二足のワラジストPainter&Golfer まさ

2足のワラジスト(ペンキ屋&プロゴルファー)のまさがペンキ屋とゴルファーの地位向上を夢見て言いたいこと言っちゃうブログ

紆余曲折、2007年からペンキ職人へ転身。仕事の付き合いで5年ぶりにゴルフを再開後2009年より二足のワラジストへ。2015年にはJGRAプロフェッショナルになりゴルフのイベント開催やゴルフと塗装(建物)に関する相談なども受けてます。ゴルフと沖縄と塗装が大好きなおっさんが好き勝手にブログにしちゃってます。
塗装の事なら http://paint-honda.jimdo.com
二本でゴルフしちゃうイベント http://nihonopengolf.jimdo.com
ブログでは塗装のあれこれも http://paint-honda.blog.jp

パーシモンマスターズ

パーシモンマスターズ開催されちゃいました①

第5回のパーシモンマスターズが開催されました。

今回は、KOSHIGAYAゴルフクラブ。

私、個人的には大好きなコースです。

※決してスコアがイイというわけではありません。



pm1


ご存知の方も多いとは思いますが、

河川敷にありフラットなコースながらハザードも絶妙に配置されていて

なかなか手ごわいコースです。

中でも、「バミューダ芝」

メイングリーンもフェアウエーもラフもバミューダメイン。

関東以北ではなかなかお目にかかれない。

メイングリーンがバミューダって本州ではないのかも?


フェアウエーはペタっとした状態になります。

ラフでは短くてもスポッとボールがもぐります。

グリーンはトントンと跳ねてしまいます。

私は「なんでみんなこの芝にしないんだろ?」

と疑問に思うほどお気に入りな芝です。

※難易度は高いです

ピッチマークも付きにくいし、グリーンは固くできる。

早くすることもできるし試合などにはもってこいだと思います。

何ならオリンピックもここで開催でいいかも!

※言い過ぎか。。。


ということで、本題に戻ります。

今回のパーシモンマスターズは、

KOSHIGAYAの11時スタートスループレーで行われました。

毎度のことパーシモンをはじめレトロなクラブが大集結しますので、

その試打会も9時から行われました。

試打会は自由参加なのですが、全員8時には集合するという

気合の入り様でした(笑)



pm3


今回は、BoseIronFactryファルコンさんのご厚意で

巷ではにわかに噂の最新「ロッデオ」の試打から

ヒッコリーシャフトのクラブの試打まで。。。

時代で言えば200年近く差のある試打会となりました。


天気も良く、

スタート小屋脇のオープンカフェ的なスペースで

スタートの説明などを行い。OUT INに分かれてスタートします。



pm02


パーシモンとエースアイアンを組み合わせる人、

ヒッコリーのみの人、

糸巻きボールを使う人、

ヒッコリーと自作のウッドだけの人など

思い思いにラウンドを楽しみます。

もちろんスコアは二の次、楽しむことが第一です。


こういうイベントで必ず言われる事。

「これでPLAYするのへ~すごい!」

「飛ばないからスコアにならないでしょ?」

などなど。。。

そりゃ、全てのクラブがいきなりヒッコリーで糸巻だと

思い通りには全く行きません。

でも、ドライバーがパーシモンなくらいでは

スコアに影響することはほぼありません。


今回は19名参加で、

平均95.52ストロークでしたから。。。

一般的なゴルファーが集結してますから、

まずまずのスコアだと思います。


長くなりますので内容はまた明日。。。


パーシモンマスターズだぁ!


0edf36e6.jpg


f35feac5.jpg


ba5899cb.jpg


inKOSHIGAYA
バミューダ、パンパングリーン、風などなど。。。

ココのコースはかなりいいよねー。
なんならオリンピックやってもいいよ。


パーシモンマスターズへむけて

気持ちはパーシモンマスターズへむいちゃってます。

パーシモンでゴルフってことはもちろんのこと、

今後の自身のゴルフの展開を担うことになるのかな。。。


MOIマッチングの凄さとか

現代のクラブと以前のクラブの性能の違いとか。。。


今のクラブは「飛ぶ」ってことになってますが、

本当にそうなの?

みんな疑問に思わないのかな?


よく言われるのは、

パーシモンのころのクラブは重たいから

今のクラブが振れるから飛距離もUPしてる。

本当に今のクラブって振れます?


正直言って振れてる人って少ないと思いますが。。。


てことは、昔とか今とかって問題ではないってことでしょう?

では、振りやすい昔のクラブがあれば飛ぶってことですよね。


てことで、お願いして作っちゃったんですよ。

振りやすいパーシモンを。



d34c93ff.jpg


MOIマッチングだからこそできること。

確かにヘッドが小さいから芯は小さいかもしれません。

でもそもそも芯に当てる技術はそんなに違いがないはずです。

だってパーシモンやメタルからチタンに移行しても問題なく皆さん打てますから。


むしろヘッドが小さい分だけ操作性は上がりますので、

変化やその他に対応することができますし、ヘッドの直進性や空気抵抗は少なくなります。


もしこれで、新旧対して変わらないとしたら、

パーシモンとは言いませんが、自分に合ったクラブを使う選択肢が広がります。

(新製品を販売しているところからは睨まれるでしょうが・・・苦笑)



de5d0e7e.jpg


まだコースで使用してませんのではっきりした結果を出すことはできません。

ただ可能性はあるので僕自身注目していて期待していることなんです。


今の時点でユピテルの計測では、

今までのクラブ・・・ヘッドスピード49.5くらい

パーシモン・・・ヘッドスピード 48くらい

単純計算で飛距離差は5ヤードほどか。。。


その他ヘッド重量の差やインパクトの迎え方などに違いがありますが、

反発などを考えると見劣りするとは考えられません。

むしろ私のスイングに当てはめるとパーシモンの方がインパクトが理想に

近い形で迎えられる可能性が高いかもしれません。


万人に同じことは言えませんが、

可能性という部分では、何かあり得るのかもしれません。

やってみなければわからないってことですね。


まずは、新たに組んだパーシモンのスペックを載せておきます。


ヘッド パワービルド

フェース角 0度

ロフト 10.5度

ライ角 58.5度

レングス 43.23インチ

重さ 320グラム

シャフト バイメイト X 65グラム

バランス D1.7

振動 294cpm

MOI値 2700kg-cm2


私には細かなことはわかりませんしバランスってなんだ?

って感じなのですが、振った感じは何の違和感もなくアイアンと同じでした。

このスペックはタメて打つタイプにあっているとのことです。

シャフトは同じものを以前使用していたことがあるので問題ないと思います。



cfd09c9e.jpg


このパーシモンと最新の世界No1アイアンをバックに忍ばせて

これからは度肝を抜くセッティングにしていく予定です。

実はパーシモンマスターズだけじゃない予定ですがね。。。


って、パーシモンマスターズの話から外れてる!(笑)


パーシモンマスターズは8月23日 越谷で開催。

若干の空きがあるそうなので希望者はお早めに!

パーシモンを持ってなくても当日試打してもらえちゃうらしいです!



ada704bf.jpg


972b05c7.jpg

記事検索

にほんブログ村

ランキングに参加しています。「ポチ」っとな。にご協力していただけたら嬉しいです。

livedoor 天気
楽天市場
  • ライブドアブログ