二足のワラジストPainter&Golfer まさ

2足のワラジスト(ペンキ屋&プロゴルファー)のまもがペンキ屋とゴルファーの地位向上を夢見て言いたいこと言っちゃうブログ

2007年からペンキ職人へ転身し現在はゴルフとペンキの二足のワラジスト。ゴルフではクラブMOIマッチングの「BoseIlonFactory」所属。ペンキではホンダ塗装所属。2015年からJGRAプロフェッショナル。ゴルフのイベント開催やゴルフと塗装(建物)に関する相談なども受けてます。
塗装の事なら http://paint-honda.jimdo.com
二本でゴルフしちゃうイベント http://nihonopengolf.jimdo.com
ブログでは塗装のあれこれも http://paint-honda.blog.jp

パワスポ

沖縄弾丸旅行記⑭

いや~ホントこの辺りで時間が迫ってきました。
とはいえ、想定内ではありますが。。。

まだまだ陽は高く、まだまだ行きたいところはあります。

できれば、あと2か所。許されるなら3か所、4か所観たいところがあります。
次に向かったのは「猫島」とも言われている「奥武島(おうじま)」です。

猫と聞いたら行かなくちゃいけないですからね^^

あざまサンサンビーチから南の海岸線を戻る形で10分ほど走ります。

先ほど通った「ニライカナイ橋」を横目に通りすぎ、しばらく走ると「奥武島入口(おうじまいりぐち)」という交差点が見えます。
案内通り左折して海へ向かうと目に前には橋と島と海が見えます。
200メートルほどの橋で結ばれた離島が「奥武島(おうじま)」で、別名「猫島」とも言われていて「猫」や「てんぷら」で人気の離島です。

奥武06

島の周囲は2キロほどで車で回ったら5分もあれば一周できてしまうくらいの大きさです。
橋を渡りまず正面に見えるのは大人気で行列ができる「天ぷら屋さん」があります。
この天ぷら屋さんから右には奥武ビーチ、左には港があります。
港には無料の駐車場があるのでココへ車を停めました。
駐車場やその周辺には、のんびりとした猫たちがいるので駐車するのにも注意が必要なくらいです。

奥武08

奥武島はモズクの生産地としても知られていて、獲れたばかりのモズクを揚げたモズク天ぷらは、観光客だけでなく地元の人からも人気の食べ物です。
島では、人も猫もゆったりのんびりで、ココだけ時間の進みかたが3倍くらいなのかと思うほどで、のんびりするには最高な場所です。

奥武09

車を降りると、ふらふらと猫たちが集まってきます。
どうやら地元の人達などに可愛がられていて人を全く警戒していません。しかも車も警戒していないのはちょっとびっくりします(笑)

奥武10

ご飯を貰ったり、かわいがってもらったりしているので近づいてくるんですね。

奥武07

駐車場のすぐ脇には2014年にOPENした「いまいゆ市場」という場所がります。
地元の鮮魚店や農家のお店が幾つも入っている場所で、地元の食べ物などが売られていて本島からも買い物にくる人もいる場所になっています。

※いまいゆ市場
沖縄県南城市玉城奥武19-9 奥武漁港内
9時~18時 定休日なし 駐車場あり

今回は見れませんでしたが「奥武島ハーリー(奥武島海神祭)」という島が一番盛り上がる行事が旧暦の5月4日に行われます。伝統漁船であるサバニで競そわれるのですが、沖縄で行われるハーリーの中でも最も勇ましく豪快なハーリーという事で大人気です。

時間を忘れ猫と戯れて地元産のお土産を買いこみ島を後にします。

島を出て更に西へ向かい「港川人」が発見された付近を通り抜けて空港方面へ向かいます。
いよいよ弾丸旅行も終わりが近づいてきました。
向かうのはレンタカー屋さんです。

もう少しでレンタカー屋さんへ着くなぁというところでしたが「もう一件行こう!」と思い立ち、少し寄り道を決意します。向かうのは「美々ビーチいとまん」です。

事前にチェックした「インスタ映え」スポットがあることを思い出したのです。

空港からは南へ10キロもないくらいの場所です。

DSC_1703


DSC_1702

おっさんにはどう撮っていいのかわからない(笑)
なので、こんな壁があったよ!って写真だけです(笑)

レンタカーを返却し、ほぼ予定通りに那覇空港へ到着。
あとは自分のお土産を見てゆっくりしようと思っていました。。。。。

念の為に飛行機の確認をとおもい出発の案内板をみると「ディレイ」の案内。

最初に見た時には15分遅れだったのですが、買い物を終えて最後の晩餐を購入して保安検査場を通過した頃には30分。。。40分と遅れ最終的には最終便と同じ時間の出発となりました。

DSC_1706

どうやら、羽田空港で滑走路に不備があり全てのフライト時間が狂ったそうでした。

DSC_1705

飛行機の中で食べる予定の最後の晩餐は飛行機へ乗る前に終了。

DSC_1704


DSC_1709

とはいえ遅くはなりましたが無事に那覇空港を飛び立ち帰宅できました。

飛行機が遅くなったことで道路は空いていて羽田空港に到着したのは23時過ぎでしたが自宅には24時には到着できたのは怪我の功名とでもいうところ。。。

最後までラッキーのような感じのまま弾丸ツアーが終わりました。






沖縄弾丸旅行記⑬

ニライカナイ

ニライカナイ橋。
こんな感じです。

橋の高い位置に車を停められる場所があって、こういう写真が撮れるんですが。。。
個人的にはこの橋を車で走りながら渡る時が気分は最高なんです。

今回ワタシは通過しただけなので見られる側、撮られる側でしたが(笑)
この橋を気分よく渡り、目的のインスタ映えスポットへ向かいます。

次の目的地は、この橋からは10分ほど走ったところにあります。

DSC_1676

南城市のあざまサンサンビーチです。
ここには「of the heart」という縁結びのご利益があるといわれるハートの形をした「太陽(てぃーだ)の鐘」というものがあります。
この鐘を鳴らすと縁結びのご利益があるといわれているそうです。

「縁結び」という事で、仕事やゴルフなどで「良縁」があるようにと願いを込めました。

DSC_1680

南城市は市の形がハートの形をしていることから「ハートの町」として知られてます。
上の写真、砂浜にはこのビーチの管理人さんが朝イチで作ったであろうハートがありました。
日付も入っていたので毎日整えてくれているのかもしれませんね。
人工ビーチなのですが、白い砂浜と真っ青な海は南の楽園を感じさせてくれます。

南城市ハート

ハートの町というのは南城市がハートの形をしている事から言われているようです。
このビーチの場所は上の地図で言うとハートの右上辺りに位置します。
有名なパワースポットの「斎場御嶽」の近くですし、神の島と言われる久高島を見ることができます。

駐車場へ車を停めて(時季外れだったからか駐車無料)
ビーチと駐車場を繋ぐ建物を抜けて歩いて行くとビーチの先端へ出られます。

ビーチの先端へ行くと目的の「of the haert」があります。

インスタなどではこのハートと鐘と海と空がインスタ映えなどでアップされています。
鐘を鳴らしたり、写真を撮ったりというスポットで、ワタシも #インスタ映え を狙って写真を撮りたかったのですが。。。待てど暮らせどギャル2人があれやこれやとアングルやポーズを変えて撮り続けていて、仕舞には上に上り始めて終わる気配がないので。。。

DSC_1686

撮ったのはこれだけ。。。(笑)

これじゃわからないので。。。


サンサンビーチ

こんなハートと鐘があるんです。
ばんない堂さんという沖縄のフリー素材サイトさんからお借りしました。

そうこうしているうちにもレンタカー返却予定時間は迫ってきています。

ただ、まだ行きたいところはあります。
「猫島」と言われるところやその他のインスタ映えスポットなど。。。
弾丸は本当に時間が足りません^^:

でも、できる限り最後まで諦めずに弾丸するのです。

次はちょっと楽しみにしていた「猫島」へ向かいます。

沖縄弾丸旅行記⑩

「波上宮」を出発し次に向かうのは。。。
「沖縄と言えば」
と聞けば必ず答えに出てくる「首里城」です。

DSC_1588

何度も沖縄に訪れている人なら
「何度も見ているから今さら。。。」
と思う人もいるかもしれませんが、行くたびに何か発見があったりするものです。

実は首里城の観光というよりも首里城で最も重要とされている場所へ訪れるのが一番の目的なのです。

観光に行くと案外見落としがちなのですが、首里城には十か所ほどの「御嶽」がありその中でも一番重要とされている聖地が正殿へ入る「下之御庭(しちゃぬうなー)」にあるのです。

P1050164

「首里森御嶽(すいむいうたき)」という場所で、神が最初に降り立ったと考えられている場所で個々を中心に首里城が形成されたと言われています。
ここでパワーをもらうことができます。

ただあまりパワーのある聖地だという事が知られていないこともあり、広場にある壁と木という感じにしか見られていないかもしれません。
現にワタシがここにきて手を合わせるのを不思議そうに見ている人もいました^^:

首里城周辺には多くの駐車場やコインパーキングがありますが、時間帯が早い場合や観光客の少ない時は首里城から一番近い県営駐車場が便利です。
駐車場に入ると係の人が誘導してくれますし、カギを刺したままにして駐車は係の人に任せるというシステムなので駐車までは意外とスムーズです。ちなみに駐車料金は1回320円だったと思います。

帰りはもらったチケットを係に渡すと車が出発できるようにしてくれます。

今回はまだ早めの時間だったのでココに駐車して首里城へ向かうことにします。
団体や家族などの観光客がのんびり楽しんでいるのを横目にスタスタと歩きまずは守礼門。
守礼門で一礼をして上り坂と石段を登っていきます。

DSC_1586

園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)で安全祈願をし、歓会門(かんかいもん)を通ります。ここには魔除けのシーサーが鎮座しています。
歓会門を抜けると「龍樋(りゅうひ)」があります。これは案外見落としがちなのですが首里城には重要な場所でもあるのです。龍の口から湧き水が出ていてこれは王宮の飲料水として使われていたそうです。不思議なことにこの龍樋がある場所から上は首里城しかありません。「ん?」と思いません?湧き水が絶え間なく出ているのにこの上は山でも池でも湖でもなく城のみ。。。ん~不思議。

DSC_1589

龍樋の目の前には瑞泉門(ずいせんもん)があります。下から見上げるような感じになるので天気のいい日には迫力がある写真が撮れます。

ここをさらに上がると首里森御嶽(すいむいうたき)のある下之御庭(しちゃぬうなー)に着きます。
この広場に首里城へ入るチケット売り場があります。

首里森御嶽へのご挨拶を済ませたら首里城へ入ります。

DSC_1591

いつ来ても「圧巻」「圧倒」されます。
ここで琉球王国の政治が行われ、国の中心だったと思うとその歴史の重圧を感じます。

正殿の中を見て展示物がある北殿を抜けるとお土産屋さんがあります。
首里城でしか買えないオリジナルグッズもあったりして買い物を楽しみました。

あまりに慌ててまわったのでちょっと一休み。
もちろん、沖縄と言えば「ブルーシールアイス」です。

DSC_1593

首里城ではなんだかんだと60分ほど楽しみ、次へ向かうことにします。
通常の観光だともう少しゆっくりしたりするようですが。。。笑

次はいよいよ今回の旅行の2つ目の目的であった場所へと移動します。



沖縄弾丸旅行記⑨

ちょっと久しぶりの更新となりました「沖縄弾丸旅行記」です。
もう、話をお忘れの人も多いかと思いますが「そんなの関係ない」と続けていきます^^

いよいよ最終日を迎えました。
弾丸の3日間は早いものです。。。

那覇発の飛行機は19時頃ですから17時過ぎにレンタカーを返却して那覇空港へ行き、ゆっくりしながら自分のお土産を物色することに決めています。

そうなると必然的に、早めに起床してホテルの朝食を軽く食べて出発!

となるわけです。

最終日は「パワースポット」をいくつか巡りつつ流行りの「インスタ映え」スポットもチェックするという事にしました。

ただ、今回の旅行を計画した当初から「ガンガラーの谷」には必ず行こうと決めてました。

なので最終日は「ガンガラーの谷」へ行くことを中心として行程を考えました。
※考えたと言っても行き当たりばったりには変わりないのですが(笑)

今回の旅の裏テーマでもある「パワースポット巡り」(いつ裏テーマが決まったのかというのは気にしないでください)

弾丸旅行最終日は裏テーマである「パワースポット」からのスタートとしました。
場所は那覇の宿泊ホテルからも近く車なら数分の所です。

最終日の最初の目的地はココ!!!!

P1050157


これだけじゃわかりませんよね^^:

「パワースポット」としても「御朱印」を頂けるという事でもずっと気になっていた場所だったんですが、3年ほど前に「ブラタモリ」という番組で「波上宮とその周辺」が特集され放送されていたこともあって行ってみたいと思っていたんです。
※番組の詳細はリンクからぶっ飛んでいってください!

ここは、今では観光客でも賑わう那覇(国際通り)の原点とも言える場所なのだそうです。

上の写真は「波上宮」という神社本殿です。
海に突き出た形で存在する岩の上に波上宮は建っていて本殿の裏側には御嶽もあるそうです。

琉球八社の中でも最上位に位置していて地元の人の身近な神社として慕われています。
三が日には数十万人が参拝し船のお祓いなどをする人も多いそうです。

写真を見るとわかりますが、境内にはヤシの木があったり、シーサーや赤瓦もあり沖縄の神社らしい部分もあり南の国らしいさわやかな空気が漂います。

お守りや御朱印帳なども沖縄らしいデザインで人気があるそうです。

P1050158

P1050160

もちろん手水舎も沖縄らしいデザインです。

今回は朝イチ(9時前)に訪れたので鳥居からスグの駐車場に車を停めることができましたし(無料駐車場)地元の参拝の人が数名しかいなくて落ち着いた雰囲気で静かに参拝することができました。

P1050161

本殿の裏手に当たる場所には「御嶽」がある岩があります。
※写真の岩の上部。御嶽には一般者は入れません。

本殿の脇を進むと波上ビーチというビーチになっています。
まだ海開きしていない時期だったのですが朝から泳いでいる人もいてちょっとびっくりしました。

普通のキレイなビーチの横には神聖な岩があるというのは不思議な感覚です。

ブラタモリでの事前勉強(?)の甲斐もあり、この場所がいかに重要な場所なのかという事を知っていながら現地を見れるのは良い体験です。

今まで行ったどの神社よりも爽やかで清々しく心洗われた感覚になり、それでいて重厚感と趣のある場所で癒されました。

参拝を済ませ遠目から御嶽へも手を合わせ御朱印も頂きましたので観光客が多くなる前に次の場所へ移動することにします。

P1050159

次は「ど定番」スポットとも言える場所でありながら超パワースポットの「あの場所」へGO!です。

そう。
誰もが知っているあの場所です。。。。






井の頭公園へ

お散歩してきました。


20180429123122_p


20180429141353_p

花子さんはもういません。

子供が送る視線が切ない。。。

20180429141125_p


向かい側にははな子カフェ。
暖かい日でソフトクリームに並んでました。


20180429143752_p

ペンギンも暑そう。

お弁当持って日向ぼっこして散歩して。。。

待ったりしたGWを過ごしました。


記事検索

にほんブログ村

ランキングに参加しています。「ポチ」っとな。にご協力していただけたら嬉しいです。

livedoor 天気
楽天市場
  • ライブドアブログ