二足のワラジストPainter&Golfer まもプ

2足のワラジスト(ペンキ屋&プロゴルファー)のまもがペンキ屋とゴルファーの地位向上を夢見て言いたいこと言っちゃうブログ

2007年からペンキ職人へ転身し現在はゴルフとペンキの二足のワラジスト。ゴルフではクラブMOIマッチングの「BoseIlonFactory」所属。ペンキではホンダ塗装所属。2015年からJGRAプロフェッショナル。ゴルフのイベント開催やゴルフと塗装(建物)に関する相談なども受けてます。
塗装の事なら http://paint-honda.jimdo.com
二本でゴルフしちゃうイベント http://nihonopengolf.jimdo.com
ブログでは塗装のあれこれも http://paint-honda.blog.jp

クラブMOIマッチング

はやぶさHAYABUSAハヤブサ

見る人が見れば判っちゃうなって話。

[画像:5d1f4f7d-s.jpg]

ワタシの貧弱なボキャブラリーでは形容詞が見つからないほどすんげーウェッジの「HAYABUSA」を手にし、ラウンドへ行ってきました。

この日は「HAYABUSAを少しでも打ちたいから各ホールグリーンを狙うショットはフロントエッジ狙いで行こう」と決めてラウンドしました。

深いラフは、プロトタイプを使い弟子屈と根室の洋芝でテストをしてきたのでこのウエッジの凄さを理解していましたが、関東の芝では初となりました。

野芝がメインのラフからとなりますが、クラブヘッドから伝わる抵抗感が想像以上に少なくて、たとえエッジから近いアプローチでも安心して振り抜くことができるので楽にアプローチできます。

なにより、今回一番驚いたのがバンカーでした。
プレーしたコースは比較的粒子の粗い白砂で少しでも厚目にインパクトすると見事な「ざっくり」が出る砂でした。

ロングのツーオン狙いを含めてグリーン横から5度のバンカーを打つことになったのですが、想像を絶する凄い抜け感で振り抜けます。

なにも考えないでボールの後ろにヘッドを入れてあげるとオートマチックにヘッドが抜けるような感覚でした。
まるでクラブヘッドが抜ける方向に勝手に抜けていってくれる様でした。

ノーメッキ仕上げなので使った後である現在の状態を見てもらえばHAYABUSAの性能の凄さ(削りの凄さ)がわかるかもしれません。

少なくてもワタシはこれを見て
「いや~なるほどぉ~(・o・)」
と唸ってしばしクラブを見続けてしまいました(笑)

[画像:f7eb6c46-s.jpg]

[画像:81f80dd7-s.jpg]

[画像:b84d7d54-s.jpg]

あら~。
写真じゃ判りにくいかぁ~。。。

黒染めが薄くなってる所に注視です。

これなら判るかな?

※右が今まで、左がHAYABUSA
[画像:10e08490-s.jpg]

[画像:ec49b120-s.jpg]

やっぱり判りずらいかぁ~
残念(/。\)

削ってあるところの見事さ。。。
(だけじゃないですが)

マジリスペクトっす!



世界最強のロングアイアン「L.D.I.Project-X」



BoseIronFactoryオリジナルアイアン
世界最強のアイアンはご存知でしょうか?

私のクラブセッティングには、
このアイアンが入っています。
いわゆる、「0番アイアン」飛距離に特化した究極のロングアイアンです。
番手を超越したクラブで、アイアンでは世界一飛ぶと思います。

もちろんクラブMOIマッチングにて組み上げられていますので振りやすさは言わずもがな。です。
ヘッドスピードで言うと47m/sほどの私でもティーアップしてあれば問題なく打つことができます。
ロフトは8度、43インチというセッティングで3Wと同等かそれ以上の飛距離性能です。
もちろん、ライナーで球は飛んでいきます。
スピンが少なくなりますので、縦横の回転が減ることで曲がりも少なくなります。
難しくない。とは言いませんが難しすぎるということはありません。

チャレンジしてみるのも楽しみの一つだと思います。

あ、私は実践投入していますヨ。

クラブMOIマッチングはウエッジもしてるよ

ゴルフフェア終わっちゃいましたね。
来年はパシフィコ横浜に会場が変わるらしいです。
どんなゴルフフェアになるのか、気が早いですが楽しみです。
2016年のゴルフフェアは1日しか会場に足を運べませんでしたが、クラブMOIマッチングのTOP2人と話を聞きながら各ブースを見てまわる機会に恵まれました。
DSC_4165
細かい部分はココでは割愛しますが、
○○のシャフトだったら。。。
××のアイアンセットならば。。。
など、各メーカーの特製を加味したクラブMOIマッチングの話を聞けました。
とはいえ、ハイレベルな話で理解度は50%な気がしますが(笑)
2016-0219-142217819
クラブMOIの測定器(計測器?)がリニューアルされたとのことで、精度やその他が更に良くなりクラブMOIマッチングを行うクラフトマンにとっては良いことだとのことで、更に「クラブMOIマッチングを行いたい」と思う人が増えても対応できる体制が整ってきたということなのかもしれませんよね。

私はパター以外のクラブを全てBoceIronFactoryにてクラブMOIマッチングしていただいており、私のひよっこな感覚を十分理解していただき踏まえて我儘な調整を繰り返していただいております。
その中でも、
「ウッド系クラブとアイアンとの繋がり」
「ウエッジのクラブMOIマッチング」
という点はすでにマッチングがしっかり完了してあるのにも関わらず私の我儘を聞いていただき更に調整を繰り返していただいております。
昨年は、ウエッジ(SWとAW)を調整していただきました。

捕まりすぎる傾向にあったSW。
右へ逃げ気味で飛距離が出にくかったAWの調整をして頂きました。
集中して練習する時間や環境が無かったので、ラウンドでの使用感だけで言うしかなかったんですが「完璧」な状態になっていました。なんの不安もなくショットできていました。
年が変わり、今月に入ってシーズン前の芝の薄いこの時期に集中して練習する時間を作ることができたので、さらにチェックすることができ、より「完璧」な状態だと感じました。

昨日のブログ記事でもUPしましたが、
薄い芝からスムーズに球を拾うことができてますし、フェースへ乗っかる感覚があります。
例年この時期の芝からだと、「拾う」というより「つぶす」という感じにならざるを得なかったのですがクラブの調整により、アプローチの小さなスイングでも振り心地に統一感が生まれショット毎に同じ軌道、同じ進入角で打ちやすくなった感触があります。ウエッジとアイアンにもMOI値の違いを出してあった今回の調整前はフルショットでの振り心地は統一感があったのですが小さなスイングになった時にクラブヘッドが暴れる感覚があり思ったフェースの位置でインパクトできていないこともありました。今回はアイアンとウエッジのMOI値をほぼ同じに調整しました。
球の当たる場所が落ち着いたこと。更に、ショットした時の球のぶれ、特に高さのぶれが少なくなり安心感がでました。
※アプローチでの高さのぶれも少なくなりました。
ボールの高さから距離感などを出すことも必要なので安定感が増したんだと考えてます。

これらの変化は、連続してショットを繰り返したり、アプローチを繰り返したりしないとなかなか気が付かない部分だったと思うので昨日のKOSHIGAYAでの練習と先週のマクレガーでの練習は得るものが大きかったですね。

とにもかくにも、クラブMOIマッチングの賜物なことは間違いないです。
「言い過ぎ」「褒めすぎ」って言われることもあります。
でも、冷静に考えて「ほぼ練習ができない」私が「ゴルフが良くなる」ってのは、練習じゃないとしたらクラブってことしか考えられないですからね。
クラブを替えてないということは、「クラブMOIマッチング」としか言えないのです。

今回のゴルフフェアを見ていて話を聞いたり気が付いたことは、「クラブMOIマッチング」とは言わないが「クラブの慣性モーメント」「振り心地」をチューンナップする必要がある。ということになってきているようです。
全社とは言いませんが、一部のメーカーでは「振り心地」を意識した新製品なども発売されていて注目度はUPしています。「振り心地」ということは「クラブ慣性モーメント」を理解し考える必要があるということなんだと感じます。

ジャパンゴルフフェア続報だけどまだ開催中よ

ジャパンゴルフフェア2016は開催中です!
まだ間に合いますよ。ゴルファーのあなたも。ゴルファーじゃないあなたも。なんだか楽しめるイベントだと思ってビックサイトへGO!してみてください。
ゴルファーの方は「なるほど!」と感じ、ゴルファーじゃない方は「へ~案外面白いね」って感じます。
DSC_4153
僕は、初日の昨日のみの来場となりましたので、一日使ってじっくりとぐるぐる見て回ってきました。
あまりにたくさんで全部は見きれていませんし、見逃しているものもたくさんあります。
ご挨拶やお話に盛り上がっていたということもありますが。。。(笑)
先日のブログ記事「ジャパンゴルフフェアは明日から」でも書きましたが注目は沢山ありました。
幾つか個人的に注目した事を書いていきたいと思います。

まずは、
「ジオテック」
DSC_4165
DSC_4166
入ってすぐのブースで目を引きますしすぐ近くに試打ブース。
ご存知の方も多いとは思いますが、ジオテックさんは地クラブだけでなく、クラブクラフトやメンテナンスなどの機器も販売している「クラフトマン」御用達の会社です。
私もお世話になっている「クラブMOIマッチング」の計測器なども取り扱っていて、今回はリニューアルされた計測器の展示も行われていました。
2016-0219-142217819
とはいえそれを私が見てもなんだかわからないのが正直な話なのですが(笑)試打ブースではジオテックのクラブ試打はもちろんですが「クラブMOIマッチング」の体感もできるブースとなっていて、朝訪れた時には試打の予約で埋まっているような人気でした。
クラブMOIマッチング体感していない人には良し悪しが判断できませんし、数字とか数値とかではわからないものなのでまずは「体験」ということになると思います。

そして、
「セブンドリーマーズ」
image
宇宙工学からくるシャフトの開発を行っている会社。
「超高額なシャフトを打っている所」というとスグにわかる人も多いかもしれません。
昨日のブログで「ジャパンゴルフフェア速報」として記事にしましたが、
ゴルフ界の重鎮「ジャンボ尾崎」プロが契約した会社です。
元は医療器具などの会社で最近では「全自動洗濯物折りたたみ機(Landroid)」を発表したりしています。
シャフトのオートクチュール。一人一人に合わせたカーボンシャフトの製作販売。
これに関しても「体験」してみないと何とも言えません。1WからPTまで一貫したカーボンシャフトを作ってくれるとのことですが(数十万円~)「果たしてPTまでカーボンシャフトが必要なのか?」の疑問は拭えませんでしたが、モノがいいモノなのは間違いないと思いますね。

大手で一番注目していた
「キャロウェイ」
DSC_4158
ボーイング社と開発した新しい1W「XR16」が注目でした。
DSC_4172
DSC_4173
DSC_4174

しかし。。。
「マークダウンするサイクル早くない?」と感じちゃいます。
ボールも新たに2つ発表されました。個人的に気に入ってた「クロムソフト」はすでにマークダウンして今回の「クロムソフト」は違うものになってしまいました。先日発売直後には試し打ちもしましたが「違いを感じられず」受け入れるしかないって感じに。。。でも、旧ボールにオウンネームしたので残りをどうしたものか?とあたふたするだけです(笑)
クラブは空力を考えられた形状をしていてそのおかげで抵抗が減るというものです。
形に違和感がない人はいいかもしれません。
飛距離が本当に伸びるかは、あなた次第!ですが。。。

アイアンといえば、
「共栄」「藤本技工」
DSC_4182

DSC_4181

DSC_4180
市川町ゴルフ振興会ということで共同のブースがでていました。
試打などができないのが残念ですが、軟鉄鍛造一体成型のこだわりのアイアンが展示されていました。
これはゴルフを知れば知るほど欲しくなるクラブです。
こだわりの素材と製法で生まれるクラブの打感は一度打ったらやめられない打感を感じることができます。
一つ一つのクラブがほぼ手作業で丁寧に作られるので細部にわたり丹精込めて作られていて、クラブを見た瞬間に引き込まれる感覚です。大手メーカーにない良さを感じることができます。

他にも色々と注目して見てまわりましたが。。。
DSC_4178
DSC_4177
DSC_4176
DSC_4155
DSC_4157

などなど。。。
それなりに楽しめましたし、いろんな人と会えました。
そういった意味では毎年必要なイベントなのかもしれませんね^^:





さて、ココからは自己満足というか勝手な意見です。
「ご意見番」的な書き方ですが、ゴルフファンとしての一つの目線として書き残します。

今年の私は、出展側ではなかったので、会場入り口に10時少し回った頃到着しました。
まだオープンして間もない(開場は10時)のですが入り口にはかなりの列ができていて少し驚きました
DSC_4154
ここで感じたのは、「年配のご夫婦と女性が多い気がするな」って事。
昨年は出展者側として3日間いましたが、昨年と比べても多い感じがしました。
ゴルフの特徴的な部分である「世代や性別を超えて皆で楽しめるスポーツ」ということが浸透してきているということなのかもしれない。な。と思いつつ列に並び受付を済ませます。
一般に受付を済ませ横に目をやると。。。
「ゴルフ練習場関係受付」という看板を発見。
「もしや?」と思い声を掛けると、「JGRAインストラクター」もここで受付。とのこと。。。
あらら。受付かぶっちゃった(笑)
DSC_4175
ま、それは致し方ないこととして、入り口に向かいます。
会場に入ってすぐに感じるのは、「外国人」の存在。
昨年も感じましたが、「中国」「台湾」「韓国」などの外国人が多いことです。
アジアでも最大規模のゴルフフェアですから当然といえば当然なのですが、海外から来ても見たいと感じるものがあるということの現れの一つなのかもしれませんよね。※当たり前ですが、韓国や中国で開催されたとして見に行くのか?と考えたら「行かないな」と。。。

2016年は「テーラーメイド」「アディタス」「ナイキ」「タイトリスト」「フットジョイ」「ホンマ」「プロギア」「マクレガー」など業界を引っ張るゴルフ関連企業の大手と思える各社が出展していないのは残念なのですが、ここ数年の傾向というか流れでもあるんですよね。
その代わり小さめなブースで出展している会社と試打ブースを併設している会社が多くなったと感じました。
地クラブや関連グッズなどの会社も多くなったようですね。※個人的にはもっと地クラブや工房などが一堂に会するようになってもいいと思います。もちろん出展料などの経費の部分の問題があると思いますが。
新製品の発表が2月のこの時期に当たることも少なくなったこともあるのか「新製品を注目!」と大々的に華やかにブースを盛り上げているところは少なくなり一般のゴルファーには目新しいことが少なくなっているのかもしれません。※一般のゴルファーは「何に注目したらいいのか」わかりにくい感じです。
昨年も感じましたがだんだんと「体感型」のイベントとなってきているように感じます。
私が一般アマチュアで「どんなフェアなら見たいか?」と考えたら、やはり「体感・体験」ができることは大きなポイントとなってきます。今まではメーカーが「どうだ!こんなの作ったぜ!すごいだろ!」ってミニスカートのお姉さんを前に立たせて発表するだけでしたからね。
このような形だったのは一般向けじゃなくて販売店向けに近いイベントだったということだったんだと思います。
ゴルフは道具にしても消耗品にしてもグッズにしてもレッスンにしても「体感する」ってことが重要視されている時代だと思いますし、これはゴルフに限ったことじゃないと思います。
今は「家族で楽しめる」「三世代でゴルフする」ってことを念頭にイベントを展開する必要があるのだと思いますし、成功しているイベント(人が集まるイベント)はそういったことを回を増すごとに追及して改善しているんだと感じます。「二足のワラジスト」としてのもう一面である仕事上でも「フェア」というものは沢山行われていますが、「実感できる」「体感できる」「体験できる」「家族で楽しめる」が徹底されています。又その為の努力やコラボレーションなども積極的に行われています。
この「ジャパンゴルフフェア」ですが、先日のブログ記事でも書きましたが、はっきり言って「わかりずらい」と感じます。事前にオフィシャルHPを見ても、フェイスブックを見ても詳しいことはよくわからないのが一般の人の本音だと感じます。
なんだか「フェアやってるから来れば?」
って問いかけてるように感じます。
あえて正直に書いちゃいましたが。。。
来年は「パシフィコ横浜」に会場が移りますし、日程も変更になります。
横浜と聞いたら足が遠のく方も多くなるかもしれません。
51回目のゴルフフェアは未知数です。
希望としては、「より沢山のモノをより沢山の人が体感・体験できる」イベントになってほしい。
その為にはまずは「出展しやすさ」とか「出展したくなる」仕掛けをしてほしいです。
そして、今までのゴルフフェアとはまた違った展開を見せてくれるとうれしいです。

このブログ記事を書いている現在(14時現在)も開催の真っただ中。
心配は「嵐になる」という予報。もちろん来場者数にも響いてくるとは思います。
なんとか盛り上がってほしいと切に願います。
明日の最終日は17時まで開催されています。ぎりぎりまで盛り上がっていますし、後半の方が案外色々とゆっくり見れるかもしれません。まだ行ってない方はぜひ見に行ってみてください。

長々とありがとうございました。

記事検索

にほんブログ村

ランキングに参加しています。「ポチ」っとな。にご協力していただけたら嬉しいです。

livedoor 天気
楽天市場
  • ライブドアブログ