半期が終了してこの試合から下半期。
下半期第一戦は栃木の芳賀カントリークラブにて開催されました。

20180828073405_p

大泉ICからは2時間以上かかる場所となります。
今回はスタートが早かったこともあり前日入り。

超穴場なビジネスホテルに宿泊です。
ゴルフ場までは2分、目の前にファミリーマートがある好立地です。

夕食を終えてチェックインした所で鬼雨になりました。
窓を閉めっ切りにしても雨音がうるさい位の大粒の雨。
それもそのはず、スマホには「エリアメール」が入り「洪水警報」が発令されていました。

なかなかお目に掛かれないほどの大雨を見て
「明日はドロドロでプリファードライになるな」
「アイアンで刻むホールの攻め方を変えないとな」
とぼんやり考えながら過ごしていました。

明け方には雨も止んで鳥が鳴いている位になりました。
天気予報は「雨のち曇り」雨もほぼ霧雨のような感じという事でした。

20180828064950_p

コースへ行ってレジストをして当日のローカルルールをチェックすると予想していた「プリファードライ」は適応ではなくそのままのプレー、どうやらあの嵐でもコース内は水もはけて問題ないようです。

20180828144038_p

と思ったら、ゴルフ人生初のローカルルール発見!
あまりの雨が明け方まで降ったためコース内のバンカーだけは整備が間に合わず、水たまりからの救済を受ける場所がバンカー内にないという事で緊急処置がありました。
※一度も入ることが無かったので関係ありませんでしたが。。。

このコースはレンジの奥行きが無い為、5番アイアンまでのショット限定で不安の残る1Wは打つことができませんでしたし、先日の練習ラウンドの際からTeeショットに一抹の不安がよぎっています(いつもだろ)ショートホールでの3番アイアンの使用もないと睨み、思い切ったクラブセッティングにする事にしました。

1Wを2本(EPICとSLDR430)キャディーバックに入れることにしました。
最近の調子や傾向などを見ると「Teeショット次第で」という事がわかっていたので、いつも通りEPIC(9度マイナス、45インチ)とSLDR(9度、43.5インチ)の両方を入れ、SLDRはスライダーを捉まる位置にセットしてホールのイメージで使い分けることにしました。

結果的には、Teeショットのイメージを大事にしてクラブを選ぶことで予想通りになりました。
大きな曲がりはほぼなく18ホールを終えられましたし、ワタシにしてはFWヒットが多いラウンドとなりました(FWヒット12/14)

ピン位置※下記ピンシート参照が振ってあるのでパーオン率は上がらなかったですがプレーの展開としては精神的なダメージを少なくできたのは良かったです。

20180829152318_p

ピンの位置もさることながら、マウンドの上や向こう側などそのグリーンの最難関の場所をチョイスしてピン位置が決められるのが連盟の研修会の通常のスタイルです。

鉛筆で記入してあるのが、プレーしながら自分でメモしたものです。
「フロントエッジまでの距離(各グリーンの下)」
「ピンまでの距離(丸の真ん中)」
「使用したクラブ」
が記入してあります。

各ホール、セカンド地点で歩測しながらピンシートに記入して距離をハッキリさせています。

このコースの場合、グリーンが小さめ(各ホール30ヤード以下)なのでフロントエッジまでの距離をしっかりと打つことが前提でクラブ選択します。
フロントエッジから15ヤードや20ヤードなどの場合はクラブを1番手上げることもチョイスします。
とはいえほとんどのホールは所謂「Between」な場面です。
フロントエッジから「5ヤード飛ばす」「8ヤード飛ばす」という考え方にしています。

この日は、3番、6番、10番のウエッジのショットが思いのほか飛んでしまい全てグリーンをオーバーしてしまうという事があったのがスコアが伸び悩んだ一因かと思います※下記スコア参照

kgrahaga2018

終始全てのクラブが「数ヤード飛んでいない」(理由としては明け方までの雨で湿気が強く飛距離が出ない。1Wはランが出ないので飛距離が出ない)のを感じ取っていたのでウエッジでは意図的にしっかり目に打っていった結果、ピンハイに落ちて奥の下り傾斜で跳ねるという形だったのですが、それらをサラリと寄せられていればパーオン率も70%を超えますのでかなり良いゴルフだと感じられるラウンドだったのがわかります。
とはいえ、ミスをしたあとのアプローチではHAYABUSAが活躍してくれたので大きなスコアの崩れに成りませんでしたし、パーで凌ぐという流れを維持できたのだと思います。

8番から5番までのアイアンでの精度が高くなって小さなグリーンでもHITできているのでその辺りはここ数年で良くなっているポイントかもしれません。

客観的に残った資料を見ると、8番アイアン以下(8番、9番、PW、AW、SW)で打った場合にバーディーの確率が高くなっているのでその辺りも頭に入れつつプレーすることが必要かもしれません。

今回は結果としては「21位」でトーナメントプロやQT上位者もいる中ではまずまず健闘しているという部分は自己評価できるとしても、何とか蝶首亭一門※下記にて説明での上位フィニッシュを達成したいと思います。

※蝶首亭 一門(ちょうねくてい いちもん)
「蝶首亭」は蝶ネクタイをしてプレーするゴルファーの集まり(一門)に名付けられた。
始まりは落語芸術協会真打の東生亭世楽(とうしょうていせらく)師匠やゴルフ業界の師匠や会長と呼ばれる人の元へ「クラブMOIマッチング」がきっかけで集ったプロゴルファーが蝶ネクタイをしていた事からこれらの選手を指し「世楽師匠」より名前を頂戴した。8/29現在確認が取れている一門は「蝶首亭抜隼」「蝶首亭最高」「蝶首亭龍馬」「蝶首亭塗立」「蝶首亭駿馬」となっている。



記事検索

にほんブログ村

ランキングに参加しています。「ポチ」っとな。にご協力していただけたら嬉しいです。

livedoor 天気
楽天市場
  • ライブドアブログ