二足のワラジストPainter&Golfer まさ

2足のワラジスト(ペンキ屋&プロゴルファー)のまもがペンキ屋とゴルファーの地位向上を夢見て言いたいこと言っちゃうブログ

2007年からペンキ職人へ転身し現在はゴルフとペンキの二足のワラジスト。ゴルフではクラブMOIマッチングの「BoseIlonFactory」所属。ペンキではホンダ塗装所属。2015年からJGRAプロフェッショナル。ゴルフのイベント開催やゴルフと塗装(建物)に関する相談なども受けてます。
塗装の事なら http://paint-honda.jimdo.com
二本でゴルフしちゃうイベント http://nihonopengolf.jimdo.com
ブログでは塗装のあれこれも http://paint-honda.blog.jp

塗装

八王子リフォーム改修本銚子駅

有吉ゼミという番組内の「八王子リフォーム」というコーナーはご存知でしょうか?

そのコーナーの派生として今年の夏の「24時間テレビ」で「本銚子駅駅舎リフォーム」というコーナーがあったのを記憶の人もいるかと思います。

24時間テレビの放送内では、主に小学生達が利用することになる古くなった本銚子駅(銚子電鉄)の駅舎を24時間でリフォームするというものでした。

テレビ的な都合や演出があることは当然ですし、あくまでも「芸能人のDIY」の延長ですから本職がとやかく言うことはないのはもちろんなのですが。。。

とはいえ、建設業界の一員としてはなにかと気になることでもあります。

有吉ゼミは楽しく拝見しますし、八王子リフォームのコーナーは毎回「なるほど」なヒロミさんのアイデアもあり楽しみにしています。

なので尚更気になります。

細かいアイデアを間近に見ることはもちろん、「どの位の仕上がりなのか?」
というのも気になります。

事前にある程度の段取りはしているとは思いますが、無理な時間設定でどんなことができるのかというのも気になる点です。

機会があったので実物を見に行ってみることにしました。

DSC_0965

JR銚子駅から銚子電鉄に乗り換え数駅移動すると本銚子駅になります。
車でも銚子駅から数分で着くくらいの場所になりますが、なかなか判りにくい場所にありますしこの駅の利用客はほぼ目の前の小学校へ通う人なので静かな場所になります。

DSCPDC_0003_BURST20171230100524627_COVER

建築に限らず「モノをつくる」ということで「時間の制約」を決める(無理な制約)ことは「モノの仕上がり」に大きな影響がでることは想像できます。

DSC_0977


DSC_0969


DSC_0971


DSC_0967

20分掛かる煮込み料理を10分で作ることの仕上がりのリスクは判ると思います。
同じように、延べ30人以上5日掛かる作業を10人1日で仕上げることのリスク(不都合)は想像以上です。

ただ今回のこの番組での取り組みで「どの位の仕上がりか?」「どの位の満足度か?」「どの位の耐久性か?」などを知ることは建築(リフォーム)業界の一員としては必要だと思っていました。

ヒロミさんのアイデアやセンスを感じることができたのはもちろん、その影で職人の苦悩と葛藤と努力が見えたことは、やっぱり見ておいて良かった。と感じました。

DSC_0968


リフォームに注目がされる事は非常に嬉しいことでありがたい事です。
まだまだキレイにすれば使えるものがたくさんあり、それが見直されることは嬉しいことです。

ただこういう番組で注目されたばかりに、5日掛かる作業を3日でやってくれ(できるじゃないか)なんて注文が増えることは困ることですし、最終的には発注するお客さんが損をする事になってしまうのです。

建築に限ったことではないですが、急かすことでリスクが高くなることは当然なこと。

正確に作業している人がスピードアップすることはできます。でも間違った作業を早く行う人が正確な作業をするようになるのは難題です。

まず第一に目指すのは「時間があれば正確に作業できる」ということになります。
そのあとに正確さを失わずに早くする方法を実行していくことが大事です。

より早く、より良いものを提供していきたいと思っています。

ホイール塗装からのタイヤ交換

愛車の冬用タイヤ履き替えついでにスタイルアップしてみました。

[画像:d8afb3db-s.jpg]

純正アルミ装着時

[画像:58ec58ed-s.jpg]

冬用タイヤ装着時

細かくは順に説明していきますが、↓の写真のようにアルミをセルフで塗装して履き替えてみました。

[画像:8f29db9d-s.jpg]

購入したアルミ&冬用タイヤ

[画像:96ee3af5-s.jpg]

ホイール付きでタイヤ(冬用)を安く購入しました。
数十万もする新品のホイールはとても買えませんので(苦笑)
中古でタイヤ付きのアルミを購入しました。

中古ではあったのですがキズキズだったわけではないのでそのまま履き替えてもよいという判断をしていたのですが「せっかくだから塗装してみよう!」と思い立ちやってみることにしました。

「アルミホイールを塗装する」と考えてしまうと、
大仕事で簡単にはできないと思ってしまいます。

でも特別な道具は必要ありませんし案外簡単にできちゃうものです。
今回使ったものは近所のホームセンターで準備しましたヨ。
必要なものは養生(新聞でも可)とペーパーと材料くらいですねo(^o^)o
場合によっては塗料(スプレー缶)だけでもいいかもしれません。

それではホイール塗装いってみよぅ~!

まずは、養生です。
[画像:ffa2ec89-s.jpg]
これ大事な作業です。
これで仕上がりのできが決まるといってもいいかもしれませんのでしっかりとやりましょー!
ただ、今回のブラックの塗装ならタイヤと同じような色なのでちょっと余裕がありますね。

養生ができたら、ペーパーです。
ちょっとしたキズならペーパーで消えてしまうかもしれません。
もし、キズが気になる場合は、ペーパーの前にパテなどで埋めて表面をならすのがいいですね。今回のペーパーは800番のペーパーを使いました。ペーパー1枚で4本のホイールができちゃいます。
[画像:a24ba29e-s.jpg]

ググったりすると、ペーパーは600番でやって800番でやって1200でやって。。。なんていうのもあったりしますが、ちっちゃいことは気にするなワカチコワカチコ!です。
時間に余裕がある人や細かくやるんだ!って人は丁寧にやっていくことをオススメします。

ペーパーをかけると↓の写真のように白くなってきます。表面が削れてる証拠です。
表面が削れ細かいキズがつくことで塗料の密着度があがります。

今回ワタシは次の工程で出てくる「ミッチャクロン」という下塗り材を使用することや、シーズンだけ塗装が持てば良いという判断なのでペーパーはそこそこでOKにしました。

[画像:c833a5ab-s.jpg]

ペーパーででた細かな粉や汚れを拭き取り、下塗りに入ります。拭き取りは濡れ雑巾、あれば、シンナーを浸した雑巾で拭きます。

[画像:814fe893-s.jpg]

下塗りは「ミッチャクロン」を使います。
本業の塗装でも使うのですが、その名の通り密着させるための塗料です。今まであまり良しとされなかったアルミなどの塗装が可能になったのもこうした下塗り材のおかげです。
スプレーもあるので結構気楽に塗装できるのはありがたいものですね。

透明な材料なので、塗りもれが無いようにまんべんなく塗装します。乾燥すると塗ってあるところがほぼわからなくなります。ただ、この材料は厚塗りすることでの得はなにもないので薄塗りでOKです。というか薄塗りがおすすめです(薄塗りの方が仕上がりがキレイです)

[画像:99a27a6b-s.jpg]

ミッチャクロンはメーカー表示だと15分ほどで上塗りができるということなのですが、30分ほど放置します。特に気温が15度を下回るときには長めの乾燥時間を取ることをオススメします。

上塗りに入って行きます。
今回はシリコンスプレーの艶消しブラック。
上塗りの注意点は、一気に吹き付けないこと。が一番大事です。
塗料の付きすぎで垂れができないようにするのが綺麗な仕上がりのコツです。
なので、重ね塗りをします。今回は結果的に4度の重ね塗りになりました。

1度目は。。。
[画像:a22b1448-s.jpg]
この程度。
うっすら黒が付いた程度です。

触ってもペタッとしないくらいに乾燥したら上塗りをしていきます。今回は20分ほどの乾燥時間をとりました。

これを4回繰り返して↓のようになりました。

[画像:3c2e3119-s.jpg]

塗ったばかりは艶がありますが、十分に乾燥させると艶も落ち着きマットな仕上がりになります。

ちなみに、今回は3本のスプレー缶を用意しましたが。。。
結果的には2本使うか使わないかでした。。。

本職としては、この段階で数日乾燥させてもう一度仕上げ塗りしたいところですが、何年ももたせることは考えてない(ワンシーズン)のでこれで完了としました。

[画像:f042ad05-s.jpg]

塗装の耐久性は気になるところですが、ナットを締めるときにレンチがコツンと当たったときに当たったところが剥がれる危険はありますが、通常使用ならまずまずの耐久性だと思います。

写真を観てもらうとわかる通り案外簡単にスタイルアップできたり、中古のホイールを中古ぽくなくしたりできるならなかなか良い方法かなぁと思いました。

案外気軽にできるのでぜひチャレンジしてみてください!

夜勤作業いん川崎

滅多にないことなのですが、
商業施設やお店などは「夜間」に作業を行わなければならないこともあります。

20171130212921_p

今回は川崎駅、目の前の施設での作業でした。
営業が終わる頃に作業を開始となりました。

作業内容は「バックヤード」の廊下天井塗装です。
漏水か何かでシミの出た天井を綺麗にすることになりました。

一部分は天井貼り替えからの塗装。
一部分は現状の天井を既存色にて塗装。
という内容です。

20171130230135_p

天井貼り替えにしても、現状を塗装にしても
「既存の天井色に合わせて塗装」
というのは何かと難しいものです。

経年劣化している色に合わせるということが至難の業ということもありますが、
天井だけ塗装する為、壁への塗料の付着を防ぐため養生をします。
その養生を剥がすときに塗面も剥がれる事が多いので、その部分も補修する。
という事は、壁の色に合わせた塗料も必要となります。

こんな↓感じのシミが
20171124205623_p

所々にできてしまっているものを

20171130211731_p

色を合わせて補修や塗装を数度繰り返し。。。

20171201011704_p

こんな感じに↑仕上がりました。

20171201011713_p


作業は2日に渡り行いました。

最終日は19時半から作業を開始して、26時頃に終了。

片付けなどをして、帰宅となりました。

もちろん、帰りには環八のラーメンやさんにて夜食を。。。

20171201021921_p

20171201022423_p

がっつり頂きました。
これで780円はコスパがいいです^^

深夜なのに結構お客さんが入ることに驚きながら
味噌ラーメンを堪能して、夜勤終了となりました。

慰労会という楽しいヒトトキ

今回はゴルフの話ではないのですが。。。

先日、ホンダ塗装の職人と「慰労会」をしました。
建築系、特に現場で作業をする職人さんや直接現場に入っている会社などでは「あるある」なのですが「長期の現場」や「大きな現場」や「大変だった現場」が無事に終了した時に「慰労会」と言う名の「ノミニケーション」を行うことがあるのです。
※時期が違えば「暑気払い」ですかね。

ホンダ塗装でも先日まで(比較的)長く携わる現場が無事に終了したことで「慰労会」開催となりました。
ほとんどの場合、場所はできる限り「地元」で選ぶことがほとんどです。
今回は先日ゴルフでご一緒させていただいた方に紹介された地元の「29グリル」というお店にしました。ご予約もして頂きましたありがとうございました。
お店の情報はリンク先を見ていただければと思いますが、豊富なドリンクメニューと多国籍料理のお店で駅から30秒のビル2階にあるお店です。

店内は落ち着いた雰囲気のバーという感じで居心地の良い空間です。
「飲み放題プラン」などもありお得感満載でした。

事前に予約をしていたのですが、時間に到着し案内された席に着いて最初に気が付いたのが。。。

20171111190208_p

このボードでした。
ワタシの気のせいかもしれませんが。。。
「予約席」にわざわざこれをスタッフさんが描いたと直感。
この気持ちが嬉しいし、人気地ではなく地元感が感じられました。

20171111190903_p

キンキンに冷えたビール。。。

20171111192139_p

キンキンに冷えたお店自慢のオリオンビ。。。違う。ハイボール。

20171111192358_p

カシスオレンジ。。。


20171111194334_p

シングルモルト山崎12年。。。

ま、しこたま飲みホーダイしました(笑)
この時ばかりは翌日のHARE月例は忘れたことにしました^^:

20171111191352_p

生野菜サラダ

20171111192517_p


鶏のタタキ

20171111192712_p

チーズフライと唐揚げ

20171111193429_p

ポテトフライ

20171111194417_p

ローストビーフ

20171111195344_p

ドイツソーセージ

20171111200146_p

パスタ揚げ?

20171111201254_p

なんだっけ?あひーじょ?

20171111203931_p

ミックスピザ

20171111204940_p

チーズ三種盛り

20171111213812_p

ドルチェ。。。

いや~~~。食べました。。。

2時間半はあっという間でしたが飲み放題で大満足。
職人さん達も珍しく「二次会じゃ~」とは言わずに帰宅しました(笑)


聖地へGO⑤「屋根もD型倉庫も」

日頃の行いが良いからか3日目も朝から天気に恵まれました
快晴気温18°、湿度50%以下。。。
まさに「絶好の塗装日和」です!

本音を言うと、
3日目のこの日あたりには完成の目途が立ってほしいものです。
実質作業ができるのは4日半ほどしかないですし、
正直言えば「観光」や「ゴルフ」もしたいところ。

動物達のコンプリートもしたいところです(笑)
※ノラタンチョウ、ノラキツネ、ノラエゾシカ、ノラクマなどなど

しかも天気予報では翌日の4日目は降水確率80%の雨模様。。。
増々、この日が重要となります。

早朝から靄も少なく作業の進行にはなにも問題ないので、
思っている以上に全体的に順調に進んでいきます。

屋根の塗装ももちろん順調に進みます。
※朝もやや朝霧などで露が屋根に残っていると作業がストップしますから。。。

DSC_0109


DSC_0148b

1人でやっていた屋根塗装作業だったのですが。。。
溶接作業担当のヤマさんが担当作業を終え屋根塗装に合流してくれて更に更にスピードアップ!

DSC_0145b

倉庫の壁画の方はというと。。。

DSC_0110b

どうやら順調(?)に進んでいるようです。
アーティストっぽく一人で黙々と作業を進めています。

DSC_0113b

でっかい脚立に乗ったり。。。
遠くから全体を見たり。。。
ちっちゃいはしごに乗ったり。。。
タブレットで画像をチェックしたり。。。
高いはしごを登ったり。。。

色んな事を繰り返しながら壁画は進んでいきます。

DSC_0130b

正直言って、まだどんな絵になるのかわかりませんね(苦笑)

とはいえ着実に完成に近づいていることは間違いありません。
屋根&壁画共に徐々に終わりの目途が立ってきたのは幸いです。。。

と15時を過ぎそろそろ日が落ちてきたかなぁ。
なんて思いながら作業をしていると。。。
※弟子屈は17:19が日の入り(9月末)ちなみに12月14日は15:47

DSC_0152b

広大な敷地の一角にいつの間にかBBQの準備が進んでいます。

下準備を終えた食材が運ばれ、隣町からは大量の新鮮野菜が到着しました。
どうやら3日目の夕食はBBQパーティーのようです。。。

仕事をする手にも更に力がこもります(´∀`*)



◆各記事は下記からどうぞ◆
聖地へGO⑱「ありがとう。てしかが」
聖地へGO⑰「最後の作業と鳥居」
聖地へGO⑯「コッヒー最後の日」
聖地へGO⑮「B級グルメエスカロップ」
聖地へGO⑭「根室ゴルフクラブ」
聖地へGO⑬「その時がやってきた!」
聖地へGO⑫「暗闇の峠越え」
聖地へGO⑪「知床の落日」
聖地へGO⑩「オシンコシンとゴジラ岩」
聖地へGO⑨「天に続く道」
聖地へGO⑧「知床がみてみたい」
聖地へGO⑦「看板ど~すっかな」
聖地へGO⑥「壮大にBBQ大会」
聖地へGO⑤「屋根もD型倉庫も」
聖地へGO④「肉割烹田村」
聖地へGO③「ノロッコ列車はゼンマイ仕立て」
聖地へGO②「まずは腹ごしらえ」
聖地へGO①「タラップで機内へ」
聖地へGO「壁画編」「壁画ができるまで」
聖地へGO「番外編」「出会いは突然に」
記事検索

にほんブログ村

ランキングに参加しています。「ポチ」っとな。にご協力していただけたら嬉しいです。

livedoor 天気
楽天市場
  • ライブドアブログ