少し前の話になりますが、こんなご意見を頂きました。

「あんたさ、二足のワラジストって言ってるケド、どこが二足なんですか?」
ってものです。

同じような質問が何件かありました。それはどれも良い意味とも悪い意味とも言える内容でした。
いや、僕には「悪い意味(嫌がらせ)」に感じました。

「二足のワラジスト」というのは、言うのも謳うのも自由ですしそれに伴った制限や決まりがあるわけではないので、条例違反でも交通違反でも独禁法違反でもないですし、何も問題ないハズ。
とはいえ、「二足のワラジスト」と言うのは僕だけかもしれませんがね^^:

はっきり言ってくる人は、
「塗装とゴルフって言ってるけど、どっちもいい加減なんjじゃない?特にゴルフの専門家って胡散臭いよね」
なんて言う人がいます。世の中的には「自分の目の前になく曖昧な物」は否定するのが現実なのかもしれませんよね。もちろん、周辺の人たちや僕の人となりを理解してくれている人にはそんな事言われたことは一度もありません。

ただ、ご意見ご感想をして頂いた方はそういうニュアンスを含んでの意見だったようです。

ま、そういうこと言う人には「そうですね」とスルッとスルーしちゃえばいいんでしょう。
今まではそうしてきたのですが、そんなに気が長くもないマモです。
あまりにも言われるとカチンときちゃうものですね。

ブログやTwitterやFacebook等で様々な発言をすると「お前は何者なの?」と言う意見が大なり小なり発生するものです。もちろん好意的な意見がほとんどなのですが。。。(好意的な意見が少なかったらガラスのハートな私はブログなんて続きません(笑))

ただ、誤解されるのは不本意でもありますし、同じようにやろうとしている人にも申し訳ないので、こうしてたまにはきちっと反論というか説明をしようと思った次第です。

私は以前(10年ほど前ですから昔昔です)オーストラリアと日本のクオリファイスクールなどへ出場していました。ミニツアーなどにも出場していました。もちろんレッスンもしていました。なので現在もカテゴリー的には「ツアープロ」扱いとなります。(試合にはほぼ出てないじゃないか!というツッコミはナシにしてくださいね。自身でも「?」な状況でしたから)
近年はチャレンジの予選会や千葉オープンのクオリファイなどへプロとして参加させていただきました。
(主催側へ自分の状況を説明した上での判断を頂きました)
ですが、日本プロゴルフ協会の認定プロもインストラクターも資格取得していませんので「プロ資格」を持つわけではないのです。
ということを踏まえるとやはり「ツアープロ」のカテゴリーとなります。(ツアープロというカテゴリー自体が曖昧で、一時期は宣言プロなんて呼ばれることもありました。)
ツアープロなのですがトーナメントに出場する出場資格は得られてなく、ミニツアーやオープン試合へ出場するしかないという曖昧な状況です。世の中的にはこの状況でワラジを履いていなければフリーターか自由業ですね。
とはいえ、プロといわれツアーへ出場している選手の中には認定プロを取得していない選手もいますので、その選手が試合に出れなくなった瞬間にプロとは呼ばない。ということもないのでプロのライン引きは曖昧であることは間違いないのです。

このプロとの線引き、ある程度のラインはモラルというか通例のような暗黙の了解の元に成り立っている状況なのかもしれません。個人的には自分でプロです。というより自然と周りから呼ばれることになるものだと感じています。

私の場合、10年ほど前に、怪我を始めとした様々な諸事情により、一度ゴルフから5年間前後離れた(この期間ゴルフクラブには一切触らなかった)事もあり、更に自身の置かれた状況は複雑になり「いったい何者?感」が強くなりました(苦笑)もちろん数年間プロ活動をやめていて再開したこともあり(細かな説明はここでは抜きにします)、少々面倒な手続きを踏みアマへ戻る事もできる状況でした。

実は、アマチュアへ戻りアマチュアの試合へ出場する。なんてことも考えていたのですが、様々な事情と状況を考えてアマへ戻る事は選択肢から外しました。
それに、この時点で「2ndクオリファイスクール出場資格」もまだ残る状態でしたので。。。(せこいのですが勿体無いという思いが出ました(笑))

私の考えの中の一つに、「今やれることをやる」という考えがあります。ここから考え、「今何ができるか?」と模索すると現在、できる範囲で「きっちり」する方法を判断した結果「レッスンプロ」という立場になることを考えましました。幸いなことに、その方向で進むことができる選択肢がありました。
そこへ進めば「ペンキ屋」と「プロゴルファー」を両立できる。と考えました。とは言っても、個人的には両立(二足のワラジスト)できているとは思ってはいるのですが。。。誰がみてもきっちり「二足のワラジスト」に感じてもらえるようにすることを考えました。

現在、レッスンする事(レッスンプロ)を認められる(?)形というのが数種類の資格として存在しています。日本プロゴルフ協会、日本ゴルフ練習場連盟、など。。。認められるというのはちょっと違うのかな。
この曖昧な現状がゴルフ業界の負の部分の一つなのかもしれませんよね。一般的に考えて本来は「プロになる」という選択なのですが、制度を考えると「アマの資格がなくなる」ということになるんです。
ただ、プロとしての資格としては上記のような組織で認定される必要がある。ということです。
世間的にはこの部分をもって白黒ついたということに感じるものなのかもしれません。

と、前置きが長くなりましたが。。。

huji


「お前って何者よ?」「本当にプロなの?」「中途半端者が」などと言われることは癪で不本意なので、「プロ」と認めてもらう資格を取得した。ということです。

昨年(2015年)に、JGRAプロフェッショナルになることになりました。
これで、白黒つきましたので誰にも文句を言われず「二足のワラジスト」と肩書を掲げられます。
といっても、今までと何も変わらないのですが(笑)

ただ、「イラっ」とする案件が一つ減ったことは、精神衛生上よかったな。と^^

良くも悪くもご指摘頂いたことも一つのきっかけとなりスッキリしましたので結果オーライですね。