二足のワラジストPainter&Golfer まさ

2足のワラジスト(ペンキ屋&プロゴルファー)のまさがペンキ屋とゴルファーの地位向上を夢見て言いたいこと言っちゃうブログ

紆余曲折、2007年からペンキ職人へ転身。仕事の付き合いで5年ぶりにゴルフを再開後2009年より二足のワラジストへ。2015年にはJGRAプロフェッショナルになりゴルフのイベント開催やゴルフと塗装(建物)に関する相談なども受けてます。ゴルフと沖縄と塗装が大好きなおっさんが好き勝手にブログにしちゃってます。
塗装の事なら http://paint-honda.jimdo.com
二本でゴルフしちゃうイベント http://nihonopengolf.jimdo.com
ブログでは塗装のあれこれも http://paint-honda.blog.jp

未分類

それでも救急車よびますか?


kyu


いつも行く地域の診療所。

子供のころからお世話になっている病院です。


そこの待合いい座っていてふと横を向くと

↓のチラシが貼ってありました。






救急車の適正利用。

と書かれたそのチラシ。

確かにかなり前から「必要のない時に救急車を呼ぶ」って問題が言われていて小耳にしたことはあったのですが、こうして改めて活字で読んでみてなんだかすごく気になっちゃいました。


前の診察の子供が一所懸命に先生にお話しているのを聞きながらじっくり読んでみました。


読みながら、いろんな場面が脳裏によぎりました。。。


普段の生活で、救急車が道路を走り、車は避ける。

その間を縫って救急車は患者さんを搬送する。

でも、歩行者や自転車は知らんぷりで救急車が立ち往生。

なんて光景を見て「イラッ」とすることはあります。


私は救急車には乗ったことありませんし、呼んだことも呼ばれたこともありません。

が、もし自分が、、、もしくは家族が重症で救急車を呼んだときに、このチラシのようなことで搬送が遅れてしまったら。。。と考えたら、恐ろしいことです。


救急車を利用する人は、530万人以上いるそうです。

そのうち危険のある重症は8%ほど。

一番多いのが「軽傷」者の50%だと。。。


そのほとんどが歩いて帰宅したらしいんです。


10年で救急車の到着は2分も遅れているそうで、こうした軽症者の救急車の利用が減って来ればかなり改善されることなのかもしれません。


上のチラシの写真でもありますが、

「子供が友達と遊んでいて転び、膝を擦りむいて母親が呼んだ」

「タクシーで病院に行くとお金がかかるから救急車を呼んだ」

「ドアに指を挟み爪がはがれたから呼んだ」

「熱があるが救急車で行けば優先的に診てもらえるから呼んだ」

などがあるそうです。


確かに、呼ぶか呼ばないかの判断が付きにくい場面はあるかとは思いますが、この理由はただのわがままでしかないもの。そうした逸脱した考えはなくしてもらいたいものです。


最近では、「相談センター」といって、救急車を呼ぶかどうか悩む場合などには、

#7119

へ連絡すると親身に適切に教えてくれるそうです。




クラブ2本でゴルフ

niho

2本でゴルフをしてきました。
14本を駆使してPLAYするのが当然だと思っている人が多くいますし、
それが当たり前だと思っている人がほとんどだと思います。
「2本でゴルフすることに何の意味があるのか?」
という人も多くいます。

減らせばいいってものじゃないのは確かです。
ただ、最初からたくさんのクラブでゴルフをすると
「クラブ個々の実力を発揮できないまま」
だったり
「クラブの本当の性能に気が付かないまま」
だったりすることが多いのです。
少なくても、私の知る限りのアマチュアはそうだと感じます。
もちろん、私自身も「もしかしたら?」と感じることがあります。

そして、14本で当たり前になると「戦略」の感が鈍ることもあります。
コースをマネジメントするにあたり、
「どうやって組み立てるか?」
「なにを考えるか?」
などまだまだ分からないことばかりで、これらを知ること、感じることで
今後の自分のゴルフの幅を広げることができると思います。

ま、とにかくやってみるのが一番だと思いますが。。。

とはいえ、普段のラウンドで2本でPLAYってなかなか勇気がいりますよね?
練習場で2本で打っても。。。ね?
※MOIマッチングしてあるクラブなら意味はありますが。。。

練習を兼ねたコースPLAYで2本、
しかも、競技形式だったらなおさら。。。

いつでも14本も要らないよ!
とは言いません。
目的と思いを持って2本でPLAYすると見えてくる世界がありますよ。
できれば、簡単な(シャフトの柔らかい)ミドルアイアン以上のクラブがイイかも。
ちなみに私は、7UTのRシャフトでPLAYしてみました。

ウエッジが使えない状況で、
如何にその場のベストを尽くすか?
ゴルフの原点です。

一番気が付くのは、
「普段のスイングがいかに力みすぎか?」
ってことでした。

100%だと思っているスイングは、
140%ぐらいで振っています^^:
70%ほどで振ったつもりが100%だったりします。

いつものスイングのチェックにもなります。

「技術向上の一環」

だと思いません?


mai
記事検索

にほんブログ村

ランキングに参加しています。「ポチ」っとな。にご協力していただけたら嬉しいです。

livedoor 天気
楽天市場
  • ライブドアブログ